運良くゴール、試合は殺せず

バルサ

メッシ

終了間際のメッシのペナルティ失敗がセカンドレグを面白くしてしまう。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・ベスト16・ファーストレグ、マン・シティVSバルセロナ@エティハド・スタジアム。

 

スアレス

ハート

ゲームは16分、メッシのクロスを収めようとしたスアレスのヘッドがコンパニに当たってそのスアレスの足元に転がり、バルサのセンターはこのボールを左脚で振り抜き貴重なアウェイ・ゴールを手にした。

戦前の感じでは、マン・シティはもっと攻めてくるのかと思ったがプレッシャーはそれほどでもなく、バルサもゆっくりとボールを回して静かな感じだったので、スアレスのゴールはバルサにとっては僥倖だっただろう。

その後も試合のテンションは変わらず、そうこうするうちにバルサが美しい崩しから貴重過ぎる2点目をものにした。

 

メッシ

スアレス

スアレス

31分。

中央でメッシがボールを持ってドリブルから左サイドを駆け上がってきたジョルディ・アルバにボールを出して、アルバがグラウンダーのクロスを中央へ供給し、最後はスアレスが触って右ポストからネットを揺らした。

エリア内は(5人いたと思う?)マン・シティが固めていたが、一旦止まって遅れてスペースに顔を出してきたスアレスが秀逸だった。

これでバルサは2-0。

前半はこのまま終了し、昨シーズンと同様の展開に極東の片隅で視聴していた僕も緩んで、当のバルサも緩んでしまった。

 

アグエロ

後半開始からフワっとしたバルサ。

立て続けにピンチを迎え、マン・シティの拙いフィニッシュに助けられ凌いでいたが、このままクリーンシートも見えてきたと思った矢先の69分にメッシのボールロストからショートカウンターからアグエロにクールに沈められて試合を面白くしてしまった。

失点すると目が覚めるのか、ここからまたアタッキングサードへどんどん入っていくバルサ。この日、メッシに散々やられていたクリシが2枚目のイエローで退場となってこのゲームでの勝負は付いたが、試合を殺さなければならない。そしてそのチャンスはアディショナル・タイムに訪れた。

 

メッシ

メッシ

左サイド深部へドリブルで侵入したメッシが同胞のサバレタに倒されペナルティを獲得。まんま昨シーズン同様に3点目を得たと思ったが、ゴール右側へ蹴ったメッシのボールはジョー・ハートにクリーンにストップされホイッスルが吹かれた。

 

メッシ

敗戦したかのようなメッシ。

このゲームでは、前からのディフェンスも完璧にこなしボールロストもあったげどピッチに君臨していたと思う。ペナルティを沈めていればゲームは終わったが、今日のようなプレイを見せてくれればカンプ・ノウで敗れることはないだろう。

セカンドレグは『クラシコ』の前の3月18日。このままやる気に満ち溢れるメッシを見ていたいものだ。

vamos!messi!!vamos!Barça!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中