これはライブで観たかった(泣)

ラムジー

ラムジー

2014-2015・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループD最終節、ガラタサライVSアーセナル@トルコ・テレコム・アレーナ。

『僕の2点目は、間違いなく自分のベストゴールだ』

29分のラムジーの1発は個人的ベストゴールにノミネート確定の凄い1発でした。

ライブ視聴したかったぁ〜(泣)。コーナーキックが溢れてきたところをエリア外から左脚一閃。凄い弾道でゴール左上に吸い込まれていきました。

ゲーム自体はガラタサライのやる気の無さと、ポドルスキーが2発(ポドルスキーのゴールっていつもゴール上に突き刺さるなぁ)と件のラムジーが2発沈め1-4でガナーズが圧勝しました。

 

アーセナル

先月のプレミアリーグ第13節のウエストブロム戦で掲げられた『アーセン、思い出をありがとう。でもサヨナラを言うときだ』フラッグが強烈だったガナーズサポはこの勝利では絶対満足しないだろうけど、ラムジーの一発は素晴らかったの一言です。

 

ヴェンゲル

『2位で終えたことについて、少し不満はある。だが、ハーフタイムの時点で、失点せずに6ゴールを挙げなければいけないことは分かっていた』

『全体的には4試合に勝って、1つのドローがあった。ホームでのアンデルレヒト戦だから、そこは悔やむことができる』

『一部の大きなチームがベスト16にはいる。どこと当たるかは待ってみないとね』

と語ったプロフェッサー・ヴェンゲル。

評論家みたいで好きになれないんだよなぁ〜。

以前に、『我々は、1試合ごとにではなく、シーズンが終わったときにジャッジされたいと思っている。だから、守備の安定を取り戻して、シーズンが終わったときに自分たちがどこにいるかを見てみよう』とも言いましたが、個人的にはサポーター同様、潮時かなと思いますが、ネクスト・ラウンドではどうなるでしょうか

次は2月。ノックアウト・ラウンドが待ち遠しいですね。