サン・マメス・バリア攻略

バルサ

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第22節、アスレティック・ビルバオVSバルセロナ@サン・マメス・バリア。

前日にマドリーがアトレティコに敗れて、何がなんでも勝たないといけなかったバルサでしたが、キックオフ当初はアスレティックの前への圧力に苦しみました。

しかし、なかなかボールを繋げない中でムニアインの不用意なハンドで得たFKを、メッシがラッキーな形で沈め何とか落ち着くことが出来ましたかね。

 

メッシ

15分に先制点を齎したメッシ。

ワザと壁に当てていれば恐ろしい限りですが、壁に当たったボールがイライソスの逆を突いてラッキーでした。

そこからは世界一のトリデンテのカウンターが威力を発揮する好調時の今シーズン。左サイドを突破したメッシの、決めて下さいクロスをスアレスがキーパーにセーブされる失態もありましたが、26分にネイマールがすらしたヘッドを受けたスアレスがメッシとのパス交換からエリア手前でダイレクトに右脚を振り抜き2-0とし勝利が見えてきました。

 

スアレス

美しいダイレクトをゴール左隅に決めたスアレス。

その前に2、3度あったチャンスを決め切れず、また駄目かとヤキモキさせてくれましたが何とか結果を残し良かったです。

前半は、危ないシーンも少しありましたがこのままで折り返し。そして、後半早々にカウンターから1発返されましたがすぐにオウンゴールで突き放し、ネイマールがクール過ぎる一撃を沈めトリデンテ完成です。

 

ネイマール

64分。メッシのドリブルからのショートカウンターが炸裂。左に叩いたパスをシャビがスルーし、ネイマールがクール過ぎる決定力でゴール右隅に蹴り込んで勝負あり。

終了間際にもメッシの浮きパスをエリア内右で受けたブスケツが、中央に走り込んで来たペドロにパスしてマニータで難攻のサン・マメス・バリアから(2失点したものの)勝ち点3を持ち帰りました。

うん、満足です。

 

ネイマール

今シーズンのリーガでのゴール数を16としたネイマール。

好調です。

 

メッシ&スアレス

メッシ&ネイマール

メッシが23ゴール、スアレスはようやく3ゴールですが、バルサが誇るトリデンテが噛み合えば無敵ですかね。マドリーのBBCより強力だ(笑)。

『長いシーズンの中では、良い時期も悪い時期もある。今は胸を張るときではないよ』

『現在、すべてのものがさらに近くなったのは確かだ。だが、このトーナメントを勝ち取るのは最も安定したチームであり、現時点でおかしなことを考えるべきではない。我々は素晴らしい追い風を受けているが、これからも全チームに対して困難やサプライズが待ち受けている』

年明け早々のソシエダ戦の敗戦は一体なんだったんだろう。

『変化などは何もない。そのような変化を発明しているのは君たち(記者陣)であり、我々のアイデアは第1節から同じであり続けている。しかし状況というものは、絶えず変化していくんだ。選手たちはマシーンではなく、私をはじめとして全員が間違いを犯すのだからね』

『レオのような選手を擁することができるのは、本当に恵まれているとしか言いようがない。だが、その感謝の範囲を全選手に広げさせてもらう。このスタジアムで多くの決定機を生み出し、また苦しみに耐える術を知っていたチームを祝福するよ』

公式戦9連勝で、マドリーとの勝ち点差を1とした贔屓のバルサ。ミッドウィークのコパもファーストレグで決めて欲しいものですね。

最近、月曜日が楽しいなぁ〜。

広告