“shinji night” memorial

オカちゃん&カガワくん

はオカザキくんに軍配。

2014-2015・ブンデスリーガ第4節、マインツVSドルトムント@コファス・アレーナ。

決めるときに決めておかないと勝ち点を失うケーススタディ。ドルトムントにとっては痛過ぎる敗戦でした。3度あったラモスの決定機。カガワくんは復帰戦よりもキレていたと思いますが、ゴールに直結できずこの試合でも途中でピッチをあとにしました。

そしてその直後の66分。右サイドからの折り返しをスルスルと現れたオカザキくんが流し込んでマインツが先制に成功。ドルトムントもオカザキくんのハンドで得たペナルティがありましたがインモビーレが失敗し、74分にオウンゴールを献上し万事休す。加えてムヒタリャンが全治4週間程度の怪我を負ったみたいで、まさに泣きっ面に蜂。

『チャンスを活かせれば、我々は妥当な勝者となっていた。しかし、2つの場面で悪い形の守備を見せたため、妥当な敗者となってしまったんだ。数々の良い瞬間があった試合だと思う。スタートは素晴らしかったが、ハーフタイムまでにテンポが少し下がっていった。だが、後半に2失点すれば、敗北に値するということだ』

『先制を許した場面では、受身になりすぎていた。もっとアクティブにかかっていかなければいけない。全体的にうまく対応しなかった。アドリアン(ラモス)も余裕で決められるはずのチャンスがいくつかあったが、今日は成功しなかった』

『マインツにとって先制点にどれほどの効果があり、我々にとってどう影響したかは明確だったね。2点目を喫したときやPKを失敗したとき、なおさらそう感じた。今日はいろりろとうまくいかなかった』と語ったクロップ。

 

ムヒタリャン

怪我人が多すぎます。焦らず、それでも早くロイスやフンメルスの復帰が必要です。しかし・・・痛い敗北でした。ミュンヘンがスコアレスドローだっただけに。

はぁ〜。

 

カガワくん

流石にそうそう上手くは行かないか。

 

オカザキくん

オカザキくん

このゲームはオカちゃんです。

お見事!!。

4得点で現在得点王(笑)・・・笑っちゃいかん。

 

丸岡くん

丸岡くん

あとこの試合は丸岡くんが途中出場したゲームでもありました。

初めて観ましたが、悪くないです。

クロップからは、『お前ならできる。そして楽しめ』と言われて送りだされたそうですが、これから次第も怪我人続出だし、アンカーでポジションを取れるチャンスでもあります。

『監督がそういう風に声をかけてくれたので、緊張が取れて、ちょっと自分を出せたかなとというのもあったけど、やっぱり初めてだったんで、遠慮気味になったプレーもあった』

『あんま覚えてないですけど、デビューできて、とりあえず良かったです。でも、チームが負けてしまったので。切り替えて、次の試合に呼んでもらえるように明日から頑張ります』

18歳・・・頑張れ!!。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中