2014−2015シーズン開幕

メッシ

メッシ

2014—2015・リーガ・エスパニョーラ第1節、バルセロナVSエルチェ@カンプ・ノウ。

ルイス・エンリケを迎えての新生バルサでしたが、やはりメッシ頼みなのかなぁ。この開幕戦で2発と期待には応えたメッシ。かなり守備でも頑張ってチェイシングもしてました(笑)。

マテューとマスチェラーノのセントラルでスタートし、アウヴェスとアルバが高い位置を取って、両ウイング(2人のカンテラーノが先発しました)が中央に寄り気味で真ん中に『神』メッシ。ブスケツが最終ラインに入るようなスリーバックも見せましたが、特に新しい“何か”はありませんでしたね。

ゴールも美しく崩した訳ではなく、メッシの強引な“個”の力とムニルのラッキーだった一発(上手かったですが)。

“システム・メッシ”は変わらずと言った印象。ディフェンス陣は大過なくも相手がエルチェだし・・・。マスチェラーノが1発退場もあり、やはり不安はあるかな。

ネイマールとスアレスと組んだメッシが早く観たいですかね。

 

メッシ&ラキティッチ

新加入のラキティッチ。

コーナーキックを任されたりもしてましたが、今日の内容ではセスクと変わらない(泣)。これから違いを見せられるかな。次節は安永くんも注目のビジャ・レアル。 今シーズンを占う一戦までとはいかないだろうけど、勝ち点を取り零すようでは・・・ですね。

新生バルサ、まずは勝利の開幕戦(ドルトムントは7秒で失点し0−2で負けたし、ユナイテッドに至っては1敗1分だからマシかな)でした。

この後のマンデー・ナイト・ビッグ・マッチ(リヴァプール対シティ)を楽しむとしましょうかね。

広告

大阪桐蔭が見せた質の違い

大阪桐蔭 峯本

第96回全国高校野球選手権大会・ベスト4、敦賀気比対大阪桐蔭。

凄まじい打撃戦だった。

敦賀気比が初回に満塁ホームランを含め5点を取ると、その裏大阪桐蔭も先頭打者ホームランで反撃の狼煙を上げて、2番の峯本くんが冷静に四球を選びヒットと4番の送りバントを5番森くんが一塁線を痛烈に破って3-5。

これでゲームは分からなくなった。

2回の裏にはこのゲームのキーマンとなった峯本くんが左中間に凄過ぎる一発(ツーラン)を叩き込み5-5に。

3回に敦賀気比が1点を勝ち越すも、大阪桐蔭には余裕のようなものが窺えた。四回の裏に一挙5点を奪い試合をひっくり返して、その後はリードを許さず9-15で2年ぶりの優勝に王手を掛けた。

鋭いスイング。見逃さない甘い球。引っ張るだけでなく、右方向へも恐ろしく鋭く強い当たりを連発した。初戦の開星戦は4安打しか打てずどうかなと思っていたが、徐々に本来の力が覚醒してきた感がある。

送るところはきっちり送る大阪桐蔭。初回は4番がきっちり送っている。今大会、記録的な打棒で勝ち上がってきた敦賀気比も凄い打線だったが、荒さも目立ち、欲しいところで1本(中盤以降、追い掛ける展開で)が出なかった。試合前には(初回が終わった時点でも)敦賀気比が勝つと思っていたが、大阪桐蔭が1枚上手だった。打撃の質が2枚上手だった。

明日(もう今日だが)の決勝は、日本文理を5-0で退けた三重高校が相手。左腕の今井くんが今日見せたような丁寧なピッチングで、峯本くんをはじめとする左バッターを抑えないと一方的に終わってしまうだろう。抑えるツボはあるハズだ。

