負けないアルゼンチン

ディ・マリア

ディ・マリア

ディ・マリア

終了間際に決める。

2014・ブラジルワールドカップ・ベスト16、アルゼンチンVSスイス@アレーナ・コリンチャス・スタジアム。

このゲームも最後は“個”が勝負を決めた。

スイスのソリッドな守備に全くゴールの香りがしなかったアルゼンチン。メッシに良いカタチでボールは渡らず、繰り返すノッキング。サイドに開くディ・マリアのクロスは虚しく跳ね返されるばかり。逆に前半終了間際にスイスに危ないカウンターを喰らう始末だった。スイスの足が鈍った後半にようやく攻めることが出来てきたアルゼンチンだったが結局はネットを揺らせずアディショナルタイムに突入。

もう誰も動けない。ペナルティキック合戦で勝敗を付けるかに思われた118分。一瞬の隙を付いたアルゼンチンにネクスト・ラウンドへのチケットが手渡された。

センターサークル手前でスイスからボールを奪い、その前に居たメッシにボールが渡り、スペースがあったメッシは最後の力を振り絞るかのように勢いよくドリブルを開始し、ペナルティアーク付近でディフェンダーに寄せられてきたところで右サイドを駆け上がったきたディ・マリアにパスを出し、ディ・マリアがエリア内からゴール左隅に流し込んで待望のゴールを手に入れた。

残り数分でスイスに一度ポストに当てられ肝を冷やしたが、何とか虎の子1点を守り切り、メッシのワールドカップはまだ終わらないこととなった。

アルゼンチンよりも数段良かったチリやメキシコがゴー・ホームとなって、ここまで“個”の一瞬の輝きでしかないアルゼンチンが残る。フットボールって難しい。

結局は“個”なのだろうか。そうなると日本が上へ駆け上がるのは到底不可能ことになる。次はいよいよクォーター・ファイナル。生き残ったチームはコスタリカ以外・・・“個”なんだよなぁ〜。

 

メッシ

メッシ

『もうみんな死んだようになっていたので、PK戦は避けたかった。ナイーブになっていた時間帯もある。ゴールが決まらなかったし、あらゆるミスが敗退に直結することを知っていたからね。(ゴールシーンでは)はじめは自分で決めようと思ったんだけど、その後フィデオ(ディ・マリアの愛称)が見えた。幸いにもゴールを祝うことができた。どの試合もディテールで勝敗が決まる。今日は勝利の女神が僕らに微笑んだ。この幸運を生かして勝ち進まなければならない。これはワールドカップで、簡単な試合など存在しないんだ』と語った『神』メッシ。

この日も1アシストで結果は残した。

敵将が、『スペースを与えてしまうとこうなる』と言ったように、最後にようやく相手のミスからスペースを付いて決定的な仕事をした。

そして、次はベルギーと決まった。メッシとアザール、チームを勝利に導くのは果たして?。

 

メッシ

メッシ

アルゼンチン

アグエロの替わりのラベッシがイマイチだったし、真ん中のイグアインがほとんど消えていた。ビルドアップは望外で、結局は“個”に頼るのみ。ベルギーは守備がイイし、強い。

さて、どうなるかな。

広告