3つの落胆

ドルトムント

2014-2015・チャンピオンズリーグ・ベスト16・ファーストレグ、ユベントスVSドルトムント@ユベントス・スタジアム。

バルサのゲームを観たあとに録画で連続視聴しましたが、3つの落胆でがっかりした朝となってしまいました。

1)カガワくんがスタメンに居ない

2)インモービレの先発

3)あまりにも簡単に失点する

何故なんだろう?。週末のルール・ダービーの為に温存?。まったく駄目なユベントスの下部組織出身者に何を期待したの?。ここ2シーズンの躍進では有り得なかった今シーズンの低迷の原因がコレ。

ヨーロッパが怖れる“ゲーゲンプレス”も効いていたとは到底言えない。

 

テベス

この試合も簡単に左サイドを突破したモラタの単純なクロスをテベスに押し込まれ13分に失点。

このような失点をしていては勝ち上がれない。

 

ロイス

キエッリーニが足を滑らせたところを抜け目無く搔っ攫いクールにネットを揺らしたロイスの18分のゴールですぐに追い付いたけど、その後はスペースを消され、チャンスらしいチャンスは無かったと思う。

 

モラタ

モラタ

前半終了間際にまたもや簡単に、単純にモラタにネットを揺らされ落胆してしまう。

今に始まったことではなけど簡単に失点し過ぎだ。

ロイスのアウェイ・ゴールは貴重だが、ジグナル・イドゥナ・パルクで1-0で勝てるとは思えない。

 

クロップ

『1点をリードされた状況から良いプレーを見せていた。だが、2点目を許す前は消極的になっていた。もう少し良い守備をしなければならない』

『後半の我々は1、2回しかチャンスを作り出すことができなかった。逆にユヴェントスは2度の決定機があったと思う。そう考えると、問題ない結果だ』

『何も手にすることはできなかったが、チャンスは残されている。それが最も重要なこと』

『3-1にされずに済んでよかった』と語ったロイスの言葉が全てですが、ホームで失点しないこと、引かれてスペースがないと思うけど、ネットを揺らせるのか。

答えは3月18日。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中