2強譲らず

ジエゴ・コスタ

チェルシー

2014-2015・プレミアリーグ第18節、チェルシーVSウエスト・ハム@スタンフォード・ブリッジ。

 

マン・シティ

マン・シティ

2014-2015・プレミアリーグ第18節、ウエスト・ブロムウィッチVSマン・シティ@ホーソンズ。

プレミアは偉大ですね。

各国リーグ戦がクリスマス・ヴァケーションの中、ボクシングデーも休まずゲーム。それどころか中1日でまたゲームでそれから元日もまたゲーム。

尊敬しています。

チェルシーからマン・シティのゲームを連続視聴しましたが、2強とも抜け目なく2-0(テリーとコスタのゴール)、1-3(フェルナンド・ヤヤ(PK)・シルヴァのゴール)でモノにしました。

コスタの秀逸な切り返しからのゴールとシルヴァの右45°からの股抜きゴールが美しかったですね

 

モウリーニョ

因縁のアラダイス親分とモウのオヤジ(笑)。

『我々はこの結果に値した。非常に難しい相手との好ゲームだった。我々は良いスタートを切った。もっと早く先制することもできただろう。ゴールを奪ったとき、我々は試合をコントロールしていたね』

『相手は後半にリアクションした。だが、2点目を奪い、すて順調だった。我々のプレーにとても満足している。非常に難しい守備をする相手に対して、それを抉じ開けるのに十分な創造性があった。守備ではストークのような直接的な攻撃を抑え、アンディ・キャロルをうまくコントロールした』

と語ったモウのオヤジ。アラダイス親分の皮肉を聞けなかったのは残念ですが、チェルシーは確かにボールを持って、ゴールを抉じ開けました。

一方のペジェグリーニは、

『非常に重要な勝利だ。ボクシングデーの試合は簡単じゃないからね。こうやって今週の3試合を始めることは大事なことだった。我々は連勝を目指しているが、チェルシーのことは考えていない』

『まだ20試合が残っているんだ。シーズン後半戦でどちらのチームがよりうまくやるかを見ていこう。私は、タイトルレースにいるのは2チームだけではないと思っている』

と語りました。

怪我人を多く抱えているマン・シティがより厳しいけれど、シーズン終盤までマッチレースを期待したいものです。

 

クラッテンバーグ

ウエスト・ブロムとマン・シティのゲームを裁いたクラッテンバーグさん。前半の雨から後半の雪、一番大変だったですかね。

ご苦労様でした。

広告

『THE LAST』-NARUTO THE MOVIE-を観てキタ

ナルト

ヒナタ、良かったねぇ(しみじみ)。

映画はというと、エンドロールのナルトとヒナタの結婚式でのイラストは良かったけど・・・。一緒に観に行った『サスケェー命』の姪っ子さんも、ゲキオコ。

夏にはボルトで新作!?。

もう、ぜってェーーー観に行かないってばよ。

おしまい。