カガワくんは復活できるだろうか

カガワくん

決めるべきときに決めないと。

ただそれだけ・・・。最後のペナルティを外し、もう駄目なんじゃないかと泣きたくなった。

2015・アジアカップ・クォーターファイナル、日本 VS  UAE@シドニー。

ゲームは前半に不用意(川島くん、何とか触れなかったかなぁ)に失点し、後半終了間際に本田くんの落としたボールを柴崎くんがダイレクトで美しくゴール左隅に蹴り込み、何とか何とか追いついた。数多くあった決定機を決め切れない、あと一人詰め切れない、で逃し続けた結果、ペナルティキック合戦を4-5(川島くん、最後のヤツは止めないと)で落とし、まさかの敗戦となった。

『責任を感じるし、申し訳ない。試合の中でもチャンスがあったし、PKもそうだし、申し訳ない』

『負けたのですごく悔しいし、自分が決めていれば勝てたシーンもあった。すべて申し訳ない』

『決める自信はあった。でも決められなかったのは自分の実力。決めなかったという事実だけ。それを受け止めてやるしかない』

『こんなところで終わるつもりはなかった。でも、負けてしまったら取り返しは付かない。今は悔いしか残らないけど、必ず意味があると思う。若い選手が点を取って、いい雰囲気だったのに、自分が外して負けたのは悔しいし、申し訳ない。でも、時間は返ってこないし、今はしっかりと切り替えていくしかない』

大き過ぎるツケを払うこととなった日本。スタッツ上も内容も勝っていたと思うが何の意味もない。

本田くんのコメントが全てだ。

『中2日でも我々のほうがいいサッカーをしていたのは間違いないし、勝負を決する場面もいくつかあった。それができずに、PKまで行って負けてしまったのは、何かしら自分たちに責任があると受け止めざるを得ない。一番悔いが残るのは、追加点を取ってPKまでに試合を決することができなかったこと』

『最後、シュートを打つ選手が枠内に入れていれば入ったという場面もあった。それをつくれていないなら、手詰まりということになるけど、手詰まってはいない。決定力の無さというところ』

『前回は挑戦者として何とか優勝した。優勝するんじゃないかと前回以上に期待されている中で臨んだ今度の大会では、プレッシャーというものに結局、打ち勝つことができなかった。我々が未熟だったので、期待に応えることができなかった』

『前回は優勝して、今回は優勝できなかったから、前回が上回っているかというと、結果ではそうだけど、いろんなものを見たらそうじゃない』

『前回もよく優勝できたなという形で優勝した。クオリティー、チームの完成度という点では、サッカーの戦い方においては、今回の大会のほうが高かった。でも、それと勝負を制するのはまた別だということを痛感させられた』

『勝つには、クオリティー以外のものがたくさんある。それはボールを扱う以外の部分。ボールを扱う部分では相手をまさっていたのに試合に勝てないということは、間違いなくそこが欠点。経験とか、厳しい勝負に慣れていないとか。勝たないといけないプレッシャーの中で勝てないのは、そういう精神力を持ち合わせていなかったからだと感じている』

まさか最後に本田くんとカガワくんがペナルティを外して(止められた訳ではない)負けるなんて・・・。これもフットボールだが、カガワくんがとても心配だ(外しすぎて・・・)。

 

日本

これが、今も昔も変わらない日本の現在地。

ただ、ただ悲しいだけだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中