DFL Super Cup2014

ドルトムント

『舐めるなよ、俺たちは今シーズンもヤルぜ!!』

DFL SuperCup2014、バイエルン・ミュンヘンVSドルトムント@ジグナル・イドゥナ・パルク。

控え組のミュンヘンを相手に圧倒し、ムヒタリャンとオバメヤンのゴールで2連覇を成し遂げた愛すべきシュバルツ・ゲルベン。

 

ムヒタリャン

オバメヤン

プレシーズンだし、ベストメンバーじゃないチャンピオンに勝っても自慢はできないが、お家芸のゲーゲン・プレスとショートカウンターは健在。『3-4-3』から『4-4-2』へトランスフォームから、相手エリア内に多くの人数を掛けてなだれ込んだりとかなり意欲的だったと思います。

『現在の仕上がり具合を考えても、本当に素晴らしいプレーを見せてくれたね。間違いなく勝利に値する内容だったし、これで我々がスーパーカップの優勝回数でトップに立った。リヴァプール戦から、どれだけ立ち直れているのかが試されるゲームでもあった。あの試合では大いに不満が残り、内容も我々がやりたいサッカーとはかけ離れていたからね。今日は自分たちのフットボールを取り戻せていた』

『中盤をダイヤモンド型にし、ホッフィ(ホフマン)に背番号10の役割を与えた。ミュンヘンのスタイルを考えると、守備時には両ストライカーがサイドへ開き、10番が前に出てプレッシャーを掛けなければならない。選手たちはそれを非常にうまくやり遂げてくれた』

『ボールを奪われたあとの対応が素晴らしく、勇気をもって高い位置から守備ができていた。集中してプレッシャーを掛け続けたからこそ、何度もチャンスをつくることができていたね。力づくで1点目を奪ったあと、見事な組み立てからのフィニッシュで2点目を挙げた。ミュンヘンとの試合では、相手にチャンスをつくらせないことが一番の難題になる。我々は長時間にわたってそれができていたし、非常にうまく守ることができた。その点については本当に満足しているよ』

と語ったユルゲン・クロップ。

『まぁ、お互いコンディションはピークにないけどね。疲れているシーンもあった。だがスーパーカップが懸かってたんだ。妥当な勝利で、そのタイトルを獲得すること出来て本当にハッピーだね』といったところでしょう。

ゴキゲンなショートカウンターを今シーズンも披露してもらいたいものです。

 

クロップ&ラーム

クロップ&ラーム

『ブラジル、おめでとう。そして代表引退、お疲れさん

『ところで、いつもいつもウチからソッチにばかり行くのもなんだし、2〜3年後あたりでいいからウチに来ないか?。ゴールキーパー以外の全てのポジション空けとくよ』

 

クロップ&ゲッツェ

『久しぶりだな、元気かい?。今日は出るのかい?。あっ・・・そうそう、ファイナルでのボレー、俺が教えたとおりで完璧だったな(笑)』

 

グアルディオラ

『ユルゲン・クロップと彼のチームにおめでとうと言いたい。うちは最初の15分はいいフットボールをしていたが、その後はいくつか問題が出てきてしまった。後半は深く引きすぎていた(まぁシーズンまでに修正していくよ)』

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中