いつでも好きな時に

メッシ

メッシ

『いろいろと言われるけど、ルイス・エンリケ監督がボスなんだ。彼は自分が望むとき、いつでも僕を交代させられる』

2014-2015・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループF第3節、バルセロナVSアヤックス@カンプ・ノウ。

66分にピッチを後にしたメッシ。1ゴールとネイマールへの1アシストでお役ご免となりました。

少し悪意を感じる一枚(苦笑)です。

 

ネイマール

ネイマール

メッシ&ネイマール

メッシ&ネイマール

『ネイマールとのコンビ?。幸運にも、僕らはより互いを理解することができており、チームのためにゴールを決めることができている。それが最も大切なことだ。前半はもっと得点するチャンスがあった。後半はより難しくなったけど、CLはそういうものだと分かっている。簡単じゃないよ』

7分の、メッシの左脚から放たれたパスをダイレクトでゴール右隅に叩き込んだ先制弾、ビューティフルでパーフェクト。

ネイマールも好調です。

『バルセロナの先制点は素晴らしかった。トップクオリティーだ。あれだからこそ、バルサは世界最高のチームの一つなんだよ』(フランク・デ・ブール)。

 

メッシ

メッシ

24分。

イニエスタの優しくないスルーパスをエリア内でいとも簡単にトラップし振り抜いたメッシのゴール。

キーパーに触られはしましたが、貴重な追加点となりました。

元バルサで現アヤックスの監督、フランク・デ・ブールが前日の会見で、『彼らにプレッシャーをかけて、簡単にボールを受けられないようにしなければならない。チーム全体の仕事としてやることだ。メッシとネイマールに簡単にボールを受けさせてはならない』と言ってましたが駄目でしたね。

 

イニエスタ

それとドン・アンドレス。

ヌルヌルドリブルが復活。『クラシコ』に向けてコンディションが上がって来ている感じはポジティブです。

しかし、後半にこの3人が揃って下がると何も出来なくなったバルサ。終了間際に1ゴール返され、慌てました。

 

サンドロ・ラミレス

サンドロ・ラミレス

94分。

ラフィーニャのパスを受けてエリア内左からゴール右隅に蹴り込んだサンドロ・ラミレス(19歳には見えない)のゴールが決まってゲームが終わりました。

ボール・ポゼッション58-42。

アテンプト17-9。

ショット・オン・ターゲット6-1。

トータル・スコア3-1。

 

ルイス・エンリケ

スタッツ上は完勝も後半残り10分でかなり慌てる始末もルイス・エンリケはこう総括しました。

『終盤はうまくコントロールすることができず、相手にチャンスを許してしまった。だが、私はこの試合を誇りに思うよ。我々は相手より強かった。勝利にふさわしかった』

いよいよ週末は『エル・クラシコ』。

『マドリーとの試合は別の大会だ。私はこの試合のことだけを考えて正しいと思う決断を下した。我々はリーグで首位にいる。うれしく思っているよ。ベルナベウでの対戦は、バルサの選手にとって常にモチベーションとなることだ』

バルサとマドリー両方に居たルイス・エンリケですが、ベルナベウではブーイングでしょうかね。

最後はこの御仁。

 

ピケ

ピケ

失点に絡んだ訳ではないけれど・・・この日も良いとは言えなかったジェラール・ピケ。

どうしちゃったのだろう?。

駐車違反のキップを切られた警察官を罵って(まぁ気持ちは分かるが)叩かれたそうですが、『クラシコ』の先発は難しいかな。スピードがない。あたふた(しているように見える)している。アヤックスのFWにこの調子じゃあ絶好調のCR7を抑えることは不可能ですね。

 

メッシ

万雷の拍手で迎えられピッチを後にしたメッシ。

良かった。

『クラシコ』でも頼むぜ。

広告