地元の大阪が勝つのは嬉しいが、やはり決勝だ。熱いナイスゲームが観たいと思う。

実録“The Datai Langkawi”で英会話

The Datai Langkawi

メインロビー(この右側にあるレセプションにて)での相方とコンシェルジュのヒトコマ。

『Excuse me。Request ok?』

『Yes madam』

『Tomorrow!! Would it be possible to extend “check-out time”?』

『×××× ×××× ××× ×××???  “extend”?』

『Yeeeeees!“Extend”!!!』

『Yeah ok』

『・・・・・・・・・・・・・』

『××× ×××× what time ×××× ×××× departure ×××× ×××』

『??? Seven O’clock』

『・・・・・・・・・・・・・』

『××× ××× ××× ××× ×××× six ×××× ×××× Ok?』

『Y Yes Ok。Thank you。No charge?』

『Yes madam。No charge』

『Thank you(so so much)』

『You are welcome』

『Good night』

『オヤスミナサイ』

『Good night(笑)』

チェックアウト時間(12時だった)を無料で延長したい(断っておくが英語はまったく出来ない)が、果たして出来るのか?がポイントだったが、見事成し遂げた相方と無茶苦茶な英語のジャパニーズに応対してくれたコンシェルジュのオヂサンに惜しみない拍手を贈りたいと思う。

ポイントはrequestとextendとno charge。

どなたかの参考になればmy pleasure。

さらば、The Datai Langkaw

The Datai Langkaw

6日間、お世話になりました。

ジャングルの中にある、素晴らしいリゾートホテルでした。スタッフのホスピタリティもパーフェクト。ホテル内にあるレストランの料理も美味しく、また是非とも訪れたいホテルです。

 

The Datai Langkaw

この賞に恥じない素晴らしいホテルでした。

いつか、また。

新しい旅のお供

RIMOWA

rimowa

今回の旅のお供。

出張や帰省にも大活躍中のリモワのサルサ・レッド。機内持ち込みが可能な35Lサイズで、軽くて丈夫です。

このサイズのスーツケース2つで旅に出ると、機内に持ち込めるので荷物の受け取りをせずに済みます(4〜5日分は余裕で詰め込めますし・・・)。何より空港での荷物の受け取りの時間短縮(荷物が出てくるのが遅い)が出来てバッゲージ・ロストの心配もありません。もう一つ買おうかなぁ~。

さて、そろそろ帰り支度も完了です、名残惜しい・・・。

プールサイドでマッタリ

the datai langkawi

カヤックdeマングローブの翌日は終日プールサイド。

手つかずのメインプールはイイものですね。

wifi(速度は速くないですが)が来てますのでネットも出来て(アプリでなんとか高校野球が見れる)、こんなところまで来てネット?って気もしますが、マッタリ出来ました。

 

the datai langkawi

相方はスパ三昧。

 

the datai langkawi

the datai langkawi

Lizard&Monkey。

2日目に部屋までやって来た猿とは違う種類のお猿さんも居ました。

 

the datai langkawi

マジックアワーにビールで乾杯。

カヤックdeジャングル

mangrove

ランカウイ・クラブのオプショナル・ツアーに行ってきました。

カヤックでマングローブを一周。

15時半過ぎからスタートし、19時くらいまでカヤックで遊んで、夕御飯を食べてから夜空一面の星を眺めて、21時半ごろにツアーが終了。

 

mangrove

マングローブでは、猿や美しいカワセミ、大トカゲ等を見ることが出来ました。途中、コウモリの洞窟(恐ろしかった)に入って行ったりもしてアドベンチャー要素満載のツアーでしたね。

ツアーガイドのオジマさん(20年前にマレーシアに来たそうです)の日本語トーク(深いんだな、コレが)も楽しめます。

 

mangrove

mangrove

カヤックでジャングルを一周(だいたい5㎞くらいだそうです)した後に、この中に飛び込んで泳ぐ、なんてこともやりました。

大自然を満喫したゼイタクなヒトトキ。

夜になって、ツアーの出発地である漁港に戻る時に見た夜光虫(水面に手を入れると美しく光る)の美しい光も忘れることはないでしょうね。

素晴らしいツアーでした。