世界基準の決定力

ネイマール

ネイマール

ネイマール&メッシ

を朝5時から観ることが叶い、ライブ視聴したかいがありました。

2014-2015・コパ・デル・レイ・クォーターファイナル・セカンドレグ、アトレティコ・マドリードVSバルセロナ@ビセンテ・カルデロン。

ゲームは、(ファーストレグを1-0でモノにしていた贔屓のバルサでしたが)開始早々のトーレスの一撃でアドヴァンテージが無くなる面白い展開となりました。

 

トーレス

トーレス

1分。

マスチェラーノの何気ないクリアボールを拾われ、そのボールが前線のトーレスへ渡り、(マドリード・ダービーのように数十秒で)トーレスはマスチェラーノを難なく躱して右脚を振り抜きネットを揺らしました。

う〜む・・・。

バルサはフワっとしてましたね。これで目を覚ましてくれればいいのですが、このゲームはボールを繋ぐいつもの感じが見受けられません。最終ラインからロングボールをポンポンと蹴っていました。

圧力を掛けてくるであろう(実際、前から当たってきましたが)アトレティコのプレスをそれで躱すルイス・エンリケの指示だったのかなぁ?。

なかなかボールを繋げないバルサでしたが、それでも9分に、前掛かりのアトレティコのおかげで出来たスペースを突くことに成功しました。

自陣でボールを持ったメッシが溜めて、右前に走ってきたスアレスにボールを出して、スアレスがトラップと同時に前を向いて、左から中央へダイアゴナルに追い付いてきたネイマールに秀逸なパスを出し、広大なスペースをスピードを落とさずにドリブルで前進したネイマールが、クールにキーパーの右を抜いて(冒頭の画像)1-1の振り出しに戻しました。

トーレスもそうでしたが、ネイマール・・・素晴らしい決定力でした。

詮無い事ですが、日本代表ではこうはいかないでしょう(泣)。

 

マスチェラーノ

10分も経たないうちに2発が飛び出し、これで勝ち抜けるにはあと2点が必要になったアトレティコ。もちろん圧力を掛けて仕掛けてきました。30分、右サイドでフアンフランがマスチェラーノからペナルティを捥ぎ取り(厳密にいえば、ファウルはエリアの外でしたが)2-1とし、ゲームはカオスへと突入していきました。

マスチェラーノは『not his day』でしたかね。

 

バルサ

前半はこれで終わらず、38分。バルサには珍しくコーナーキックから、ブスケツがフリーでヘッド。ボールは枠へは飛んでませんでしたが、ミランダが焦ってオウンゴールとなり2-2に。バルサにとってはラッキー過ぎるゴールでした。

 

アルバ

ネイマール

オウンゴールの3分後の41分。

疑惑のアルバのハンドから、光速カウンターを見舞ったバルサ。メッシが右サイドで溜めてアルバに浮きパスを通すと、自陣から猛然と駆け上がってきたアルバがスライディングしながら中央へ折り返し、中央にいたネイマールが難なくトラップでキーパーを躱してネットを揺らし、ゲームを締めました。

 

アルバ

アルバ・・・完璧なハンドでしたね(泣)。

バルサにとってはラッキーでしたが、マスチェラーノのペナルティをチャラにするようなジャッジは如何なものかと思います。主審のレヴェルが低かったゲームでもありました(カード出まくりでゲームをコントロール出来てませんでしたもんね)。

このあとの残り45分は何も起らずゲームは流れ、3-2で勝利したバルサは(2戦合計4-2で勝利)、セミ・ファイナルへとコマを進めました。

勝ち抜けることが出来て良かった良かった。

 

ネイマール

今シーズンのバルサでの公式戦20・21ゴール目を上げたネイマール。確実にフィットしていて、あと上にはメッシがいるのみです。

このまま世界トップの決定力でバルサに貢献してもらいたいものですね。週末の難敵ビジャレアル@カンプ・ノウも頼りにしています。

広告

これからの日本代表

カガワくん

どうしたらイイのかな。

色々な意見を見たり、後輩と飲みながら語っても、アジアカップでの早過ぎるゴーホームの痛手はなかなか消えないものですね。

「自分たちのサッカー」が出来ず惨敗したブラジル・ワールドカップ。「自分たちのサッカー」をこれでもかとやり切っても負けたアジア・カップ。

Goal.comにUAE戦のスタッツが、『(日本の)ポゼッション率68.1%、シュート数35対3、オープンプレーでのクロス42対3、コーナーキック18対0、パス数(パス成功率)799(90.1%)対396(70.7%)、Duels(50%対50%の可能性でボールを奪える状況)の勝率54.5%対45.5%と負けた理由を探すことが困難なデータを残し、オーストラリアを後にすることになった』と出てましたが、この数字でも負けることがあるのがフットボールだと改めて思い知らされました。

