ブラジル・ワールドカップ、ベストゴール3選

世界から32チームが集い、全64試合が行われたブラジル大会は、ドイツが4度目の優勝を果たし幕を閉じました。今大会は、全171得点が記録されたそうで、1998年のフランス・ワールドカップに並ぶ史上最多得点だったそうです。

いつもは年末に今年のベストゴールを記録しているのですが、やはりワールドカップ、お祭りなので、個人的ワールドカップ・ベストゴール3選を記録しておきたいと思います。

では、早速。

【第3位】

メッシ

グループF・第2戦アルゼンチンVSイランでの、メッシの終了間際の会心の一撃。このゲームはイランがバス横付けで全くスペースがなく、またイランのカウンターにアルゼンチンが肝を冷やしたゲームでした。

グループ・ステージでのメッシは輝いていたんだれど・・・。

 

【第2位】

ケイヒル

ケイヒル

グループB・第2戦オランダVSオーストラリアでの、ケイヒルのスーパーでアメイジングな1発。

オランダが3発、オーストラリアが2発と撃ち合いとなったゲームでしたが、オランダに先制された中で、同点に追い付く本当に素晴らしいゴールでした。

アジア勢は今大会1勝も出来ず惨敗でしたが、もう少しヤレるハズです。日本も含めロシア大会での巻き返しに期待しましょう。

 

【第1位】

ロドリゲス

ロドリゲス

ニュースター誕生のブラヴォーな瞬間でしたね。

ノックアウト・ラウンド、コロンビアVSウルグアイでのハメス・ロドリゲスの美しすぎるボレーです。

味方のヘッドでのパスを胸トラップから反転しての秀逸な1発。今大会で6ゴールを記録しゴールデンブーツにも輝いた22歳。マドリーが獲得するのではと噂されてますが果たして?。リーガで観れるのは大歓迎かな。

素晴らしいプレイ、度し難い愚行、熱い熱いエキサイティングな1ヶ月でした。まぁ、他にもファン・ペルシーのスペイン戦でのヘッドやファイナルでのゲッツェの決勝ゴールも素晴らしかった(4位・5位ってところかな)ですが、ケイヒルとロドリゲスのゴールは文句ないでしょう。

フットボールは、極東の疲れたオヂサンをホント熱くさせてくれます。寝不足もようやく終わりかと思うと喜ばしくもあり、寂しくもあり。

ありがとう、全ての愛すべきフットボーラー達。

また各リーグで素晴らしいプレイを披露してください。

広告