炬燵を出しました

fk-1 kotatsu

fk-1 kotatsu

めっきり寒い今日この頃ですが、我が家もようやく『おこた』をセッティングしました。

 

fk-1 kotatsu

アクタスの『fk-1 kotatsu』。

昨年ゲットした、丸くて可愛いらしい炬燵。今年も大活躍してくれそうです。この週末は大寒波がやって来るみたいですが、これで問題なくなりました。

『おこた』・・・最高。

広告

なんとか首位通過

インモービレ

クロップ

2014-2015・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループD最終節、ドルトムントVSアンデルレヒト@ジグナル・イドゥナ・パルク。

『チーロは真のフォワードだ。彼は前半にも大きなチャンスが1、2回あった。それを決められなくても、彼は下を向かない。常にゴールを脅かす存在としてプレーを続ける。ボールが回ってこないと、多少下がりすぎて、前線での受け手でなくなることもある。でも、彼がファイターであることは疑いない。良い形で成長しているよ』

前半早々のカガワくんのパス受けての1発を決めていればね。58分にネットを揺らし結果は残しましたが・・・。1点じゃやはり何が起るか分かりません。終了間際に簡単にネットを揺らされ1-1でゲームを終えました。

毎度のことながら、結構あった決定機を逃し続けるとこうなります。

 

ムヒタリャン

逃し続けた(6本のシュートを放った)一人、ムヒタリャン。リーガでもチャンピオンズでも変わりません。

そして、カガワくんのことが好きじゃないのかなぁ。折り返して欲しいなぁってとこがあったんだけど・・・。縦への推進力はあるんだけど、カガワくんとは相性が悪いですかね。

『彼は非常にたくさんの仕事をこなし、今日も素晴らしいプレーを見せてくれた。かなり良い好機を逃しており、だから彼をサポートし続けなければいけない。彼はゴールを狙える状況を自らつくり 続けている。良い調子なら、彼は我々にとって非常に重要な選手だよ』

ケチャップの口が開けば圧倒的な感じになるのだけれど・・・。我慢かなぁ。

 

カガワくん

問題のカガワくん。

力み過ぎじゃ?。チャンスは2、3度有ったけれど・・・。焦ってもいるかな(泣)。ボールが持てず下がってきて、インモービレも同じことをしてしまい前半はバランスを欠いてしまいました。

悪循環。

『やっぱり、目に見える結果が欲しい。何事も信頼を得るには、結果を奪いとること。やはり、『自分で切り開く』しかないですし。チロ(インモービレ)が今日は点を獲ったようにね』

『あまり試合に絡めていないのに、彼は結果を出しました。彼の貪欲さというのをすごく感じた試合ですし、それは自分にも必要です』

ドイツ紙では最低の評価(妥当かなぁ)もあって、苦しい状況は続きます。

『こんなに厳しい状況になるとはちょっと想像していなかった。ただ、それはホントに試されているものですし。ここで投げ出したら、僕は下まで落ちる一方やと思っているんで。ここで、しっかりと結果を残していけるように頑張りたいです』

『簡単に結果が出る世界ではないですし。1試合良ければいいというわけではない。今の自分に言えることは、毎試合全力で戦った中で、結果を残していく作業をするだけ』

『ミスをしてもミスをしても、前に進む力、前を目指す力というのが何よりも自分にとっては大事ですから。そこを、折れずにやっていきたいと思います』

1月はアジアカップでドルトムントでの出場が叶わないカガワくん。ホント苦しい。

 

ドルトムント

なんとかグループ・ステージを首位で突破したシュバルツゲルベン。ヌリ・シャヒンも戻ってきて、あとはロイスを待つのみですが、ゲーゲン・プレスが失われてしまったのが気になりまが、相手によっては復活するでしょうかね。

これからは怪我人を出さずに新しい年を迎えてもらいたいものです。