敗因は、(フワりとゲームに入って)失点したことに尽きますが、僕個人としては、

①決定機を逃し続けるプアなスキル。

②固定化されたメンバーによる弊害(蓄積された疲労とエースに頼りきれない現状)。

③ペナルティキック戦を想定していなかった(と思われる)準備不足。

の3点が日本代表の早過ぎる敗退に繋がったと思っています。

①は、これはもうどうしようもないです。(宇佐美くん待望論なんかも出ていますが)突然変異のようなスーパーなプレイヤーが現れることを待っていても(昔も今もこれからも現れないでしょう)虚しいだけです。②と③は、(アギーレは続投するようですが)監督しだいです。

とくに、今後はメンバーが大きく変わると思いますが、キーパーからフォワードまで、新しいプレイヤーでスタートすることを、新しい日本代表を見てみたいと、新しい日本代表で行くしかないと思います。

海外厨の僕ですが、海を渡ったプレイヤーの招集も、コンスタントにプレイし活躍しているヤツに限ることだろうと思います。

昨年のホンジュラス戦@豊田スタジアムの後に、『結論はアジアカップで』と書きました。

ボールを持つやり方、守備的布陣からのカウンター、どちらでもかまいません。新しいメンツで、インテンシティ溢れる代表となるべく生まれ変わらなければなりません。そこにカガワくんの席がなくても(遠藤くんも、あるいは本田くんや長友くんも)、新しい監督の元で、新しい日本代表で、新しい“何”かを目指さなければ駄目でしょう。

またワールドカップに向けた予選が始まり、ロシア本大会はあっという間にやって来るでしょう。

本大会で勝ち上がるために、今から新しいことを始めるしかないと思います。新しいことを始めても勝ち上がれないかもしれませんが、このままでも同じことの繰り返しです。20年という月日を費やし、また振り出しに戻りました。

次の代表がどうなっても、僕は新しい“何”かを見たいと思います。

ピケ、バルサを助ける

ピケ

こんな日もあるんだね(笑)。

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第20節、エルチェVSバルセロナ@マヌエル・マルティネス・バレーロ。

この日のゲームは日本時間午前2時キックオフ。この前にマドリーがコルドバに辛勝(1-1のドローで終わりそうだったけど、コルドバの不用意すぎるエリア内でのハンド、何故フリーキックの壁のヤツが手を上げてハンドするのかなぁ)し、絶対負けられない一戦でしたが、立ち上がりからインテンシティが足りずダラダラ、グダグダ。前半はこのままかなと思っていた矢先に、フリーキックをシャビが素早くリスタートして、エリア内左に居たピケにロビングを供給。ピケが上手く胸トラップし、ディフェンダーの間を抜いて先制に成功しました。

これで何とか一息付けましたね。前半0-0だったなら危なかったかもしれません。

 

メッシ

そして、後半早々の55分に、エリア内で仕掛けたネイマールがペナルティを得て、メッシが余裕でネットを揺らし勝負ありとなりました。

ラッキーでした。そして、この後はネイマール・ショウ。

 

ネイマール

ネイマール

ネイマール

69分。メッシのスルーパスに抜け出し、71分にはメッシとワンツーのダイレクト・プレイ(メッシの浮きパスが秀逸過ぎました)から連続ゴールを決めて、フィエスタとなりました。

『世界最高のそばでプレーすることは、とても簡単だ。自分のアイドルと一緒にいられることは誇りだ』

『エルチェは力強く試合に入った。彼らのホームでは素晴らしいチームだね。だけど、勝利を手にしたのは僕たちだった。首位レアル・マドリーとの勝ち点差?、そのテーマは今後のためにとっておこう』

 

メッシ&ネイマール

バルサ

楽しそうにプレイするネイマールを観ていると、こちらまで楽しくなってきます。

ラテンのノリはやっぱり好きですね。ゲーム自体は終了間際にメッシ(バルトラのスルーパスをクールにディフェンダーの股を抜いた)とペドロ(カウンターからのネイマールのアシスト)がネットを揺らし、結果0-6で完勝でした。しかし、エルチェを舐めていたとまでは言いませんが、緩い前半には苦言を呈したいと思います。よって以下のルイス・エンリケのコメントには賛成できません。

『今日の試合は、このチームがどのような存在になれるかを示した。チームは確実な形で強くなっている』

『ピッチ状態は完璧ではなく、エルチェは良い守備を見せていた。先制点を決めた後に、より試合をコントロールすることができたね。チームのプレーの姿勢、90分間続いたその献身性に満足しているよ』

