銀翼のイカロス

銀翼のイカロス

ザ・ダタイ・ランカウイ番外編。

毎回、空港の書店で旅の供を買って飛行機で読むのですが、今回のお供は半沢次長(あと2冊ほど購入しました)をセレクトしました。

お馴染み池井戸潤さんの半沢シリーズ最新作(第四作)です。いつものようにとても面白かったです。じっくり2〜3日かけて読もうかと考えていたのですが、ページを捲る手が止まりませんでした。

今作は、一通の遺書から幕が上がります。

半沢(まだ次長でした)に託される大手航空会社の再建。そして、それに伴う行内での引き継ぎから物語は進んで行きます。イケ好かない企業再生家の弁護士や面倒くさい新々気鋭のヒステリックオンナ国土交通大臣。そのバックに控える党の大物政治家と東京中央銀行(旧東京第一銀行系側)との闇。前任担当者の曾根崎をいつものように完膚なきまでに徹底的にやり込めて、大和田常務の後釜である紀本常務に対してもなんら怯むことなく正論を述べる半沢。そしてクライマックスの、大物政治家蓑部との対峙・・・。

全くブレない半沢は今作でももちろん健在で最高に渋いのですが、窮地に陥るシーンはなく(厳密に言えばあるのですが、何故か窮地に感じない)また“倍返し”(一度だけ文言がサラッと出てきたでしょうか)的なものもありません。

燃え滾る怒りの発露は、曾根崎というクソに対してのみで、あくまでもクールに徹底的に理路整然と敵(相手)に対峙します。

その辺りは前三作に比べて少し物足りない感じがしました。

物語後半の、半沢が新入社員時に世話になった富岡部長代理という新キャラと中野渡頭取のシーンが、流石にエンタメ過ぎるなぁとも思わないでもなかったですが、半沢が尊敬して止まない、日の当たる場所とそうでない場所を歩む一流のバンカー達と半沢とのシーンには、やはり心を揺さぶられます。

『最後に一緒に仕事できて—面白かったなあ、半沢よ』

『おもしろい、銀行員人生だったなあ。愉快に働かせてもらった』と語った富沢部長代理に対して、『オレも、いつか最後に、そういってみたいですよ』と答えた半沢。

かくしてまたひとり、勇者は消えゆき、後に伝説が残る。それを引き継ぐのがオレの使命だと半沢は誓う。半沢シリーズはもう少し続くと思わせるに充分な締め括りでした。

それとそうそう、愛之助さん・・・じゃなかった、黒崎金融庁担当検査官も登場し、半沢との対決シーンもありました。しかし何かが・・・(笑)。半沢と黒崎の因縁を知っている読者の方は、読んでもらえば分かると思います。

すべての働くひとに捧げられた、半沢シリーズ。

毎回、働くスタンスと矜持について考えざるを得ない、半沢シリーズ。

今作もやはりオススメです。

しかし、ダタイのプールサイドで読んでいたのですが、隣の人も読み出したのにはビックリしました(笑)。もうオススメするまでもなく、ベストセラーなんだなぁ〜。

広告

“悪童”マージーサイドへ

バロテッリ

正式に発表されましたね。

『我々は彼を加え、選手として向上させ、若者を成熟させる助けができると感じている。彼のフットボールの才能に関しては疑いの余地がない』

『時間が教えてくれるだろう。もちろん、リスクではある。そうじゃないとは言わない。だが、彼は我々の文化にフィットする必要があると分かっている。それが人として彼が向上する助けになることを願っているよ』

『私は彼自身に良い印象を持っているよ。彼は自分の欠点を分かっている。そして自分を助けてくれる誰かを探しているんだ。リヴァプール以上のクラブはないだろう』

『彼が加わることで興奮している。監督として、私は彼と仕事をするのが楽しみだ。素晴らしいタレントであるルイス・スアレスが去ったが、我々は未来を見なければいけない。我々がやっていることにマリオが貢献できるように願っているよ』

と語ったブレンダン・ロジャース。

マン・シティに1-3でやられた第2節。『ラスト・チャンス』と言われているスーパー・マリオが何かをやってくれるでしょうか。なかなか改心は難しいだろうけど、ヤジなど放っといてプレイだけ頑張って欲しいです。

好きなプレイヤーなので、リヴァプールからも目が離せなくなりました。