PSYCHO-PASS 2 #8『巫女の懐胎〈AA〉』

サイコパス

引き続き面白かったですね、#8。

飛行機事故の犠牲者はバラバラに切り刻まれてカムイに移植されたそうで、カムイは7人の脳を含む184人の肉体と人格的存在だそうです。

脳の多体移植?。

移植手術から回復していくに伴って、徐々に透明人間になっていったカムイ。複数の脳やら体のせいでドミネーターに認識されなくなったのか。

そして、雑賀センセーの尋問でまた登場した、交通と銀行を管制しその全てを把握する、パノプティコン(笑)。

結局、不具合によってシビュラに代るシステムとしての採用は見送られた。でもそれはシビュラが仕組んだとカムイは言いました。

『パノプティコン』・・・、ジェレミー・ベンサムが提唱した、収容所の建築形態として構築した全事象監視システムの名称。

厚生省と経済省との争い?。政治家ども・・・やれやれです。

 

サイコパス

サイコパス

瞑想と薬でサイコパスをクリアにする男、カムイと受講者を黒く染めた男、雑賀 譲二。

 

サイコパス

以前から貴方に興味があったと雑賀センセーに語りだしたトウガネさん。サイコパスを濁らすセンセーに対して、

『どんなに干渉してもサイコパスが変化しない常森監視官に依存している』と指摘するサイコパス・レコード・ホルダーのトウガネさん。

『ほぉぉ〜』

この絡みは何を意味するのでしょうか。

 

サイコパス

色々調べて結構核心に迫ってきたシモツキちゃん。

『アタシのサイコパスが濁っちゃう、どうしたら・・・(閃いた)そうか!そうだ!!!』で怒濤のヤバい展開へ(笑)。

 

サイコパス

事件の発端は15年前の航空機事故に遡る。

死亡した201名の乗員乗客のうち、184名が児童という悲惨な事故を利用して莫大な利益を享受した者たちがいた。それが東金財団、そしてこの時の唯一の生き残りが鹿矛囲桐斗である。

当時、財団を仕切っていた東金美沙子は、『AA(ダブル・エー)』という特異体質の研究に執心しており、その実証実験のひとつが脳を摘出し繋ぎ合わせるという財団が持つ特許技術を、最新の環境で試すことだった。

彼女は、鹿矛囲や事故犠牲者の遺体を使い自らの研究を推し進め、結果、財団が持つ特許技術は更なる進化を遂げた。

鹿矛囲桐斗の犯行目的は、そうした東金財団への報復である。財団をマークすることで、鹿矛囲逮捕に近づける。しかし現在1係は重大な問題を抱えている。それは、常森朱と東金朔夜の存在だ。

東金朔夜は、『AA』を人工的に作り出そうとした東金美沙子の実験によって生み出された。それが史上最悪の犯罪係数を持つに至った経緯と推測される。

つまり、事件の首謀者とされる鹿矛囲と東金朔夜は『AA』というキーワードで繋がっていることになる。

鹿矛囲桐斗と東金朔夜は、等しく危険である。東金朔夜は、他人の犯罪係数を上げることに喜びを覚える異常者だ。現に、今まで彼の担当者だった監視官5名が潜在犯化しているという実例がある。

東金朔夜の影響により、常森監視官も近い将来、犯罪係数が上がると予想される。しかし、常森監視官は意にも介さず、忠告も受け入れようとしない。これは由々しき事態である。

常森監視官は、己の判断ミスにより多数の監視官及び執行官を犠牲にしている。このままでは、鹿矛囲の逮捕や東金朔夜の排除はおろか、公安局存続の危機にも繋がりかねない。

故に私は、常森監視官の更迭もしくは、権利停止の必要性を強く訴える。

2114年11月27日

公安局刑事課一係所属

霜月美佳

今回のキモである、渾身のシモツキ・レポート(笑)。

 

サイコパス

サイコパス

局長に意気揚々と提出したシモツキちゃんでしたが・・・。

『AA』はオープン・ドア・データと言われる、重要機密を暴こうとする社会不適合者を誘き寄せて把握する所謂トラップで、見事に豪快に引っ掛かって、大ピンチ。

でもトウガネさんは、まだ使えるとシモツキちゃん生かしました。

 

サイコパス

『好きにしていいわ』と答えたトウガネさんのお母さん(驚)。

お母さんとシビュラを清らかに美しくするのがトウガネさんの役目だそうです(笑)。

 

サイコパス

『わたし、何も知りませんから。何も話しませんから・・・忘れるから・・・』と清々しいまでに小者ぶりを発揮したシモツキちゃん(笑)。

退屈なまでに・・・賢明だ。

 

サイコパス

『霜月監視官、あなたに世界の秘密を教えてあげる』

シモツキちゃんの悲鳴とともに、#9へつづく。

さて、どうなるかな。

 

