新生ハリル・ジャパン船出

宇佐美くん

2015・インターナショナル・フレンドリーマッチ、日本 VSチュニジア@大分スポーツ公園総合競技場。

新生ハリル・ジャパンは岡崎くんのヘッド(78分、本田くんのクロスから)と本田くんのゴール(83分、カガワくんのシュートをキーパが弾いたところを詰めた)で2-0で勝利。

キリンカップだしね。

でも方向性は見えてきたゲームだったと思います。

終了間際の89分、宇佐美くん・・・、決めてればアンリみたいだったのに〜。カガワくんからのスルーパスを受けての左45°からのダイレクト。

『いいパスが来たし、いい動き出しができたけど決まってない。それがすべてだと思う』

惜しいでは済まされないシーンがこれからやってくるハズです。決め切って欲しいですね。

 

カガワくん

カガワくん

『本田と香川が入ったことで、ゲームのクオリティが上がった。彼らは自分たちのクオリティを見せてくれた。彼らが能力の全てを出せばゲームが変わるということを見せてくれた。日本のキーとなる選手だ』

カガワくんはやはりトップ下かな。

代わり映えしない名前が結果を出したカタチでしたが、縦に速く、ワンタッチで。本田くんもコメントしてましたが、『何度かいい形で奪って速い攻撃ができていたんじゃないかな』と思います。

スタメンで出たプレイヤーで何らかの結果が欲しかったところですが、宇佐美くんと永井君。スピードがあるのはやはり武器ですね。後輩は割と何か違うなぁ的な感じでしたが、まぁ〜越後屋さんのように批判ばかりでもなんですので、これからを注視していきたいと思います。

ガンバレ、日本。

広告

劇場版『境界の彼方-I’LL BE HERE-』未来篇

境界の彼方

未来ちゃん記憶を無くしちゃったのね(泣)。

ただ今『過去篇』(TVシリーズの総集編)が劇場公開中の『境界の彼方』。来月に『未来篇』(新作)が公開されます。

姪っ子さんが、絶対観に行くということでオヂサンも便乗して楽しみにしていますが、泉姉さんも登場するみたいで(一瞬写ったと思う)良かった良かった。

 

境界の彼方

これは弥勒とのシーンかな?。

武器からすると泉姉さんか。

 

境界の彼方

『教えて下さいッ!!』

 

未来ちゃん

またこの笑顔を観ることが出来るでしょうか?。

あと一ヶ月我慢ですね。

50秒足らず

ジェラード

ジェラード

ジェラード

熱過ぎるシックス・ポインター。

最後のナショナル・ダービー。

2014-2015・プレミアリーグ第30節、リヴァプールVSマン・ユナイテッド@アンフィールド。

今シーズン限りでレッズを、プレミアを去るスティーブン・ジェラードの最後のナショナル・ダービーは後半早々に50秒足らずで幕が閉じました。チャンピオンズリーグ圏内を争う注目のシックス・ポインターだっただけにとても残念な結果となりましたね。キャラガーが『狂気の瞬間』とコメントしてましたが、流石に言い訳できません。

もともと結構退場するイメージのあるジェラードですが、コントロール出来ませんでしたかね。

14分に、カウンターからファン・マタにネットを沈められてのビハインド。レッズはあまり良いところがなく、打開すべくピッチに入った瞬間の愚行(凶行?狂行?)。10人となっては難しいです。59分にまたまたマタに美し過ぎるバイシクルを沈められて、10分後にスタリッジが1発返しましたがゲームは1-2で敗れました。

最後のナショナル・ダービーがコレでは寂しすぎますね。昨シーズンもまさかのスリップで戴冠の逃したスティービィ。熱過ぎる漢のプレミア最後のナショナル・ダービーは愚かな記憶として刻まれることとなりました。

