ルイス・エンリケは救い難いアホなのか

モイーズ&エンリケ

『結果を見る限り(今後はメッシとネイマールをベンチスタートにする)同じ選択をするかどうかは分からないね』

オイオイ、絶対無いでしょ。

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第17節、レアル・ソシエダVSバルセロナ@アノエタ。

開始早々2分にアルバのオウンゴールで失点し、鬼門アノエタで、ラ・レアルが掛けたゴールの鍵を抉じ開けることは叶わなかった。

メッシやネイマールは何故先発しなかったのか。

結果論だが結果がモノを言うフットボールの世界。

『フットボールでは、ドアをこじ開けないと報われない。今日の我々にはそのための運やスキルがなかった。彼らのようにしっかりとうまく守るチームを相手に攻撃を仕掛けるのは難しいんだ』

何言ってんだ(泣)。

『我々は支配していた。前半はチャンスをつくれなかったが、後半はチャンスをつくったよ。フェアな結果ではなかったと思う。我々はもっと良い結果に値したと思うよ。運に恵まれなかった』

その通りだけど、前の時間にマドリーがメスタージャで躓いた好機を活かすことが出来なかったツケは4月に支払うことになるだろう。

 

スアレス

スアレスが決定機で決めていれば問題にならなかったかもしれないが、ルイス・エンリケはトップ・チームを指揮するに値するだろうか。

しかし、スアレス・・・。フリーのヘッドは決めて欲しかった。

 

メッシ&モイーズ

『私も非常に大きなクラブを指揮したが、ビッグクラブでは試合数が多い。こういったチームの場合、ビッグマッチは4月とかシーズンの終盤に訪れるんだ。そのときにビッグネームがフレッシュな状態でいられるように、休ませることが必要となる』

『ルイス・エンリケ監督は正しい決断をしたと思うよ。今日の試合に出た選手たちは本当に良い選手たちだ。彼の立場なら、私も同じことをしたかもしれない』

と語ったフットボール・ジーニアス。モイーズにこう言われたのを見ると頬が赤くなる。

仕事始めの朝にはキツい敗戦を目の当たりにした月曜日。ライブ視聴したかいがないゲームだった。

 

メッシ

メッシ

メッシ

このローテーションが最後に上手くいくことを願うばかりだ。

メッシとネイマールのやる気がなくならないことを・・・。

広告