世界基準の決定力

ネイマール

ネイマール

ネイマール&メッシ

を朝5時から観ることが叶い、ライブ視聴したかいがありました。

2014-2015・コパ・デル・レイ・クォーターファイナル・セカンドレグ、アトレティコ・マドリードVSバルセロナ@ビセンテ・カルデロン。

ゲームは、(ファーストレグを1-0でモノにしていた贔屓のバルサでしたが)開始早々のトーレスの一撃でアドヴァンテージが無くなる面白い展開となりました。

 

トーレス

トーレス

1分。

マスチェラーノの何気ないクリアボールを拾われ、そのボールが前線のトーレスへ渡り、(マドリード・ダービーのように数十秒で)トーレスはマスチェラーノを難なく躱して右脚を振り抜きネットを揺らしました。

う〜む・・・。

バルサはフワっとしてましたね。これで目を覚ましてくれればいいのですが、このゲームはボールを繋ぐいつもの感じが見受けられません。最終ラインからロングボールをポンポンと蹴っていました。

圧力を掛けてくるであろう(実際、前から当たってきましたが)アトレティコのプレスをそれで躱すルイス・エンリケの指示だったのかなぁ?。

なかなかボールを繋げないバルサでしたが、それでも9分に、前掛かりのアトレティコのおかげで出来たスペースを突くことに成功しました。

自陣でボールを持ったメッシが溜めて、右前に走ってきたスアレスにボールを出して、スアレスがトラップと同時に前を向いて、左から中央へダイアゴナルに追い付いてきたネイマールに秀逸なパスを出し、広大なスペースをスピードを落とさずにドリブルで前進したネイマールが、クールにキーパーの右を抜いて(冒頭の画像)1-1の振り出しに戻しました。

トーレスもそうでしたが、ネイマール・・・素晴らしい決定力でした。

詮無い事ですが、日本代表ではこうはいかないでしょう(泣)。

 

マスチェラーノ

10分も経たないうちに2発が飛び出し、これで勝ち抜けるにはあと2点が必要になったアトレティコ。もちろん圧力を掛けて仕掛けてきました。30分、右サイドでフアンフランがマスチェラーノからペナルティを捥ぎ取り(厳密にいえば、ファウルはエリアの外でしたが)2-1とし、ゲームはカオスへと突入していきました。

マスチェラーノは『not his day』でしたかね。

 

バルサ

前半はこれで終わらず、38分。バルサには珍しくコーナーキックから、ブスケツがフリーでヘッド。ボールは枠へは飛んでませんでしたが、ミランダが焦ってオウンゴールとなり2-2に。バルサにとってはラッキー過ぎるゴールでした。

 

アルバ

ネイマール

オウンゴールの3分後の41分。

疑惑のアルバのハンドから、光速カウンターを見舞ったバルサ。メッシが右サイドで溜めてアルバに浮きパスを通すと、自陣から猛然と駆け上がってきたアルバがスライディングしながら中央へ折り返し、中央にいたネイマールが難なくトラップでキーパーを躱してネットを揺らし、ゲームを締めました。

 

アルバ

アルバ・・・完璧なハンドでしたね(泣)。

バルサにとってはラッキーでしたが、マスチェラーノのペナルティをチャラにするようなジャッジは如何なものかと思います。主審のレヴェルが低かったゲームでもありました(カード出まくりでゲームをコントロール出来てませんでしたもんね)。

このあとの残り45分は何も起らずゲームは流れ、3-2で勝利したバルサは(2戦合計4-2で勝利)、セミ・ファイナルへとコマを進めました。

勝ち抜けることが出来て良かった良かった。

 

ネイマール

今シーズンのバルサでの公式戦20・21ゴール目を上げたネイマール。確実にフィットしていて、あと上にはメッシがいるのみです。

このまま世界トップの決定力でバルサに貢献してもらいたいものですね。週末の難敵ビジャレアル@カンプ・ノウも頼りにしています。

広告