『受け入れなければいけない。判定は正しかった。僕は今日、チームメートを失望させただけでなく、なによりファンを失望させてしまった。自分の行動の全責任をとる』

『相手のタックルを飛んでかわそうとしたら、相手のスパイクのスタッドが見えた。それに対していけない反応をしてしまった。試合はあと45分あって、追いつくチャンスは十分にあったね。全責任は僕にある』

『ロッカールームのみんな、そしてすべてのサポーターに謝りたい。今日の責任はすべて僕にある』

 

マタ

カウンターからの1点目。

 

マタ

マタ

美し過ぎた2点目。

『2点目は僕にとって最高のゴールの一つだろう。ジェラードが退場になった後、僕らには2点目が必要だった。相手は最後まで押し込んできたからね』

久しぶりのマン・ユナイテッドのゲームでしたが、とてもイイものも観れました。そして、最後にこの人を・・・(笑)。

 

バロテッリ

79分のバロテッリとスモーリングのヒトコマ。

後半途中出場し早々にイエローを貰ったスーパー・マリオ。このシーンでは、危うく9人となってしまうところをサポーターが制止し2枚目を阻止(笑)。

バロテッリを止めたショーンさんのコメント。

『彼が退場になるんじゃないかと心配だったんだ。スモーリングがマリオを押し出したようになって、マリオは単に何かにつかまろうとして相手をつかんだように見えた。マリオの様子から、彼がリアクションを起こそうしていると分かったし、すでにイエローカードを受けているのも分かっていた』

『「落ちつけよ、そのままでいいだろう」と言ったら、(バロテッリ)彼は「OK、OK」と言ってくれた。僕は5フィート8インチ(約173センチ)しかなくて彼は大きいから、体に腕を回すのは大変だったけど、隣に座っていたピーターが助けてくれた。彼は警官で、アンフィールドの試合でもときどき仕事をしているからね』

プレミアならではでしょうか(笑)。件のバロテッリはFacebookで、

『全力を尽くしたが、試合は僕らのものにならなかった。だけど、本当にはっきりしていることが一つあった。僕はピッチで一人じゃなかったんだ。YNWA』

とコメントです。この寂しがり屋さん・・・って、オイオイ(笑)。それにしても、YNWAってなんだ?。

色々あったナショナル・ダービー、『クラシコ』でお腹一杯でしたがとても楽しめました。

おしまい。

クラシコを振り返る

賛否両論?。

あの煌びやかだったペップ・バルサとは違う今シーズンのバルサ。その最たるものが先日の『クラシコ』だったと思いますが、縦に速い、手数を掛けないでゴールまで向かうバルサ。今シーズンがどうなるかはまだ分かりませんが、『クラシコ』がターニングポイントだったとなることを期して、備忘録。

 

カンプ・ノウ

9万人を超すクレで埋まった満員の『カンプ・ノウ』。アカペラの『イムノ』がエモーショナルで、スタジアムは美しいモザイクで彩られました。

公式戦230回目、リーガでは通算170回目の『エル・クラシコ』。やはり世界一のテンションがあります。

 

バルサ

先発イレブン。

ブスケツの負傷(間に合ったけど)もあったと思いますが、アンカーにマスチェラーノの起用し守備にも気を配った布陣。

開始3分。スアレスとのワンツーでイニエスタがエリア内左に侵入。マイナスの折り返しはスアレスには合いませんでしたが、いい感じでスタートしたと思います。メッシは左サイドでボールを持って中央を窺い、いつもの浮きパスを狙ったりしていました。

一方のマドリーは、ベイルが必ずディフェンスに戻って、マスチェラーノがボールを持った時には突っ掛けるという展開。マドリーも丁寧にボールを持つ。そして12分。マルセロが上がって中にドリブル突破を図り、左のベンゼマヘパスを通し、ベンゼマのクロスをフリーのロナウドが合わせてクロスバーを叩く。全体的にはマドリーのペースだったでしょうか。

 

