トリデンテ揃い踏み

メッシ

メッシ

ネイマール

ネイマール

スアレス

2014-2015・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループF最終節、バルセロナVSパリ・サンジェルマン@カンプ・ノウ。

ようやく揃い踏みでしたね。ライブ視聴したかいがありました。アウヴェスが出場停止で、ルイス・エンリケは3バック(バルトラ、ピケ、マテュー)を採用しましたが、コレは全くギクシャクしていました。アンカーにマスチェラーノで守備を意識していたのも有ったと思いますが、ブスケツとイニエスタがまだ本調子でないってのもあってか、パスが上手く回らずって感じで、右サイドで先発したペドロが孤立していました。メッシがトップ下のような布陣(今シーズンはコレを結構試しています)も、メッシはやはり前線3枚の真ん中がベストかなぁ。

 

ズラタン

ズラタン

15分に本調子ではないズラタン・イブラヒモビッチに簡単にネットを揺らされ、駄目かなぁと思いましたが、19分に即メッシがスアレスの折り返しを沈めて生き返りました。

チアゴ・シウバとダビド・ルイスにしては緩かったでしょうか。

 

ネイマール

そして、前半終了間際のネイマールの美しいゴラッソが炸裂。このゴールまでほとんどスペースが無く、いつものようにノッキングを繰り返していましたが、この時だけは前が綺麗に空いてました。決め切るスキルは流石ですね。

前半を2-1で折り返すことが出来て、首位通過が見えてきました。

 

スアレス

後半はゆっくり入り膠着状態が続きましたが、シャビが入って状況が変わりましたかね。

77分にネイマールのシュートの溢れ球をスアレスが押し込んで勝負が決まりました。すぐ隣にメッシが居たんですけど、なんか譲った感じが良かったです。

 

メッシ&スアレス

これを機にリーガでも上昇して行って欲しい。

 

トリデンテ

シャビが居なくてパスが上手く回りませんでしたが、トリデンテ+ペドロの布陣は面白いかも。

『首位通過はとても重要だった。僕たちはそれを目標としていたんだ。首位での突破は、僕たちに自信を与えてくれる』

『プレーが見透かされないように、選択肢の一つとして常に扱っているものだ。ルイスは今日の試合で最良の選択と考えたが、上手くいったね』

『右サイドに位置した自身の役割については)攻撃の選手を助けるために、ボールを保持した際にサイドに開くことだった。だけど何より、守備面でチームを助ける必要があった』

と語ってくれたペドロ。

1月に移籍しないように願いますね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中