ここは、

『前半のパフォーマンスは少しインテンシティが足りなかった。我々の目標は、マドリーを追い越しリーガを制することだ。そのためにはどのゲームにも勝利しなければならないが、難しい試合ながらもそれが達成できた点についてはある程度満足できる』

って感じでコメントしてもらいたいものです。

アンチェロッティの『重要なのは勝ち点3の獲得』がまぁ正解でしょう。

そして次は、ミッドウィークのコパ・セカンドレグ@カルデロン。この日お休みのスアレスの覚醒を願い、パルティード・ア・パルティード。

カガワくんは復活できるだろうか

カガワくん

決めるべきときに決めないと。

ただそれだけ・・・。最後のペナルティを外し、もう駄目なんじゃないかと泣きたくなった。

2015・アジアカップ・クォーターファイナル、日本 VS  UAE@シドニー。

ゲームは前半に不用意(川島くん、何とか触れなかったかなぁ)に失点し、後半終了間際に本田くんの落としたボールを柴崎くんがダイレクトで美しくゴール左隅に蹴り込み、何とか何とか追いついた。数多くあった決定機を決め切れない、あと一人詰め切れない、で逃し続けた結果、ペナルティキック合戦を4-5(川島くん、最後のヤツは止めないと)で落とし、まさかの敗戦となった。

『責任を感じるし、申し訳ない。試合の中でもチャンスがあったし、PKもそうだし、申し訳ない』

『負けたのですごく悔しいし、自分が決めていれば勝てたシーンもあった。すべて申し訳ない』

『決める自信はあった。でも決められなかったのは自分の実力。決めなかったという事実だけ。それを受け止めてやるしかない』

『こんなところで終わるつもりはなかった。でも、負けてしまったら取り返しは付かない。今は悔いしか残らないけど、必ず意味があると思う。若い選手が点を取って、いい雰囲気だったのに、自分が外して負けたのは悔しいし、申し訳ない。でも、時間は返ってこないし、今はしっかりと切り替えていくしかない』

大き過ぎるツケを払うこととなった日本。スタッツ上も内容も勝っていたと思うが何の意味もない。

本田くんのコメントが全てだ。

『中2日でも我々のほうがいいサッカーをしていたのは間違いないし、勝負を決する場面もいくつかあった。それができずに、PKまで行って負けてしまったのは、何かしら自分たちに責任があると受け止めざるを得ない。一番悔いが残るのは、追加点を取ってPKまでに試合を決することができなかったこと』

『最後、シュートを打つ選手が枠内に入れていれば入ったという場面もあった。それをつくれていないなら、手詰まりということになるけど、手詰まってはいない。決定力の無さというところ』

『前回は挑戦者として何とか優勝した。優勝するんじゃないかと前回以上に期待されている中で臨んだ今度の大会では、プレッシャーというものに結局、打ち勝つことができなかった。我々が未熟だったので、期待に応えることができなかった』

『前回は優勝して、今回は優勝できなかったから、前回が上回っているかというと、結果ではそうだけど、いろんなものを見たらそうじゃない』

『前回もよく優勝できたなという形で優勝した。クオリティー、チームの完成度という点では、サッカーの戦い方においては、今回の大会のほうが高かった。でも、それと勝負を制するのはまた別だということを痛感させられた』

『勝つには、クオリティー以外のものがたくさんある。それはボールを扱う以外の部分。ボールを扱う部分では相手をまさっていたのに試合に勝てないということは、間違いなくそこが欠点。経験とか、厳しい勝負に慣れていないとか。勝たないといけないプレッシャーの中で勝てないのは、そういう精神力を持ち合わせていなかったからだと感じている』

まさか最後に本田くんとカガワくんがペナルティを外して(止められた訳ではない)負けるなんて・・・。これもフットボールだが、カガワくんがとても心配だ(外しすぎて・・・)。

 

日本

これが、今も昔も変わらない日本の現在地。

ただ、ただ悲しいだけだ。

“deloitte report” 2013-2014

毎年恒例のビッグクラブの収入ランキングが今年も発表されました。個人的興味からまたまた備忘録です。前回からはミランが圏外(12位)に去って、リヴァプールがカムバック(12位→9位)。贔屓のドルトムントはチャンピオンズで安定した成績を残すも前回同様11位(2億6,150万ユーロ)でした。その他、圏外ではスパーズが22%の収入増加で13位(2億1,580万ユーロ)にランクイン。トップ10入りを目指すなら悲願のチャンピオンズ出場がマストですかね。

