“results of the draw 2014-2015”

組み合せ

組み合せ

リマッチがマストなの?。

決まりましたね、ノックアウト・ラウンドの組み合せ。贔屓のバルサはまたマン・シティと。昨シーズンは2戦合計4-1で下しましたが、今回はどうなるでしょうかね。

『厳しい相手だよ。対戦する可能性があった中で、最も厳しい相手の一つだ。彼らのことをしっかり分析しなければいけないね。だが、試合は2月のことだ。それまでに変わっているかもしれない。様子を見よう。拮抗した試合になることは確かだろうね。我々同様にシティは優勝候補の一つだ。彼らは素晴らしく強くなっている』

『アグエロ?。彼はトップ10の一人だろう。だが、リオネル・メッシがトップだよ。ペジェグリーニ監督はハイレベルな指揮官だ。これまでにもそれを示してきた。セカンドレグがホームというのは、小さなアドバンテージだが、決定的なものではない。私は常にポジティブに考えるんだ。次のラウンドに進めると信じている』

と述べたルイス・エンリケ。なんだかなぁ〜。

『チャンピオンズのノックアウト・ラウンドが待ち切れない。友人の“クン”と戦うなんて、とても美しいね。FIFA(TVゲーム)ではいつも僕が勝っているが、ピッチでどうなるか見てみようじゃないか(笑)』

メッシの冗談は珍しいですかね。兎に角、美しく勝つ。それのみです。

一方のドルトムントはユベントスとなりました。

『過去数年は何度か同じ相手と当たったが、ユーヴェとの前の対戦は、我々がまだこのクラブにいなかった頃のことだ。当時はドルトムントにとって歴史的な試合だったから、美しいカードだと思う』

『当然、非常に大きな挑戦だ。彼らはイタリアで一番のトップチームだからね。豊富な経験を持ち、ものすごくクレバーだ。次のラウンドの進むため、我々はすべてを注ぎ込まなければいけない。だけど、絶対に勝てない相手ではない。抽選会で当たる可能性があった中で、一番簡単な相手ではないが、もっと難しい相手も考えられた』

至極ごもっとも。

『今の状況で、その試合に目を向けるのは非常に難しい。今は抽選結果について話したが、気持ち的には2月よりもっと遠く先にある未来と感じている』

2月には安定して、恐ろしいゲーゲンプレスを披露してくれることを願います。

 

マドリー

マドリーもまたシャルケでチェルシーはクォーター・ファイナルで当たったパリとのリマッチ。

リベンジを果たすチームは現れるかな。日程は以下。

2月17日(火):3月11日(水)
PSG vs チェルシー
シャフタール vs バイエルン
2月18日(水):3月10日(火)
シャルケ vs レアル・マドリー
バーゼル vs ポルト
2月24日(火):3月18日(水)
マンチェスター・シティ vs バルセロナ
ユベントス vs ドルトムント
2月25日(水):3月17日(火)
レバークーゼン vs アトレチコ
アーセナル vs モナコ

2月が待ち遠しい。

広告