ニーニョ、アトレティに祝祭をもたらす

トーレス

今日はこの人でしたね、フェルナンド・トーレス。

2014-2015・コパ・デル・レイ・ベスト16・セカンドレグ、マドリード・ダービー@サンティアゴ・ベルナベウ。

開始1分。アトレティコのダイレクト・パスの交換からペペのミス(グリーズマンに寄せて行きましたがすれ違いに躱される)でエリア内で2対1。グリーズマンが右サイドで開いて待っていたトーレスにパスをはたき、トーレスは左脚を振り抜きネットを揺らしました。

 

トーレス

トーレス

トーレス

ファーストレグを2-0でモノにしているアトレティコにとっては値千金のアウェイゴール。

出鼻を挫かれたマドリーは痛過ぎる失点で、ラモスが気迫のヘッドで一度は追い付きましたが、またもや後半早々にこの男がマドリーの息の根を止めました(マドリーはミスが高く付きましたね)。

 

トーレス

トーレス

46分。今度はラモスのパスをカットしたグリーズマンのスルーパスを受けて、キックフェイントでペペを躱しクールにネットを揺らしました(ナバスの足に触れられましたけどね)。

『満足している。僕たちは快適にプレーしながら、相手にチャンスを与えることを避けなければいけなかった。あのように早く得点できたことで、望んでいた展開に持ち込めたね。僕たちはそこまで苦しむことなく、ラウンド突破が危険にさらされることもなかった。ベルナベウでは簡単なことではないよ』

『ここまで来てくれたファンはありがたいし、復帰後の2得点に満足している。それも、一度もゴールを決めたことがないベルナベウでね。今日は素晴らしい日で、喜びをかみしめる日になったよ』

ハットトリックのビッグチャンスもありましたが・・・モタモタしてしまい(笑)。まだ全盛期には及ばないかな。

マドリーの猛攻をロナウドのヘッド1発のみに凌ぎ、ネクストラウンド進出です。マドリーが攻めてアトレティコがなんとか凌ぐ、面白いゲームでした。

まぁ、マドリーにとってこの敗戦は、リーガとチャンピオンズに専念となって、これはこれで良かったのかもしれません。

『(トーレス)彼は移籍して、成長し、今では男になった。彼のことはうれしいよ。こういった試合でこのような答えを見せてくれた。ファンも喜んでいる。疑問を持っていた人たちもいたが、ここまで、我々にとって彼の復帰は良いことだった』とシメオネはコメントしましたが、絵になる男のリーガ帰還は僕個人としても嬉しいかも。繰り返しますが、眠い目を擦りつつ観たゲームでしたが、開始早々に目が覚めて楽しいゲームでした。

クォーター・ファイナルはまたバルサ(このゲームのあとに大勝。僕は結局落ちてしまいましたが・・・苦笑)。少しやっかいですが、また熱いゲームを観たいものですね。

広告