では以下、キープレイヤーと共に。

 

【第10位】ユヴェントス(セリエA):2億7,940万ユーロ。

ポグバ

前回の9位(2億7,240万ユーロ)から微増も10位に後退した黒の貴婦人。カルチョの国ではトップもヨーロッパでも躍進したいところ。ドルトムントとのノックアウト・ラウンドは見物です。

 

【第9位】リヴァプール(プレミアリーグ):3億0,590万ユーロ。

ジェラード

圏外(12位:2億4,060万ユーロ)から大幅増でトップ10に返り咲いたレッズ。しかし、ついにジェラードは戴冠することなく今シーズンでプレミアを去ることとなりました(泣)。

寂しいですね。昨シーズンの、まさかのスリップからの失点ゲームが忘れられません。

 

【第8位】アーセナル(プレミアリーグ):3億5,930万ユーロ。

サンチェス

前回同様の順位をキープしたガナーズ。昨シーズンはFAカップを制し、収入は大幅増(2億8,430万ユーロから)となりました。しかし、今シーズンもプレミア制覇は難しく、代わり映えしないのが如何とも・・・。何とかチャンピオンズで躍進を果たし、サポーターに報いたいところですかね。

 

【第7位】チェルシー(プレミアリーグ):3億8,790万ユーロ。

アザール

こちらも前回と順位は変わらずも25%増(3億0,340万ユーロから)の収入を得たチェルシー。

プレミアでは快調に首位をキープし、ハッピー・ワン帰還から2年目の今シーズンは、まさに飛躍のシーズンとなる予感。チャンピオンズで(2シーズン連続で対戦する)パリとのリマッチも注目です。

 

【第6位】マンチェスター・シティ(プレミアリーグ):4億1,440万ユーロ。

アグエロ

またまた前回同様ですがおよそ1億ユーロも収入を増した(3億1,620万ユーロからの大幅増)マン・シティ。

プレミアではここ2節の取り零しで2位ですが、まだまだ連覇が可能な位置に付けています。そして、チャンピオンズでまたまたバルサとの決戦が決まり、(個人的には勘弁して欲しいですが)そろそろ勝ち上がりたいところ。アグエロが爆発するしかないかなぁ?。

 

【第5位】パリ・サンジェルマン(リーグアン):4億7,420万ユーロ。

イブラヒモビッチ

2シーズン連続で5位をキープした異色の傭兵軍団。収入も着実に増加させ、チャンピオンズでもそろそろネクストステージへ進みたい。かつてのボスに恩返しを果たすか?ズラタン王。いつまでパリに居るか分かりませんし、ラストチャンスかもしれませんね。

 

【第4位】バルセロナ(リーガ・エスパニョーラ):4億8,460万ユーロ。

メッシ

5年間維持した2位からとうとう陥落した愛しのバルサ。昨シーズンは無冠で、(前回は4億8,260万ユーロ)栄華を極めたバルサ王朝も崩壊しました。あの煌びやかだったパス・フットボールは、トリデンテの“個”にモデルチェンジし復権となるでしょうか?。

『神』メッシが楽しく、やる気に満ち溢れていればまたビッグイヤーを戴冠出来ると思うのだけれど・・・。最初のハードルは再びマン・シティ。刮目です。

 

【第3位】バイエルン・ミュンヘン(ブンデスリーガ):4億8,750万ユーロ。

ロッベン

クラブ史上最高収入を記録するも順位は3位のままのミュンヘン。『賢人』ペップ・グアルディオラ2シーズン目もブンデスでは無双です。それ故に、マイスターシャーレより2シーズンぶりにベルリンでのビッグイヤー戴冠がクラブに課せられた重要過ぎるミッションでしょうか。ハイブリッド・パス・フットボールの極致は、マドリーを上回るのか。

楽しみです。そして、なんと2位はあの・・・(笑)。

 

【第2位】マンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ):5億1,800万ユーロ。

ルーニー

モイーズ・・・(笑)。

前回より24%増の収入を得た赤い悪魔。7位に沈んだ『チョーズン・ワン』の蹉跌。トップ10で唯一チャンピオンズに出ていないマン・ユナイテッドは、ただ今ファン・ハール体制で復活を試行錯誤中。チャンピオンズ復帰が現実的な目標は寂しい限りですが、憎たらしいまでに勝ち切っていたファーガソン時代に戻れるか?。

それにしても、人気があるんですね。

 