サイコパス

朱ちゃん、顔を赤めてた場合ではないよ〜。

劇場版『PSYCHO-PASS サイコパス』予告

サイコパス

劇場版『PSYCHO-PASS サイコパス』の予告動画とキービジュアルが公開されましたね。サイコパス2#8が衝撃的でとても面白かったのですが、まずは劇場版から。

 

サイコパス

カッケェェェーー、コウちゃん・・・だよね。

劇場版はサイコパス2の2年後の設定だそうです。それでいくとコウちゃんは『2』には登場しないかな。それは残念ですが劇場版で登場するならOKですよね。

そして、死亡フラグが立って、#8でも何だか危ない感じだったシモツキちゃんは無事のようで(シビュラに『霜月監視官、貴女に世界の秘密を教えてあげる』と言われたので、やっはり死なないんだね)、何か良かった(笑)。

 

サイコパス

2112年、新人監視官の常守朱と執行官の狡噛慎也は、ひとりの男と巡り合う。その男は、かつて起きた事件の黒幕、そして狡噛の復讐相手だった。その男、槙島聖護は、平和を支えるシステムの根幹を揺るがし、正義のありかを問いかけた。やがて狡噛は自らの正義を槙島に遂行し、その身を隠遁してしまう。

2116年、日本政府は紛争国へ“シビュラ・システム”と無人ロボット・ドローンの輸出を開始。世界にそのシステムの手を広げようとしていた。内戦状態だったSEAUn(東南アジア連合/シーアン)は“シビュラ・システム”を実験的に導入。管理下に置かれた水上都市シャンバラフロートはつかの間の平穏と安全な生活を手に入れた。

だが、そのSEAUnから日本へテロリストが送られる。“シビュラシステム”をかい潜り、中枢へ攻撃を仕掛けようとするテロリストたち。そこにある男の影が落ちていた。刑事課一係の常守朱はシャンバラフロートの捜査へ旅立つ。新たなる地にもたらされた正義の真実が明らかになる。

相方と観に行くことは確定していますが・・・。

早く観てぇーーー。

Android5.0備忘録

Nexus5

先日、My Nexus5をAndroid5.0にアップデートした際に、ステータス・バーに白い☆マークが出て鬱陶しかったのですが、ようやく消し方が分かりましたので備忘録がてらメモです。

消し方は至って簡単(Nexus5の場合です)。

【設定】→【音声と通知】→【割り込み】→【常に割り込み】に設定すると消えました。

最初は何やらアドウェアとかかなと思っていましたが、そうではないみたいですね。

ステータス・バーがスッキリしました。

良かった良かった。

あと、Android ダウングレードとかのワード検索で結構な数の訪問をいただきましたが、ダウングレード方法を書いてませんので申し訳ないです。

訪問して頂いた方、スミマセン。

いつかチャレンジして書いてみたいと思います。

もう駄目なのか

ドルトムント

クロップ

今シーズンは・・・年内はロイスも居ないし。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループD第5節、アーセナルVSドルトムント@エミレーツ・スタジアム。

開始早々に失点し、どうにもこうにもでした。先に得点し相手が前掛かりになったところを仕留めるのがシュバルツゲルベンなんですけれど。

クロップは、

『もちろん、試合への入り方は望ましくなかった。(最初の失点の場面では)相手選手3人に対し、我々は5人で守ったが、1人は競り合いに入らず、 もう1人は足を滑らせ、相手選手の1人をフリーにさせている』

『相手を圧倒できなかったのは明らかだ。もっと強引にチャンスを生かし、ゴールを決めなければいけなかった。ラストパスの1つ前のプレーで正しい選択ができていれば、良い状況をつくれたと思う。でも、そうしなかったことにより、ほとんどの場面で、最終的にはチャンスにすらならなかったんだ』

『ラインとラインの間の距離が開きすぎていた。前方でプレスかけても、後方から 押し上げがなかったんだ。そういうプレーすることもあるが、もっと勇敢なプレー を目指していた。もっと勇敢な走りで相手スペースを潰せば、アーセナルはもっと苦労しただろう』

『それをすべて改善していかなければいけない。チャンピオンズリーグに限らず、全コンペティションにおいてね』

『アーセナルの方が良いプレーを見せた。彼らの勝利は妥当だよ。それでも、我々に は1点を挙げるチャンスは間違いなくあった。だが、それを決めなかったことも確かだね』

『我々にとって、今日の試合に関するポジティブな側面は、負傷者を出さなかったこと。そして、アーセナルに対し、得失点差で負けていないことだ。アンデルレヒトとの試合で1ポイントを加えれば、首位でグループを突破できる。もちろんそれが我々の目標だ』