マテュー

マテュー

カシージャス

そんな中、17分14秒のカタルーニャ独立コールを聞いた2分後、ネイマールが得たFKをメッシが蹴ってマテューがドンピシャのヘッドを沈めバルサが先制しました。

バルサにとっては僥倖。セットプレイからの得点でゲームを有利に運べるかたちとなりました。

ゴール後には動きが良くなり、前へプッシュしていました。が、しかしそれも長くは続きません。モドリッチを起点にイスコがドリブルを仕掛けたりと徐々にイニシアティブを取り戻すマドリー。畳み掛けれないバルサ。このあたりがペップ・バルサと違うところか案の定失点してしまう。スアレスのシュートがネイマールに溢れてきたチャンスの後のエアポケット。

 

ベンゼマ

ロナウド

ロナウド

ロナウド

ロナウド

31分。モドリッチのパスを受けたベンゼマの秀逸なヒールパスをロナウドが詰めて追い付かれたバルサ。お決まりの、ゴール後のカーム・ダウンに大ブーイングのカンプ・ノウでしたが、攻めてた後だけに中央の人数が足りてませんでしたかね。

 

ベイル

ベイル

ブラヴォ

ロナウドがフリックしたボールをベイルが詰めてネットを揺らしましたが、これはオフサイド。助かったバルサ。ロナウドの強烈な1発をクラウディオ・ブラヴォがセーブしたりと押されていたバルサでしたが、なんとか1-1で折り返し。

 

スアレス

スアレス

スアレス

後半開始早々はまだマドリーのペースでしたが、56分。アウヴェスの1発のロングボールをスアレスが秀逸過ぎるトラップから『聖』イケルの壁を難なく突破したブラヴォな1発でバルサがリードを奪いました。

素晴らしいゴールでした。

『現時点ではバルサで決めた最も重要なゴールだ。決めた相手もあって最上級の意味を持つものだね。最終ラインのスペースを生かした後、センターバックに時間を与えないようにできるだけ早くシュートまで持ち込んだ。幸運にもうまくいったね』

と語ったスアレス。このゲームでは何度もラモスとペペの間を仕掛けていましたし、バルサの真ん中として機能してきました。

『バルサが自分を引っ張ってきたのは、ゴールを決めるためにほかならない』

8,100万ユーロの価値を見せはじめ、このままシーズンのクライマックスまで好調を維持して欲しいですね。

 

メッシ

ネイマール

60分以降、足が止まってしまったマドリー。最終ラインのイエローカードもあって、メッシやネイマールがどんどんドリブルを仕掛けチャンスを作っていきました。特にネイマールにはカウンターから2回ほどビッグチャンスがありましたが決め切れず・・・。ゲームを落ち着かせるべく、ラフィーニャと交代となりました。

『ネイマールが仕掛けたプレーは、自分にボールを回すのではなく、彼自身でフィニッシュしなければならなかった。ストライカーはエゴイストなものなんだよ。彼は決定的な選手であり、いつの日かバロンドールを獲得すると確信している』

とスアレスが庇ってくれましたが、間違いなくスアレスにパスを出さなければ・・・。

ブスケツとシャビが入ってゲームを締めにかかってたバルサでしたが、カウンター・マインドの前線とのギャップがまだまだあって、強引にフィニッシュまで行ってました。マスチェラーノが怒ってましたね(笑)。しかし、このままスコアは変わらず貴重な勝ち点3を『クラシコ』で勝ち取りました。

さて、このバルサ。昔ながらのバルサを愛するものとしてはどう評価すればいいのでしょう?。

『悪いプレーを見せて勝利を手にすることはファンタスティックだ。試合の内容は好きじゃなかったよ。バルサは何度ボールを失い、マドリーのポゼッション率は何%だった?。観戦者としては楽しめなかったが、結果に関しては喜べた』

