個人的ベストゴール3選(2014)

大掃除を終えたら(悲しいかな雨)毎年恒例の、個人的ベストゴール3選(一昨年昨年)の季節がやってまいりました。年末年始休暇に入って、大掃除も終えてホッと一息。今年はワールドカップがありましたので、やはりソレが印象に残っていますかねぇ。

では以下。

 

【第3位】

ラムジー

ラムジー

2014-2015・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループD最終節、対ガラタサライ戦でのアーセナル、アーロン・ラムジーの豪快過ぎた1発。

正直、消化ゲームだったので録画していたものを観たのですが、ライブ視聴したかったと後悔です。ラムジー自身『間違いなく自分のベストゴール』と語っていましたが、コーナーキックからの溢れ球をダイレクトに叩いた素晴らしい1発でした。

 

【第2位】

セルヒオ・ラモス

2013-2014・チャンピオンズリーグ・ファイナル@リスボンでのマドリー、セルヒオ・ラモスのヘッドが第2位です。94分に飛び出した『愛すべきクソッタレ』の起死回生の1発。アトレティコがビッグイヤーに片手を掛けていたゲームでしたが、このヘッドで追い付き、ベイルが続いてマルセロがトドメを刺してオマケにロナウド。悔しいけれど、偉大過ぎるデシマ達成の瞬間でした。

アトレティコの勝利で良かったんだけれどなぁ。フットボールの女神は残酷でお金持ちが好きなようです。

では第1位。

 

【第1位】

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドレゲス

今年はこの1発で決まりです。

ノックアウト・ラウンドでのウルグアイ戦で飛び出したコロンビア、ハメス・ロドリゲスの美しすぎるボレー。(けっこう簡単に言ってしまいますが)これこそが、まさにブラヴォ。

マドリーへの移籍の扉を開いたと言っても過言ではないビューティフルな1発、忘れることができない1発となりました。

今年は例年以上にフットボール三昧の1年でした。代表戦も豊田スタジアムで観ましたし(コチラ)、充実した1年でしたね。来年はアジアカップが年明け早々にありますし、no football no life、全ての愛すべきフットボーラーに感謝です。

そして我が家は明日(もう今日ですが)から恒例の温泉旅行、今年は加賀・山中温泉へ行ってまいります。2泊3日で一年の疲れを癒して新年を迎えたいと思います。

では皆様、よいお年をお迎えください。

広告

2強譲らず

ジエゴ・コスタ

チェルシー

2014-2015・プレミアリーグ第18節、チェルシーVSウエスト・ハム@スタンフォード・ブリッジ。

 

マン・シティ

マン・シティ

2014-2015・プレミアリーグ第18節、ウエスト・ブロムウィッチVSマン・シティ@ホーソンズ。

プレミアは偉大ですね。

各国リーグ戦がクリスマス・ヴァケーションの中、ボクシングデーも休まずゲーム。それどころか中1日でまたゲームでそれから元日もまたゲーム。

尊敬しています。

チェルシーからマン・シティのゲームを連続視聴しましたが、2強とも抜け目なく2-0(テリーとコスタのゴール)、1-3(フェルナンド・ヤヤ(PK)・シルヴァのゴール)でモノにしました。

コスタの秀逸な切り返しからのゴールとシルヴァの右45°からの股抜きゴールが美しかったですね

 

モウリーニョ

因縁のアラダイス親分とモウのオヤジ(笑)。

『我々はこの結果に値した。非常に難しい相手との好ゲームだった。我々は良いスタートを切った。もっと早く先制することもできただろう。ゴールを奪ったとき、我々は試合をコントロールしていたね』

『相手は後半にリアクションした。だが、2点目を奪い、すて順調だった。我々のプレーにとても満足している。非常に難しい守備をする相手に対して、それを抉じ開けるのに十分な創造性があった。守備ではストークのような直接的な攻撃を抑え、アンディ・キャロルをうまくコントロールした』

と語ったモウのオヤジ。アラダイス親分の皮肉を聞けなかったのは残念ですが、チェルシーは確かにボールを持って、ゴールを抉じ開けました。

一方のペジェグリーニは、

『非常に重要な勝利だ。ボクシングデーの試合は簡単じゃないからね。こうやって今週の3試合を始めることは大事なことだった。我々は連勝を目指しているが、チェルシーのことは考えていない』

