PSYCHO-PASS 2 #8『巫女の懐胎〈AA〉』

サイコパス

引き続き面白かったですね、#8。

飛行機事故の犠牲者はバラバラに切り刻まれてカムイに移植されたそうで、カムイは7人の脳を含む184人の肉体と人格的存在だそうです。

脳の多体移植?。

移植手術から回復していくに伴って、徐々に透明人間になっていったカムイ。複数の脳やら体のせいでドミネーターに認識されなくなったのか。

そして、雑賀センセーの尋問でまた登場した、交通と銀行を管制しその全てを把握する、パノプティコン(笑)。

結局、不具合によってシビュラに代るシステムとしての採用は見送られた。でもそれはシビュラが仕組んだとカムイは言いました。

『パノプティコン』・・・、ジェレミー・ベンサムが提唱した、収容所の建築形態として構築した全事象監視システムの名称。

厚生省と経済省との争い?。政治家ども・・・やれやれです。

 

サイコパス

サイコパス

瞑想と薬でサイコパスをクリアにする男、カムイと受講者を黒く染めた男、雑賀 譲二。

 

サイコパス

以前から貴方に興味があったと雑賀センセーに語りだしたトウガネさん。サイコパスを濁らすセンセーに対して、

『どんなに干渉してもサイコパスが変化しない常森監視官に依存している』と指摘するサイコパス・レコード・ホルダーのトウガネさん。

『ほぉぉ〜』

この絡みは何を意味するのでしょうか。

 

サイコパス

色々調べて結構核心に迫ってきたシモツキちゃん。

『アタシのサイコパスが濁っちゃう、どうしたら・・・(閃いた)そうか!そうだ!!!』で怒濤のヤバい展開へ(笑)。

 

サイコパス

事件の発端は15年前の航空機事故に遡る。

死亡した201名の乗員乗客のうち、184名が児童という悲惨な事故を利用して莫大な利益を享受した者たちがいた。それが東金財団、そしてこの時の唯一の生き残りが鹿矛囲桐斗である。

当時、財団を仕切っていた東金美沙子は、『AA(ダブル・エー)』という特異体質の研究に執心しており、その実証実験のひとつが脳を摘出し繋ぎ合わせるという財団が持つ特許技術を、最新の環境で試すことだった。

彼女は、鹿矛囲や事故犠牲者の遺体を使い自らの研究を推し進め、結果、財団が持つ特許技術は更なる進化を遂げた。

鹿矛囲桐斗の犯行目的は、そうした東金財団への報復である。財団をマークすることで、鹿矛囲逮捕に近づける。しかし現在1係は重大な問題を抱えている。それは、常森朱と東金朔夜の存在だ。

東金朔夜は、『AA』を人工的に作り出そうとした東金美沙子の実験によって生み出された。それが史上最悪の犯罪係数を持つに至った経緯と推測される。

つまり、事件の首謀者とされる鹿矛囲と東金朔夜は『AA』というキーワードで繋がっていることになる。

鹿矛囲桐斗と東金朔夜は、等しく危険である。東金朔夜は、他人の犯罪係数を上げることに喜びを覚える異常者だ。現に、今まで彼の担当者だった監視官5名が潜在犯化しているという実例がある。

東金朔夜の影響により、常森監視官も近い将来、犯罪係数が上がると予想される。しかし、常森監視官は意にも介さず、忠告も受け入れようとしない。これは由々しき事態である。

常森監視官は、己の判断ミスにより多数の監視官及び執行官を犠牲にしている。このままでは、鹿矛囲の逮捕や東金朔夜の排除はおろか、公安局存続の危機にも繋がりかねない。

故に私は、常森監視官の更迭もしくは、権利停止の必要性を強く訴える。

2114年11月27日

公安局刑事課一係所属

霜月美佳

今回のキモである、渾身のシモツキ・レポート(笑)。

 

サイコパス

サイコパス

局長に意気揚々と提出したシモツキちゃんでしたが・・・。

『AA』はオープン・ドア・データと言われる、重要機密を暴こうとする社会不適合者を誘き寄せて把握する所謂トラップで、見事に豪快に引っ掛かって、大ピンチ。

でもトウガネさんは、まだ使えるとシモツキちゃん生かしました。

 

サイコパス

『好きにしていいわ』と答えたトウガネさんのお母さん(驚)。

お母さんとシビュラを清らかに美しくするのがトウガネさんの役目だそうです(笑)。

 

サイコパス

『わたし、何も知りませんから。何も話しませんから・・・忘れるから・・・』と清々しいまでに小者ぶりを発揮したシモツキちゃん(笑)。

退屈なまでに・・・賢明だ。

 

サイコパス

『霜月監視官、あなたに世界の秘密を教えてあげる』

シモツキちゃんの悲鳴とともに、#9へつづく。

さて、どうなるかな。

 

サイコパス

朱ちゃん、顔を赤めてた場合ではないよ〜。

劇場版『PSYCHO-PASS サイコパス』予告

サイコパス

劇場版『PSYCHO-PASS サイコパス』の予告動画とキービジュアルが公開されましたね。サイコパス2#8が衝撃的でとても面白かったのですが、まずは劇場版から。

 

サイコパス

カッケェェェーー、コウちゃん・・・だよね。

劇場版はサイコパス2の2年後の設定だそうです。それでいくとコウちゃんは『2』には登場しないかな。それは残念ですが劇場版で登場するならOKですよね。

そして、死亡フラグが立って、#8でも何だか危ない感じだったシモツキちゃんは無事のようで(シビュラに『霜月監視官、貴女に世界の秘密を教えてあげる』と言われたので、やっはり死なないんだね)、何か良かった(笑)。

 

サイコパス

2112年、新人監視官の常守朱と執行官の狡噛慎也は、ひとりの男と巡り合う。その男は、かつて起きた事件の黒幕、そして狡噛の復讐相手だった。その男、槙島聖護は、平和を支えるシステムの根幹を揺るがし、正義のありかを問いかけた。やがて狡噛は自らの正義を槙島に遂行し、その身を隠遁してしまう。

2116年、日本政府は紛争国へ“シビュラ・システム”と無人ロボット・ドローンの輸出を開始。世界にそのシステムの手を広げようとしていた。内戦状態だったSEAUn(東南アジア連合/シーアン)は“シビュラ・システム”を実験的に導入。管理下に置かれた水上都市シャンバラフロートはつかの間の平穏と安全な生活を手に入れた。

だが、そのSEAUnから日本へテロリストが送られる。“シビュラシステム”をかい潜り、中枢へ攻撃を仕掛けようとするテロリストたち。そこにある男の影が落ちていた。刑事課一係の常守朱はシャンバラフロートの捜査へ旅立つ。新たなる地にもたらされた正義の真実が明らかになる。

相方と観に行くことは確定していますが・・・。

早く観てぇーーー。

Android5.0備忘録

Nexus5

先日、My Nexus5をAndroid5.0にアップデートした際に、ステータス・バーに白い☆マークが出て鬱陶しかったのですが、ようやく消し方が分かりましたので備忘録がてらメモです。

消し方は至って簡単(Nexus5の場合です)。

【設定】→【音声と通知】→【割り込み】→【常に割り込み】に設定すると消えました。

最初は何やらアドウェアとかかなと思っていましたが、そうではないみたいですね。

ステータス・バーがスッキリしました。

良かった良かった。

あと、Android ダウングレードとかのワード検索で結構な数の訪問をいただきましたが、ダウングレード方法を書いてませんので申し訳ないです。

訪問して頂いた方、スミマセン。

いつかチャレンジして書いてみたいと思います。