残響のテロル#6 #7

『#6 READY OR NOT』

 

『#7 DEUCE』

6話と7話は同時に観ると良かったですね。6話はイントロダクション、7話はアクションでした。

 

残響のテロル

スピンクスになりすましてナゾナゾ(シーザー暗号)を送信するハイブ。ナインとツエルブに仕掛けてきました。

 

残響のテロル

残響のテロル

次の舞台は羽田空港国際線ターミナル。

ナイン達の標的の一つで、ハイブはソレもお見通しの上で舞台に選びました。大勢の人間がいる空港。爆弾が仕掛けられ、スピンクスの二人(とそしてリサちゃん)はもちろん挑戦を受けます。

 

残響のテロル

空港に乗り込み爆弾の手掛りを探す。

 

残響のテロル

あの日の(まだよく分かりませんが)続きを空港をチェス盤に見立ててやろうとするハイブ。

チェックメイトのところが爆弾の位置?。最初はよく分かりませんでしたが、とにかく動き出しました。

そして、#7へ。

 

残響のテロル

モニターをチェックしていたハイブの一瞬のスキを付いて、モニターに5分前の録画映像を仕込んだスピンクス。

ハイブが居るところへ乗り込んできたナイン。

突き付ける銃口。

『何故俺たちの邪魔をする?』

『分かってるでしょ、あなたと、決着を付けに来たのよ』

 

残響のテロル

リサちゃんを捕まえたハイブ側。

弱点が増えたと指摘されるまでもなく・・・、爆弾の有る場所へ連れて行かれました。

結局、爆弾はリモートコントロールされた飛行機に設置されていて、チェックメイトの場所(106番ゲート)へと誘導されていきます。そして、機内にはリサちゃんが。

 

残響のテロル

ハイブが居る管制塔は、SATがウヨウヨしていて近づけないナインたち。そこで柴崎を使い、管制塔へ向かわせて爆弾の爆発を阻止しようとする。

『爆弾が爆発したら困るのは、俺たちもアンタたちも同じハズだ』

 

残響のテロル

残響のテロル

ツエルブの指示どおり脱出を試みるリサちゃん。

なんとかね。

 

残響のテロル

一方、柴崎に管制塔に乗り込まれ、飛行機が106番ゲートに突っ込むのを阻止され苛立つハイブ。

『後悔させてあげるわ』

 

残響のテロル

残響のテロル

お面を被って、ご苦労様っと柴崎へ合図するナイン。

 

残響のテロル

『もう逃がさないわ』

と呟き、リサちゃんの学生証にキスするハイブ。

#8へ。

 

残響のテロル

ボヤ騒ぎを起こしたリサちゃんは、結局役に立ったのかなぁ〜?。5分前の映像に差し替える為のカモフラージュ用のボヤ騒ぎだったんだろうけど・・・。

最後まで、リサちゃんが二人の足枷になってハラハラするんだろうけど、どういうラストになるのかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中