ピケ、バルサを助ける

ピケ

こんな日もあるんだね(笑)。

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第20節、エルチェVSバルセロナ@マヌエル・マルティネス・バレーロ。

この日のゲームは日本時間午前2時キックオフ。この前にマドリーがコルドバに辛勝(1-1のドローで終わりそうだったけど、コルドバの不用意すぎるエリア内でのハンド、何故フリーキックの壁のヤツが手を上げてハンドするのかなぁ)し、絶対負けられない一戦でしたが、立ち上がりからインテンシティが足りずダラダラ、グダグダ。前半はこのままかなと思っていた矢先に、フリーキックをシャビが素早くリスタートして、エリア内左に居たピケにロビングを供給。ピケが上手く胸トラップし、ディフェンダーの間を抜いて先制に成功しました。

これで何とか一息付けましたね。前半0-0だったなら危なかったかもしれません。

 

メッシ

そして、後半早々の55分に、エリア内で仕掛けたネイマールがペナルティを得て、メッシが余裕でネットを揺らし勝負ありとなりました。

ラッキーでした。そして、この後はネイマール・ショウ。

 

ネイマール

ネイマール

ネイマール

69分。メッシのスルーパスに抜け出し、71分にはメッシとワンツーのダイレクト・プレイ(メッシの浮きパスが秀逸過ぎました)から連続ゴールを決めて、フィエスタとなりました。

『世界最高のそばでプレーすることは、とても簡単だ。自分のアイドルと一緒にいられることは誇りだ』

『エルチェは力強く試合に入った。彼らのホームでは素晴らしいチームだね。だけど、勝利を手にしたのは僕たちだった。首位レアル・マドリーとの勝ち点差?、そのテーマは今後のためにとっておこう』

 

メッシ&ネイマール

バルサ

楽しそうにプレイするネイマールを観ていると、こちらまで楽しくなってきます。

ラテンのノリはやっぱり好きですね。ゲーム自体は終了間際にメッシ(バルトラのスルーパスをクールにディフェンダーの股を抜いた)とペドロ(カウンターからのネイマールのアシスト)がネットを揺らし、結果0-6で完勝でした。しかし、エルチェを舐めていたとまでは言いませんが、緩い前半には苦言を呈したいと思います。よって以下のルイス・エンリケのコメントには賛成できません。

『今日の試合は、このチームがどのような存在になれるかを示した。チームは確実な形で強くなっている』

『ピッチ状態は完璧ではなく、エルチェは良い守備を見せていた。先制点を決めた後に、より試合をコントロールすることができたね。チームのプレーの姿勢、90分間続いたその献身性に満足しているよ』

ここは、

『前半のパフォーマンスは少しインテンシティが足りなかった。我々の目標は、マドリーを追い越しリーガを制することだ。そのためにはどのゲームにも勝利しなければならないが、難しい試合ながらもそれが達成できた点についてはある程度満足できる』

って感じでコメントしてもらいたいものです。

アンチェロッティの『重要なのは勝ち点3の獲得』がまぁ正解でしょう。

そして次は、ミッドウィークのコパ・セカンドレグ@カルデロン。この日お休みのスアレスの覚醒を願い、パルティード・ア・パルティード。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中