とはレジェンド・クライフのコメント。

『僕たちは良い感じで試合に入り、相手をコントロールしてゴールも決められた。だけど同点とされてしまったんだ。その後はマドリーにスペースを与えてしまい、僕たちはボールを何度も失った。彼らの方が良い形でフィニッシュまで持ち込んでいたね。でもその後にチームは再び規律を持ち、追加点を決めることができた。ただ望んでいたような試合展開じゃなかったのは事実だ』

『フットボールはポゼッションだけじゃない。このチームには一つのプレーモデルがあり、僕たちはそれに敬意を表している。だけどフットボールは多くの面があるものだ。プレッシングを仕掛けたり、苦しむときには苦しんだり、最近に力となっているセットプレー戦術に頼ったりね。現在のようにすべてのことができるチームでなくてはならない』

とはアンカーのマスチェラーノの言葉。

う〜〜ん・・・。

『リーガの優勝争いは決着がついたわけではない。マドリーは偉大なチームで、偉大な選手たちが在籍している。それにクラシコで、彼らは前半にバルサに情けをかけた。さらに2点を決められる可能性があったんだ』

そう、そのとおり。

『マドリー相手に困難な試合を強いられたが、我々は勝利へと到達する術を知っていた。試合前に言ったことだが、優勝争いにおいて決定的な一戦になるわけではない。しかし我々のファンにとっては素晴らしい勝利だね』

『本当に高いレベルにある、世界最高ランクの2チームが見られたはずだ。両チームには決定力があり、だからこそ多くの枠内シュートが生まれた。この結果には満足感を得ているよ。現欧州王者であり、我々と似たようなポテンシャル持ちながら同じ目標を目指すチームに勝利できた』

『フットボールには多くの局面が存在する。我々のゲームプランは前半、後半ともに同じだった。しかしライバルが困難な試合を強いてきたために、我々の状況を解釈してそれに適応した』

『前半はプレッシングを仕掛けることが難しく、どのようなタイミングでそうすれば良いのかが理解できなかった。ただ後半には我々の方が良い形で入れたし、2-1とした後には落ち着きと無数の決定機を手にすることができた。終盤には確かにもっと得点できる可能性もあったが、失点するリスクだってあった。マドリーにもさらなる得点のチャンスがあったからね』

年明け早々には更迭騒ぎもあったルイス・エンリケ。

最終ジャッジはトロフィーを掲げることが出来るかどうか。そこで、再度議論されることになる。僕自身は、結局はトロフィーを、ビッグイヤーを掲げることが出来れば納得せざるを得ないかなと思いはじめてます。

 

バルサ

バルサ

バルサ

3冠を目指して。

 

メッシ

全てはレオ・メッシ。

このまま楽しくプレイして欲しいですね。

これが今のバルサ

スアレス

スアレス

バルサ

セットプレイと強烈なカウンター。

少し忸怩たる思いが去来しているが・・・勝てばいいのか?・・・かなり悩ましいところの『クラシコ』だった。

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第28節、クラシコ@カンプ・ノウ。

マドリーの方がいいフットボールをしていた。特に前半。しかし、19分にメッシのFKをマテューが合わせ先制に成功した。ここからアクセルを緩めてしまうバルサは案の定失点してしまう。

31分。モドリッチがベンゼマにスルーパスを通し、(ヒールでエリア中央に出したベンゼマが秀逸だった)最後はロナウドが流し込んで1-1に。

失点の場面でバルサはマテューが引っ張りだされ、ベンゼマに寄せて行ったピケのところの空いたスペースをロナウドに突かれた。アウヴェスが寄せなければってところだったが・・・。

アクセルを緩めて追い付かれる。プレスが掛かりきらず躱されピンチを招く。トリデンテは孤立し、全く良いところが無かった前半。何とか1-1で折り返せたのが僥倖だった。ベイルが必ず守備に戻ってきて、メッシが上がりっぱなしのアウヴェスサイドをイスコとマルセロに突かれ危うかった前半。

