見せてもらおうか

クロップ

シュバルツゲルベンの性能とやらを・・・。

ここまで、悲惨(第9節を終えてリーガ15位に沈む)と言っていいクロップ・ドルトムント。先日のポカールでは3−0で勝利しましたが、ザンクト・パウリ(2部?)が相手。

週末にはいよいよ因縁のミュンヘンとのビッグマッチです。

『バイエルンに簡単にプレーさせない方法はある。だが、それをピッチで実行しなければいけない。もちろん、ボルシアMGとの試合も分析している。彼らの一番最近のリーグ戦だからね。でも、参考にできることは限られている』

『いずれにしても、作戦はバイエルンが誰を使ってくるかで大きく左右される。ダビド・アラバがどのポジションでプレーするか。アリエン・ロッベンやマリオ・ゲッツェがプレーするか、そういったところによる』

ちょっかいを掛けられているロイスに関して・・・

『そういったことは一切考えていない。自分には関係ない。もちろん、両チームが上位にいたら、そういったやりとりも面白いかもしれない。ただ、今の我々の状況でそれは楽しいものではないから、考える必要がまったくないだろう』

『でも、人生はフェアなものだと思う。成功しているときに良くない行いをすると、いつかその代償を払うことになる。今、(両クラブの間で)何が起きているかは知らない。だが、いつかそのツケを払うときがくると信じている』

と語ってくれました。

良い事言うゼ。

神には祈らない。

自分たちの力を信じ、自分たちのフットボールを見せるのみ。

あれ・・・?、どっかで聞いたセリフだなぁ(泣)。

 

ドルトムント

反転攻勢のきっかけにしたいナショナルダービーとなってもらいたいものです。

刮目です。

泥沼の4連敗

フンメルス

クロップ

2014-2015・ブンデスリーガ第9節、ドルトムントVSハノーファー@ジグナル・イドゥナ・パルク。

2000年以来の危機。

シュートの雨を降らせましたが、ネットを揺らすことは叶わず。清武くんのいFKに沈み、愛すべきシュバルツゲルベンはリーグ戦4連敗を喫しました。

悲し過ぎますね。

ハノーファーのキーパーも当たってはいましたが・・・。ロイスのシュートがどれか入っていれば状況は一変したのだけれど。

『また同じ展開になった。僕らは先制点を奪うチャンスを7回か8回つくったけど、どれも生かせなかった』と語ったフンメルス。

 

ヴァイデンフェラー

『チャンスを生かしていれば3-0か4-0で勝てたはずなのに、僕に言わせれば不当なFKから失点してしまった。失点後の数分間は乱れ、その後は決定的なチャンスをつくれなかった』

指揮官は、

『我々は自分たちが報われるようにしなければいけない。だが、そうしていない。100%のチャンスを4、5回はつくり出しているが、決め切れていない。だが、我々は戦い続ける。立ち止まってはいけない』

『引き続き問題について語り合い、直視して分析していくつもりだ。これまでの試合に比べて良かった面もあるが、試合に勝てるほど良くはなかった。パフォーマンスが悪いときは批判されて当然。誰も助けてはくれない、自分たちで解決するしかない』

と述べた。

チャンピオンズでは揺らせるネットがリーガでは何故か揺らせません。何かのきっかけでイケるとは思うのですが・・・。

次節は王者ミュンヘンです。

『闘い続けるしかない。それ以外に道はない』

ナショナル・ダービーで復活・・・、難しいだろうなぁ〜。

『.5: THE GRAY CHAPTER』

.5: THE GRAY CHAPTER

『.5: THE GRAY CHAPTER(ポイント・ファイヴ:ザ・グレイ・チャプター)』をゲットしました。前作の『オール・ホープ・イズ・ゴーン』より6年ぶりの、スリップノット通算5枚目のフルアルバム。

聞き始めた当初は、『スリップノットは死んだ』や『ストーン・サワーっぽい』って感じだったのですが、毎日通勤で聞いていると『ジワジワ』来ますね。

でもキラーチューンが無いかなぁ。『スリップノット』や『アイオワ』、『Vol.3』にはキラーチューンがあったと思います。

安定期に入ったって感じでしょうか。

メンバーの不幸・脱退・軋轢などを乗り越えていく中で制作された本作。もう暫く聞いてみようかなと思います。

 

もっと疾走して欲しかったなぁ〜。

 

『Vol.3』からの名曲『ビフォー・アイ・フォゲット』。

映像も曲もカッコイイなぁ。

マスクしてないし(笑)。