給水タイム、どう思います?

オランダ

オランダ

2014・ブラジルワールドカップ・ベスト16、オランダVSメキシコ@カステロン・スタジアム。

【給水タイム】

FIFAがこの大会から導入を決めた制度。一定の条件に達した高温多湿下での試合で、前半と後半のそれぞれ30分前後に一度ずつ、約3分間試合を止めて選手に給水させる制度。

この大会で色々採用されているものの一つがこの給水タイム。これ、どうなんでしょう?。ゴールライン・テクノロジーは歓迎です。バニシングスプレーも問題ない。しかし、このバレーボールのタイムアウトのようなシステム。灼熱の地で、運動量が落ちてしまい退屈なゲームになることを危惧した?FIFAが導入したドーピング制度?。プレイヤーの身体のことを考えての導入なのだろうけれど。

熱き多感な青春時代を昭和の理不尽で暴力的な時代に過ごした僕としては、この給水タイム、なんだかなぁ〜って思います。ロベルト・バッジョもアメリカの灼熱に打ち勝ち、そして最後にあのドラマで悲劇のヒーロとなったわけですから(違うか)。

 

ドス・サントス

ドス・サントス

ゲームは後半、バルサのカンテラ出身のジオバンニ・ドス・サントスの豪快なドリブルシュートから先制されたオランダ。なかなか同点ゴール奪えないなか、策士ファン・ハールの終盤のファン・ペルシーを下げてフンテラールを投入する一手が結実しました。

 

スナイデル

スナイデル

ブラジル戦で当たりまくり、耳目集めたオチョアもただ見送るのみ。

右コーナーキックからフリーだったフンテラールが頭で折り返し、エリア中央に走り込んできたスナイデルが豪快に叩き込みました。

件の給水タイム。ファン・ハールは、このゲームでも右サイドでキレキレだったロッベンにボールを集めるように指示を出して、そして、そのロッベンが何度もエリア内で仕掛け、そして最後にゴールライン付近まで侵入してからの切り返しでペナルティを得て勝負を決めました。

 

ロッベン

ロッベン

『ロッベンは前半もPKを得るべきシーンがあった。あれがPKにならないと・・・』と語ったファン・ハール。

最後に取って貰えてネクスト・ラウンドへのチケットを手にしました。

 

ファン・ハール

『選手たちは信じ続けた。そうでなければこの逆転は起こせない。フィジカル的にもそうだ。大きな賞讃に値する』

『メキシコはこの環境にもっと慣れていると私は予想していたが、我々の方がフィットしていたように見えた。最後は給水タイムがあって良かったよ。そこでプランBに移せ、実際それに救われた。プランBが上手く機能したエストニア戦と同じだ。今回はボールをロッベンに集めようとベンチで話していた。彼の所までは楽に届けられていたからね』

試合前から給水タイムの採用をコメントし、実際の試合でも有効に使った策士。勝つべくして勝ったのでしょうかね。

 

ロッベン

ロッベン

今大会、全てのゲームでキレキレです。

『PKの瞬間に接触を感じたから、レフェリーは正しいと思っているよ。ハーフタイム前のははっきりしていたね。相手はボールに触らなかった。だから、彼は担架で運ばれた。その前のシーンでは僕がダイブをした。それについては謝罪する。もうしてはいけないね 』

と前半のダイブを謝罪したロッベン。最後のシーンはペナルティでしたが、ダイブさえなければ本当に賞讃されていたことでしょうね。

そして、やっぱり給水タイム。ツイッター等概ね好意的なコメントが多かったと思いますが、僕はやっぱりなんだかなぁ〜と思わずにはいられないのでした。

今大会で初めて採用されたこのゲーム、皆さんはどう思いましたか?。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中