まだ首位突破は可能だけれど・・・、今日のデキは酷かったなぁ。

 

サノゴ

アーセナル

開始2分でサノゴに右サイドを突破されあっけなく失点。

 

サンチェス

57分にはアレクシス・サンチェスに個人技からゴラッソを沈められジ・エンド。

エリア手前左サイドからの強烈な一発がネット右隅に突き刺さりましたが・・・。もっと寄せて欲しかったです。

 

インモービレ

前線でまったく収まらなかったインモービレ。

彼だけではなく全体が重かったですが、ロイスの不在は致命的ですかね。カガワくんも後半30分弱のプレイだけでは・・・。

ブンデスでも前節は2-0から追い付かれ、どうにも出来ない状況はクロップ体制最悪です。

寂しいですが、カガワくんのfairy-tale第2章はバッド・エンドとなるのでしょうかね。

何とかコンディションとメンタル(自信無さげだから)を上げていってもらいたいものです。

今度は右脚3発

メッシ

メッシ

メッシ

2014-2015・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループF第5節、アポエルVSバルセロナ@GSP・スタジアム。

セビージャ戦でゴール数のニュー・レコードを達成したメッシが、チャンピオンズでもラウールと並んでいたゴール数をハットトリックで更新しました。それも右脚3発。

ハットトリックは公式戦27回目(右脚だけのハットトリックは初めて)だそうです。

ゲーム自体はアポエルがバス横付けで、バルサがどう抉じ開けるかが焦点となりましたが、27分にスアレスの個人技(素晴らしいターンからのゴールでした)で先制し楽になりましたかね。

そして、この後はメッシのゴール・ショウとなりました。

38分。ラフィーニャのシュート(だったと思いますが)の方向を右脚で変えてゴール左隅に流し込み、チャンピオンズ通算72ゴールとし単独新記録達成となりました。

その後、58分にはアウヴェスのスルーパスを受けて、エリア内右に入って即、右脚でチョンとゴール左に流し込み、87分にはオフサイド・ポジションに居たことを上手く利用(プレイに関与せず)し、ペドロの左からの折り返しに合わせました。

凄く笑っていたのが印象的でしたかね。

『とてもうれしい。この素晴らしく重要な大会で、この記録を達成できたのはファンタスティックなことだ。それに、今日は大事な試合だったけど、僕らは勝ち点3を獲得できた。素晴らしい試合をして勝ったんだ。何よりも大事なのはそこだよ』

『僕らはこれまでやってきていることを続けたい。そして、開幕時に設定した目標にトライする。僕らは常にそうしているんだ。この道を続けようとしてきた』

首位突破を賭けたパリ戦に向けては、

『難しい試合になるだろう。僕らはアウェーで彼らに負けている。彼らにはとても良い選手たちがいるんだ。今年の彼らは団結という点で成長している。毎回、彼らは強くなっているんだ。でも僕らはホームだし、素晴らしい試合をしてグループ首位の座を手にしたい』

と語ってくれました。

 

スアレス

スアレス

スアレス

バルサでの公式戦初ゴールとなったスアレス。

『遅かれ早かれ、ゴールは決まると分かっていたよ。リラックスしていたし、不安はなかった。僕はただチームを助けたかっただけだ。大事なのは、このゴールでチームが結果を残す助けになれたということだよ』

『前半の僕らは素晴らしいプレーをしたと思う。前半のうちに2ゴールを奪えたのは、僕らのプレーに相応しかったね。メッシとは本当に互いをよく理解できている。大事なのは、チームを助けることだ』

おめでとう。凄いターンからの秀逸な1発でしたね。これからもっと仕事をして欲しいものですね。

 

メッシ

メッシ

メッシ

メッシ

楽しそうなメッシ。

これが一番です。

 

ラキティッチ

まったく関係ないですけど、このラキティッチの1枚カッコいい。

ゲームではプレゼンスがなかったけれど(泣)。このままじゃ、セスクの方が良かったです。

 

ルイス・エンリケ

『我々は本当に良い攻撃のコンセプトを示した。だが、守備も良かったね。それによって、秩序だった攻撃ができた。完成された試合ができたよ。とても満足している』

『我々には明確なプレーのアイディアがある。それは今日だけでなく、シーズンを通じてのものだ。近年のバルサの特徴となっていたスタイルであり、我々は死ぬまでそれを続けるよ』

