秋の夜長はフットボール

ウェルベック&カガワくん

インターナショナルマッチ・ウィークが終わって、いよいよ各国リーグ戦が本格化といったこの週末。何かしらフワフワ(マーケットもあって)した感がある開幕からの数節も、リーガでは最初のヤマ(バルサvsアスレチック・ビルバオ)や負けられないダービー(マドリード)、プレミアでは売り買い(パニックバイとまで揶揄された)激しかったマン・ユナイテッドの正念場とそのマン・ユナイテッドのアカデミー出身を加えたアーセナルがもう一つのマンチェスターとのビッグマッチが控えます。

ディ・マリアにファルカオを加えたマン・ユナイテッドの前線は、ファン・ペルシーやルーニーとの素晴らしいケミストリーを見せることが出来るのか?。傲慢な神経症のファン・ハールは正念場を迎え、カガワくんやウェルベックは古巣に強烈なしっぺ返しのインパクトを与えるチャンス到来です。

マン・ユナイテッド、ドルトムント、バルサ、マドリードダービーとノンストップで楽しみ、ミッドウィークから始まるチャンピオンズはミュンヘンを加え(マン・シティとのリマッチ)楽しみたいと思います。

めっきり涼しくなった秋の夜長はフットボール。

コレに勝るものはそう多くはありません。

 

メッシ

代表戦はズル休み?のメッシ。

頼むよ〜。

 

シメオネ&アンチェロッティ

第3節で早くもマドリード・ダービーです。

スーペル・コパを制したシメオネ・アトレティ、連勝なるか?。

 

マン・ユナイテッド

こちらも早くも正念場。

QPRに負けるとザワつくどころではないね。

広告