蟲師 続章特別篇『棘のみち』

蟲師

ようやく観ました、蟲師 続章特別篇『棘のみち』。

狩房家に代々仕える蟲師『薬袋(みない)家』。最古の蟲師一派であるこの一族からは、時折『何かが欠落した者』が出るという。知己・狩房 淡幽より、山の異変調査に出向いた薬袋家当主・クマドの手助けを頼まれたギンコは、共同捜査を開始し『棘の道(おどろのみち)』へと踏み入り『魂を喰う蟲』に襲われてしまう二人。そこに現れた、ギンコが予想だにしなかったモノの正体とは。蟲師となる事を宿命付けられた一族ゆえに背負う過酷な運命・深い業(ウィキペディアより)。

 

クマド

蟲師

蟲師

蟲師

1時間枠の特別編の今回は、クマドという蟲師のお話し。淡幽さん(自身も右足に蟲を封印しています)も特別編初登場でした。

 

蟲師

蟲師

魂を喰う蟲、核喰蟲(さねくいむし)を始末するために、光酒から作った人工の蟲(クマドの体内に入れてある)を口から放つクマド。空っぽになればまた体内に入れる。

 

蟲師

『そうでもせねば進めぬ道もある』とギンコさんに言ったタマ婆さまが悲しい。

 

クマド

幼少期のクマド。

人工の蟲を入れるために魂を抜かれ、器になったということかな。

 

蟲師

また補充。

 

淡幽さん

淡幽

禁種の蟲を代々封じ込めている狩房家の当主、淡幽さん。

何処にも行けない2人(クマドと共に)ということか。

 

蟲師

蟲師

重い特別篇でしたが、最後は3人で野点してほっこり(笑)。

『・・・(俺は邪魔ものか)』クマド心の声。

 

蟲師

『たとえ状況が変わらずとも、我々はひとりじゃない』

今週から始まる続章の続きも楽しみだ。

広告