『ホームの観客の前でグループ首位通過ができたら素晴らしいだろうね。首位通過を望むなら、カンプ・ノウで我々はパワフルなライバルに勝たなければいけない』

なんとしても勝つ。

PSYCHO-PASS 2 #7『見つからない子供たち』

サイコパス

サイコパス

サイコパス

色々な謎が明らかになってきた#7でしたね。

オープニングで『また撃てませんでした』と言った朱ちゃんでしたが・・・。

『適性を持たない人間が、ドミネーターを所持できるかためした。それが第一の事件』

『ドミネーターで監視官を裁けるのかを知ろうとした。それが第二の事件』

『そして今回、公安を襲い複数のドミネーターを手に入れた。おそらく仲間に与えるため』

ドミネーターに認識すらされない鹿矛囲について自問自答する朱ちゃん。

そして、コウちゃんが・・・

 

サイコパス

サイコパス

『ありえない事態が起ったなら疑うべきは2つだけだ』

『前提条件が間違っているか。それともあんたの頭がイカれっちまったか』

 

サイコパス

個人を徹底的に管理するこの社会の隙間を突いた重大な仕掛けがあるはずだという。

それは案外近いところに・・・。

 

サイコパス

朱ちゃんは、『スピネル』を吸ってコウちゃんを思い出し、コウちゃんの思考をトレースする。

 

サイコパス

サイコパス

サイコパス

前回思った『何故、酒々井監視官の権限を停止しないのか』という疑問に、今回答えてくれました。

 

サイコパス

『サイコパスがクリアなまま行動している監視官を我々が止める理由はない』

シビュラの、自己の否定に繋がるからと朱ちゃんに断罪されてました。

『口を慎みたまえ、常森監視官』

 

サイコパス

カムイを取り込もうとせず、殺処分するという結論を出しているシビュラ。

カムイの正体はシビュラに取り込めないものと朱ちゃんは結論付けました。

『君は相変わらず面白いな』

 

サイコパス

サイコパス

シモツキちゃんの行動バレバレ。

あと、トウガネさんが僕と同い年の41歳ということが判明しました(笑)。そして・・・。

 

サイコパス

10歳で犯罪係数769!!!(笑)。

 

サイコパス

神か悪魔か、おそるべき逸材のトウガネさんとフラグ付きのシモツキちゃん。

どうなる?。

 

サイコパス

サイコパス

ヒナカワくんは何故、朱ちゃんのことを『お姉ちゃん』と言うのだろう?(笑)。

ギノさんあたりが突っ込んで欲しいのですが(笑)。

 

サイコパス

サイコパス

シオン姉さんと弥生ちゃん・・・オイオイ、二人とも仕事しろよ、まったく(笑)。

 

サイコパス

サイコパス

サイコパス

15年前の5月、修学旅行の飛行機事故での唯一の生き残りだそうですが・・・鹿矛囲、君は一体何者なんだ?。

医者の協力者がいて、全員がドミネーターを使えるようになるブツとはいったい?。

面白かったです。そして#8へつづく。

記録

メッシ

メッシ

リーガ・エスパニョーラ最多得点数、253(2014-2015・第12節現在)。

リーガ・エスパニョーラ、シーズン(2011-2012)最多得点数、50。

リーガ・エスパニョーラ全チームから得点を記録。

リーガ・エスパニョーラ(2012-2013)21試合連続ゴール。

チャンピオンズリーグ最多得点数、71。

バロンドール受賞数、4回。

チャンピオンズリーグ得点王数、4回。

チャンピオンズリーグ・ハットトリック数、4回。

『クラシコ』最多得点数、21。

年間最多得点記録数、91。

※(平成26年11月25日現在)

まさにギガ・クラック。

残る記録はバティステュータが持つ56にあと9と迫ってるアルゼンチン代表での得点記録とワールドカップ戴冠ってとこでしょうか。

CR7が第12節を終えた時点で20ゴールを挙げて、メッシのシーズン記録50を上回る勢い(このままいけば60ゴールを超える)ですが、数々の記録と記憶は色褪せません。

(ロナウドはメッシが持っていない記録を持っていたり(チャンピオンズリーグ・シーズン得点記録数17やクラシコ連続得点等)、メッシと現在競っている記録(チャンピオンズリーグ得点数、70等)もあります)

『彼のような選手は見たことがない。私は誰とも比較不可能な選手を指導する幸運を手にしたんだ。彼は唯一無二であり、同じような選手は二度と現れない。このチームの一員であることは、我々にとって本当に幸運だ』とルイス・エンリケは述べましたが、今シーズンは、メッシ自身4度目となるビッグイヤー戴冠を最大の目標に、トップフォームに持って行ってもらいたいと切に願います。

 

メッシ

因に、253ゴールの内訳。

 

メッシ

好きな1枚。

 

メッシ

『並外れた記録であり、歴史的なことだ。彼は偉大な人間また選手であり、新記録を樹立するに相応しい。彼はここで幸せであり、今日はそれを再び示した。メッシが幸せならバルサも幸せなんだ』

とマエストロ・シャビは語りましたが、このままハッピーでいてもらいたいものですね。

(僕の体調も戻って来てハッピー)