【第1位】レアル・マドリード(リーガ・エスパニョーラ):5億4,950万ユーロ。

ロナウド

10年連続での1位の『白い巨人』。

デシマ達成で前回の5億1,890万ユーロから着実に収入を増やし、今シーズンも大本命です。絶好調過ぎるCR7はメッシが持つリーガのゴール記録(50ゴール)を破ることでょう。

チャンピオンズ連覇を果たすと(果たさなくても)11年連続の1位は確実ですね。

個人的にはミュンヘンとのビッグマッチをセミ・ファイナルあたりで観たいと夢想しております。

以上、備忘録でした~。

先勝

メッシ

メッシ

メッシ

2014-2015・コパ・デル・レイ・クォーターファイナル・ファーストレグ、バルセロナVSアトレティコ・マドリード@カンプ・ノウ。

何とか85分、メッシがブスケツが得たペナルティ(正面の蹴ったボールは一度弾かれましたが)からの溢れ球を沈め1-0で勝利。直前のリーガでは圧勝(3-1)しましたが、流石はシメオネ・アトレティというべきか、前から効果的なプレッシャーを掛けてきて違いを見せてきましたね。それでもバルサも落ち着いてボールを運び、前半はネイマールとスアレスにビッグチャンスがありました。

 

ネイマール

ネイマール

開始早々のビッグチャンス。

ファインセーブに阻まれましたが、引き続きイイ感じでした。メッシを起点にアタッキングサードに人数を掛けて、35分にはスアレスに決定機が訪れました。

 

スアレス

右サイドでのパス交換からラキティッチのダイレクトの浮きパスを受けたスアレス。どフリーでしたが、枠を大きく外す失態。このチャンスは決めないと駄目です。

 

スアレス

スアレス

このゲームでは全くイイところがなかったスアレス。危うくドローの戦犯となってしまうところでした。削られてフラストレーションが溜まりまくっていましたが、もう少しクールにプレイして欲しい。

 

メッシ

メッシ

危なかったァ(笑)。

一度止められましたが、ディフレクトしたボールをゴールに蹴り込んだメッシ。何とかホームで先勝し、要塞カルデロンへ乗り込みます。

全体としては守備の集中力が高く、危ないシーンは一度だけで、それもピケが素晴らしい対応を見せてのクリーンシート。このまま前からのディフェンスを継続していけばあまり負けるシーンはないと思います。メッシもよくディフェンスしていました。

そして、セカンドレグ。要塞カルデロンでもゴールを上げて、ネクストラウンドへ進むのみです。

 

バルサ

vamos!Barça!!

今夜、すべてのバーで

スポーツバー

やっとカガワくんのゴールが観れて、(スポーツ)バーで大騒ぎ、楽しい夜を満喫してきました(笑)、ヒッ・・・。

2015・アジアカップ・グループD第3節、日本VSヨルダン@レクタンギュラー・スタジアム、メルボルン。

 

カガワくん

カガワくん

その時は後半82分に訪れました。

清武くんのパスを受けた武藤くんが、左サイドを突破しマイナスのグラウンダーのクロスを中央へ。エリア内ど真ん中に走り込んできたカガワくんが、インステップで(置きにいったと思いますが・・・)蹴ったシュートがキーパーを弾いてゴール右隅に転がりました。

ど真ん中に蹴り込んで、ヒヤヒヤしましたが(笑)。執念のゴールは代表9戦ぶり(昨年6月のザンビア戦以来)のゴールとなって、2-0でゲームにも快勝となりました。

『武藤が最後まで見てくれて、すごく良いボールをくれました』

『皆に支えてもらったと思う』

『まだまだ詰めないといけないところはたくさんあるけど、無失点で終われたのはすごい良かった』

『次は負けられない大事な試合があるので、しっかりと切り替えてやっていきたいい。今日悪かったところを反省して、中2日なのでしっかりと体調を整えたい』

ノックアウト・ラウンドは中2日。日程的にかなり苦しいですが、ここからが本番です。勝って、セミファイナルでオーストラリア、そしてファイナルは因縁の日韓戦で盛り上がりたいと思います。

 

カガワくん

頼むゼ。

 

日本

日本

本田くん

こちらは前半24分に先制ゴールを上げた本田くん。

乾くんのスルーパスに抜けだした岡崎くんがエリア内左から放ったシュートを、キーパーが弾いた溢れ球に詰めてゴールにパスをしました。

3戦連続ゴールで調子は上がったきているでしょうか。後半にまたまたポストに当てたシュートがありましたが・・・。

 

本田くん

『次の3試合に行けるか分からないけど、ここまで3試合を危なげなく戦えたことは、4年前とは大きく変わったというか、大きく成長したところだと思う』

連覇以外ない。

おやすみなさい〜/