Dear Shinji

カガワくん

ハロー、シンジ

君がマンチェスター・ユナイテッドに到着したとき、僕はそれを運命だと思った。君が2年後にクラブを去るとき、僕はそれを不当な仕打ちだと思った。

君がマンチェスターへ到着したときは、多くのユナイテッドファンが興奮に包まれていた。君がドルトムントでプレーする姿を見て、僕たちはクラブを変えてくれる世界レベルの選手とサインしたと確信したんだ。

君は僕たちのナンバー10となった。それまでのユナイテッドは、サイドアタックとクロス、4-4-2で有名だった。僕たちは、君がクラブに新たなスタイルを加え、モダンなチームに変えてくれると思ったんだ。君とルーニーがともにプレーする姿を考えただけで舌なめずりをしていたよ。

しかし2シーズン目、君が好ましいポジションでスタートした試合は、ほんの一握りだった。まさに不公平。左ウイングでは君は動けなかった。そして、それが君の創造力を縛りつけたんだ。

当初、2シーズン目は素晴らしいシーズンとなるはずだった。ウェイン・ルーニーがクラブを去ることになれば、ナンバー10は君のものだったはず。しかし、デイビッド・モイーズが現れたことで全てが水の泡となってしまったね。

ナンバー10の位置にティム・ケーヒルやフェライニのようなタイプを好む監督と分かっていて、君をプレーさせると考えること自体が愚かなことだった。でも、君がそのポジションでプレーした試合、モイーズ体制で最高のサッカーを演じていたことも事実だ(レバークーゼンとスウォンジー戦で)。

1月の移籍市場が開くと、クラブは「サインする」ことを必要としていた。そして、フアン・マタがやって来たんだ。当初、君は序列を更に下げてしまうと思われたけど、2人が組合わさった試合では、一時的ながら成功した試合もあったね。

君は、ユナイテッドのようなビッグクラブで成功することが単純なことではないという典型的な例だと思う。才能に疑いの余地はない。運命、運。多くの要因が重なってしまったんだ。

そして、戦術的なことも大きかった。監督は、君の素早いパス&ムーブがユナイテッドの遅い攻撃スタイルに良い影響を与えることが分からなかったんだろう。

君がベンチに追いやられる間、平凡な選手が出場機会を与えられている状況にはガッカリさせられたよ。しかし、この2年間、君はどんなに不当な仕打ちや屈辱を受けても泣き言を言わなかったね。君が常にベストを尽くしてくれたことにファンは心から感謝しているよ。

いくつかの夢は実現出来ないこともある。いくつかのゴールは決まらないこともある。いくつかの旅は目的地に到着出来ないこともある。僕たちに出来ることは、上手くいったときのことを想像したり、上手く行かなかったことを後悔するだけだ。

君は、誰からも尊敬される場所に戻ったんだ。君を最高の状態に出来る方法を知る監督の下へ。君の才能が再び輝くことに僕たちは心から喜んでいるんだ。

マンチェスター・ユナイテッドとそのファンに代わって、ボルシア・ドルトムントでの2度目の挑戦が最高のものとなることを祈っているよ。そして、僕らが君を手放したことを後悔させてくれることを望んでいるよ。

また会う日まで

マンチェスター・ユナイテッドのファン、そして香川真司のファンより(原文はコチラ

 

あるマン・ユナイテッドファンが、カガワくんの移籍に寄せた素敵な手紙。

こんな手紙書けたらなぁ。

英文をスラスラ読めたらなぁ。

カガワくんのハードルは上がりますが、やってくれるハズです。

心温まる、日曜の午後となりました。

広告

残響のテロル#8『MY FAIR LADY』

観ました#8。なんだかとても心配になる#8でしたよね。

 

残響のテロル

無事にアジトに戻った3人。

しかし、そこにハイブから届けられた爆弾。

 

残響のテロル

爆破されたアジト。

ナインとツエルブは買い出しに出掛けていて、一人アジトに居たリサちゃんでしたが、何とかダッシュで危機一髪でした。

 

残響のテロル

残響のテロル

新しいアジトで、『もう止めよう』と言うツエルブ(リサちゃんが心配で)と『???』な感じのナイン。

 

残響のテロル

物陰で2人の会話を聞くリサちゃん。

居たたまれなくなって・・・。

 

残響のテロル

なんで平仮名(笑)。

 

残響のテロル

残響のテロル

残響のテロル

予定調和のように捕まるリサちゃん。

 

残響のテロル

ハイブ・・・怖い。

 

残響のテロル

残響のテロル

ツエルブに送られてきたリサちゃんの画像。

助けに行こうとするツエルブ。『行かないでくれ』と言うナイン。

なんだコレ・・・(泣)。

 

残響のテロル

どうにもこうにも、また失速した#8。

あと数話?ですよね。

ちゃんと着地というか、どういうラストになるのでしょう?。

 

残響のテロル

『俺たちには時間がない』というナインの言葉は、ハイブにも当てはまるのかなぁ。途中描かれていた謎の頭痛(アテネ計画の副作用かしら)は、ハイブにも有るみたいです。

そういえばツエルブには無い?。

ツエルブとリサちゃんだけハッピー・エンド?。

強奪したプルトニウムは?。

ホント、着地が心配になってきました。

 

残響のテロル

柴崎さんの娘さんはリケジョ(唐突に登場)。

原子爆弾について聞くパパもどうかと思います。まぁ、リサちゃんが柴崎さんの娘さんでなくて良かったですが(笑)。

第2期があるのかなぁ?。

それとも映画化?。

なんにせよ、まもなく答えが分かります(とても心配だ)。