アグエロが繋いだ望み、結実

ナスリ

ナスリ

2014-2015・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループE最終節、ローマVSマンチェスター・シティVS@スタディオ・オリンピコ。

バルサとパリの後にこの決戦を連続で視聴しました。

ナスリ、ごめんなさい。いつも悪口ばっか言って・・・。凄いミドル(マジっか!!でした)を捩じ込みましたね。仕上げにサバレタにクールにアシストして1G1Aの大活躍でした。前節のミュンヘン戦で、アグエロがハットトリックしグループリーグ突破の望みが繋がっていましたが、見事にローマを0-2で下しネクスト・ラウンドへ進みました。

4節までで勝ち点が2だったのに、ローマの失態もありましたが数シーズン前までの駄目な感じを払拭する突破は経験を積んだからでしょうかね。

『僕は昨シーズン、トロフィーを獲得したキャピタル・ワン・カップの決勝でゴールを決めた。そして、リーグ最終節のウェスト・ハム戦でもゴールを決めた。でも、これは本当に重要だった。僕たちのヨーロッパにおける野心のためにも、世界に僕たちがビッグチームであることを示すためにもね』

『素晴らしいゴールだったね。ドレッシングルームで確認したよ。もっとたくさん試みないといけないね』

と語ったサミ・ナスリ。自分で言うところに草。

 

ペジェグリーニ

『難しい状況を乗り越えるのは好きだ。僕たちは、自分たちのクオリティーを常に信じている。そして、ここ数週間で僕たちはベストを取り戻した。チームであることを証明したね。コンパニ、ヤヤ・トゥーレ、セルヒオ・アグエロがチームにいなければ、ほかのどのチームにとっても厳しいことだろう。でも、僕たちはそれに対処できるところを示した』

怪我人や出場停止で苦しい台所事情でしたが、何とか2シーズン連続でネクスト・ラウンド進出です。

『いない選手のことで不満は言いたくないと言ったはずだ。コンパニ、シルバ、アグエロ、トゥーレがいない中で戦うのは難しい。このチームは、メディアがいつも言う以上に信用されるに値すると思う。アグエロ抜きでラウンドを突破したのだからね。プレミアリーグでやっているのと同じように、欧州の舞台でも良いプレーをしたんだ』

『我々は2つの異なるコンペティションを戦っている。今は、CLは終わりだ。ラウンドを突破した。2月になったらまた考え始める』

『今はプレミアリーグのことを考えなければいけない。チェルシーとは勝ち点3差だ。12月はあと4試合戦わなければいけない』

と語ったボケて写っているペジェグリーニ(笑)。クリスマス休暇がないプレミアは、ここからハードでタフです。首位チェルシーとは勝ち点3差。取り零しをしなければプレミア連覇も夢ではありません。

やっぱり地力あるんだなぁ。

 

マン・シティサポ

ローマまで駆け付けたサポーターも大満足。

僕にとっても、2試合連続で仕事前に観たかいがあった木曜の朝は、とても幸せな朝となりました。

ありがとう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中