お疲れさま

日本

俺たちは弱い。

2014・ブラジルワールドカップ・グループC・最終戦、コロンビアVS日本@アレーナ・パンタナール・スタジアム。

前への意欲とともに攻撃的にいったが、如何せんスキルが足りなかった。

目に余るミスパスの多さ。

目を覆いたくなる稚拙なディフェンスは世界レベルで戦うに至っていなかった。

いいだろう、失点覚悟だ。

前半17分に今野くんの不用意なペナルティで早々に失点したが、前を向いてガムシャラに攻めていった。無謀なほどに。カガワくんの惜しいシーンもあったが、如何せんシュートに力がない。コーナーキックを数本獲得したが、ショートコーナーからのアイデアは皆無だった。

焦るばかりで空回り。

カウンターから2点目を決められなかったのは幸運だった。そして、その幸運を活かす前半アディショナルタイムでの岡崎くんのヘッド。息を吹き返すハズだった。ギリシャが1-0でリードもしてくれていたのに。

しかし、後半のホイッスルが吹かれてから圧倒的にズルズル押し込まれる。

失点は時間の問題だった。

何故なんだろう?。繰り返す過ちとデジャヴ。

55分に決壊し、日本のブラジルワールドカップが終わった。それでも長谷部キャプテンは、下を向くな、攻めるんだと味方を鼓舞し続けた。

大久保くんはスキルが足りなかった。

岡崎くんは前半のゴールで結果を出したが後半は消えてしまった。

本田くんは全くスピードがなく相手のマンマークに手を焼きアタッキングサードでプレイ出来ず、カガワくんは・・・。シュートを数本打てただけマシだったか。

この日先発した青山くんは何本パスを成功させただろうか。長谷部くんは守備に忙殺され、内田くんはほとんど攻め上がることが出来ず、長友くんはカガワくんと効果的でないパス交換と無意味なクロスを上げるばかり。

そして、酷すぎた吉田くんと今野くん。世界レベルのテクニックとスピードに翻弄されアジアのレベルを世界に晒してしまった。

俺たちは本当に弱い。

史上最強と謳われ、偶に見せる美しい崩しに惑わされた。マン・ユナイテッドやミランにインテル、ブンデスやプレミアでプレイする選手が増えたのをいいことにヤレると勘違いしてしまったのだ。ほとんどレギュラーでやっていたのは岡崎くんと長友くんと内田くんくらいだったのに。点を取らないと勝てないフットボールでセンターフォワードのデキは32カ国中最低だった。

これが現在地。

結局20年何も変わっていない。繋いで攻めていくことはもう無理だろう。引いてカウンターで虎の子の得点を守りきる、勝ち点1で満足し無駄な失点を増やさない。相手を上回る攻撃を見せることが出来ないのだから・・・。

また振り出しに戻ってしまった。

フランスで受けた屈辱と得た教訓を思い出すことから始めよう。

新たなナカタくんやナカムラくん、ホンダくんやカガワくんがまた現れるのだろうが、この結果を決して忘れては駄目だ。

俺たちは決して強くないのだから・・・。

 

1失点目

不用意な1失点目。

 

2失点目

いつも通りの2失点目。

 

3失点目

諦めた3失点目。

 

4失点目

ドイツでブラジルに叩きのめされた光景がフラッシュバックした無慈悲なハメス・ロドリゲスのバセリーナでの4失点目。

 

カガワくん

エリア内付近左サイドから右へ切れ込んでの惜しいシュートシーンが1度あったが、チカラがなかった。 もう一段、上に行くためにはエリア内でのインテンシティを身に着ける必要があるだろう。ファン・ハール・ユナイテッドで果たして出番は訪れるだろうか。

厳しいと言わざるを得ない。

悔しいミッドウィークの朝。寝ずにライブ視聴したが、全く眠くならないほど落胆した朝となった。

アッズーリもグッバイ

ゴディン

ゴディン

2014・ブラジルワールドカップ・グループD・最終戦、イタリアVSウルグアイ@エスタディオ・ダス・ドゥーナス。

アトレティコのゴディンが肩で押し込みウルグアイが勝ち抜けとなりました。なんか決めるんだよなぁ~この人。

両チームとも決定機がゼロだった前半。

カテナチオよろしくイタリアペースだったと思いますが、マルキージオの1発レッドが痛かったです。

 

マルキージオ

イエローが妥当だったと思いますが・・・。

1人少なくなってしまい、81分のコーナーキックから失点。攻撃的アッズーリの本領もカテナチオをも発揮することなく、2大会連続でグループリーグ敗退となってしまいました。

 

バロテッリ

バロテッリも前半にイエローを貰い後半から交代でブラジルを後に。

2枚目をケアした交代だったと思いますが、マルキージオが代りに1発レッド。皮肉なのもですね。

イングランド(コスタリカとの最終戦はスコアレスドロー)と共にゴーホームとなったアッズーリ。暑さにやられたブラジルワールドカップ。4年後は復活するでしょうか。

そして、あと15分でまたまた運命のキックオフ。寝ずのコロンビア戦に突入です!!。

バルサのワールドカップ

ネイマール&ソング

ネイマール

ネイマール

ネイマール&ソング。

グループステージ最終戦のカメールン戦で2ゴールを上げたネイマール。ノックアウト・ラウンドではチリと当たることに。面白い一戦になるのでは?。

一方のソングは、マンジュキッチに肘を喰らわせ(かなり悪質でした)3試合のサスペンデッド。やれやれでした。

 

アレクシス

好調なアレクシスですが、オランダ戦では沈黙。

オランダのカウンター2発に沈みノックアウトラウンドでブラジルと当たることとなりました。

どうなるでしょうかね。

 

セスク&ピケ

チェルシーへ行くセスクと全く精彩を欠いたピケ。

 

シャビ

カタールへ行くと言われているマエストロ。

オーストラリアとの最終戦も出場しませんでした。

 

イニエスタ

イニエスタはイニエスタ。

一人奮闘。

お疲れさまでした。

 

ラキティッチ

ラキティッチ

バルサ移籍が発表されたセビージャのラキティッチのワールドカップもメキシコに1-3で敗れ終了。

シャビやセスクと違う縦に速いプレイスタイルでニューバルサを体現願いたいものです。

 

メッシ

ハッピー・バースデイ(本日6月24日に27歳となりました)メッシ。

ネイマールと雌雄を決することになるでしょうか?。

 

アルゼンチンサポ

母国に歓喜を齎すかな。

ワールドカップ後半戦も目が離せませんね。ではイタリア対ウルグアイを堪能したいと思います。