自壊したダービー

クロップ

クロップ

2014-2015・ブンデスリーガ第6節、シャルケVSドルトムント@フェルティンス・アレナ。

遅くなりましたが、ルール・ダービーをようやく観ました。ドルトムントにとっては引き続き厳しい結果となりましたね。前半に2失点では厳し過ぎます。

『はっきり言おう。今日のような失点をしていたら、フットボールというスポーツで勝つ可能性は低い。自ら崩壊した。両方の場面で犯したミスが、試合を大きく左右したのは確かだ』

『データ上、各カテゴリーで我々が上回っている。ただ、一番大事なところでそうでなかったということだ。シャルケは2ゴールを決めた。どちらも我々がアシストしたようなものだったよ。そして、我々は1点しか決めていない』

『我々はさまざまな問題を抱えている。今日は勝つためのフォーメーションを、1、2人に負担をかけすぎないために選んだ。それがうまくいく可能性はあったと思う。シンプルなプレーで裏のスペースに入ることを目指したんだ』

『我々は好スタートとは言えないし、我々自身も満足しているわけがない。だが、この状況で完全に調子を狂わされることもないよ。選手たちはものすごい努力をしている。チームの姿勢をほめるしかない。試合をひっくり返すために走りきった。ただ、今日に限ったことではないが、やってはいけない形で失点をしている』

『連係が最高ではない。個々の調子も最高ではない。今日は見事な頑張りを見せたが、報われなかった。人生ではよくあることだね。しかし、我々は戻ってこなければいけないし、確実に戻ってくる。もう少し時間がかかるかもしれないが、それでも戻ってくるよ』

簡単に失点し過ぎだ。コレでは勝てません。

カガワくんが投入された後半途中からも、ロングボール戦略では意味がない。チグハグかな〜。

 

カガワくん

フェアリー・テイル第2章、しばし停滞。

ゴールしてもおかしくはなかったですが、ラモスとは合ってないなぁ〜。今日のチャンピオンズ(もうあと4時間弱)は先発するかな?。

ライブ視聴に備えてそろそろ仮眠しようと思います。