『まだ20試合が残っているんだ。シーズン後半戦でどちらのチームがよりうまくやるかを見ていこう。私は、タイトルレースにいるのは2チームだけではないと思っている』

と語りました。

怪我人を多く抱えているマン・シティがより厳しいけれど、シーズン終盤までマッチレースを期待したいものです。

 

クラッテンバーグ

ウエスト・ブロムとマン・シティのゲームを裁いたクラッテンバーグさん。前半の雨から後半の雪、一番大変だったですかね。

ご苦労様でした。

『THE LAST』-NARUTO THE MOVIE-を観てキタ

ナルト

ヒナタ、良かったねぇ(しみじみ)。

映画はというと、エンドロールのナルトとヒナタの結婚式でのイラストは良かったけど・・・。一緒に観に行った『サスケェー命』の姪っ子さんも、ゲキオコ。

夏にはボルトで新作!?。

もう、ぜってェーーー観に行かないってばよ。

おしまい。

ワンピース76巻

ワンピース76巻

ドフラミンゴがいる王宮へ向かうルフィーとローとその他大勢のワンピース76巻。

各地で繰り広げられるバトルには少々難がありますが、自身が天竜人だと明かしたドフラミンゴ。ドンキホーテ・ファミリーの過去(ベビー5がカワイイ)が描かれていたり、ドフラミンゴの悲劇とローの凄惨な過去がクロスし、明かされる『オペオペの実』の真の能力(チカラ)。

そして、衝撃の『D』の名が明かされました。

ローにも『D』を付けた尾田っちの思惑は如何に?。僕は昔、ドフラミンゴが『D』かと思ってましたが、まさかね。

おまけにカラーの表紙を外して裏面を見ると・・・第759話+。バルトロメオ、イイ!!(笑)。

それにしても、ドフラミンゴをどうやって倒すのかなぁ?。敵の過去をも描いてしまってどう落ちを付けるのかなぁ?。決着まで、あと3、4巻はかかるかなぁ(泣)。

なげェーよ・・・ホント(泣)。

トラベラーズノート2015

traveler's note

マイ・スケジュール帳、トラベラーズノート・パスポートサイズ・キャメルの2015年リフィル(日付入り週間ダイアリー)をゲットしました。

9月頃から販売を開始されていたと思いますが、買うのを忘れていて、品薄(というか在庫切れで全く売ってない)でなかなか手に入りませんでしたね(泣)。

ロフトや東急ハンズ、文具店を結構回ってようやくゲットできました。2016年版はイチ早く買おうと思います。

来たる年もトラベラーズノートと共に。

今年のクリスマス・プレゼント(その2)

Long T-shirt

相方にビームスとユニクロでロングT-ShitsとVネックセーター2枚を買ってもらいました。代わりにUGG(アグ)でブーツを買わされましたが・・・(苦笑)。

街はクリスマス一色。

人が多く(僕もそのうちの一人なんですが・・・苦笑)とても疲れましたが、美味しいステーキと食後にEggs ‘n Things(エッグスン シングス)で山盛り生クリームのパンケーキを食べて疲労回復。

買い物って、家に帰って戦利品を愛でる時が至福の時ですねぇ。今年は良いクリスマス・ウィークとなりました。

今年のクリスマス・プレゼント

トラファルガー・ロー

トラファルガー・ロー

キターーーー、フィギュアーツZEROの『トラファルガー・ロー』ドレスローザ編。

ここに来てフィギュアアーツZEROのクオリティが完成の域に達しました。お値段を言うといやらしいのですが、3kをきってコレはパーフェクト。サイズ感(150㎜)も申し分なし。

鬼哭を抜刀する瞬間のシーンを再現していますが、カッコ良すぎです。

 

トラファルガー・ロー

DEATHの刺青。

 

トラファルガー・ロー

トラファルガー・ロー

コラソンの刻印が泣けます。

 

トラファルガー・ロー

帽子無しVer、カッケェーーーー。

『恨みじゃねェ…おれはあの人の本懐を遂げる為、今日まで生きてきたんだよ!!!』

ドレスローザ編も全面対決に突入している本編ですが、ローとドフラミンゴの因縁や如何に?。早く続きが読みてェーー。

皆様、良いクリスマスを。