そして後半に秀逸過ぎるスアレスの個人技が炸裂しカンプ・ノウはお祭りとなった。

アウヴェスから縦パス1本で裏を取ったスアレスが絶妙なタッチでのトラップから優しいタッチで抑えた一撃をゴール左に流し込んでバルサは息を吹き返した。

ここからマドリーの失速に助けられ、ベイル、モドリッチ、イスコ、クロースと順番に消えていき、最終ラインに(マルセロ以外の全員に)イエローカードが出されていたのにも助けられ、メッシからのカウンターが威力を発揮しはじめて、3点目が取れるチャンスがメッシにもネイマールにもスアレスにもアルバにも訪れて、スコアはこのまま2-1で終えた。

何かモヤモヤする週始め。

勝ち点差4は大きいが・・・、3冠も視野に入ってくるがまだ10節残っている。このままではやっぱり駄目だとも思う。しかし、スアレスは最高だった。う〜〜〜ん・・・・。

朝の会議中にもう一度整理してみよう。

BABY METALに驚く

BABY METAL

ブームに乗り遅れなのですが、相方に何気なく紹介してみたら彼女の職場のメタラー&真性“腹ペコ”のY君(僕とY君は“ホルモン”と“よつばと”で繋がってるソウルメイト)から借りてきてくれました。

さんきゅう、相方!!。

内容は、マーティ・フリードマンほどではないですけれど、無視は出来ないってところでしょうか(流石に熱くバカ騒ぎするほどではない)。

HR/HM界の大御所評論家、伊藤政則さんがコメントしているのには少し驚きましたが、マッチョでクローズドな老舗HR/HM雑誌『BURRN!』が取り上げるはずもなく、しかし海外では音楽性(クオリティが高いので)も含めて大ウケという事実。

海外って凄いですね。

『BABY METALというのは、何だろうね。アイドルとヘヴィメタルの融合という 紋切りの表現で恐縮ですけれど、正統的なハードロック/ヘヴィメタルバンドとは 違ったタイプのユニットなんですが、その斬新さと音楽性の高さが海外で注目を浴びました』

『海外でヘヴィメタルは、日本よりも非常にストレートにマッチョで”男臭い世界”というのがあって、10代の3人の女性シンガーが在籍するBABY METALが活躍したというのは、マッチョと対極に位置するものに海外のジャーナリスト、カメラマン、ミュージシャンたちに新鮮な存在に映ったんじゃないだろうか』

『BABY METALが日本での成功よりも海外でのブレイクしたことに一番驚いてるのは、彼女たち本人やコープスメイクでお馴染みの凄腕たち神バンド、スタッフなど関わっている人たちの方じゃないだろうか』

ふむ。

 

しかしこの『ギミチョコ!!』の作曲が、僕が高校や大学時代にお金と時間、要するに“青春”の多くを費やして聴きまくった(今でもたまに聴くのだけれど)個人的神バンド、『THE MAD CAPSULE MARKETS』のベースだった上田さんとは!!!。

やべぇ、『BABY METAL』好きになってきた。『BABY METALってネタだろ?』って馬鹿に出来なくなってきた。

しばらくヘビロテに決定です。

三光神社にお詣り

三光神社

スーパーに買い物に行くついでに、来年の大河ドラマ『真田丸』、真田幸村縁の三光神社に行ってみました。

場所は宰相山とも真田山とも言われます。かつては大阪城の出城「真田丸」が置かれ、大坂の陣のときに真田幸村が大坂城から当地までの抜け穴を掘ったと言われています。

今の家に12年も住んでいるのですが、そのホント近くの場所なのに初めて訪れました。

 

三光神社

六文銭旗

至る所に有った『真田の六文銭の旗』。

大河ドラマ決定だからかな。

 

三光神社

真田幸村像

真田の抜穴

真田 幸村公像と有名な抜け穴跡。

この抜け穴は後世に作られたものだそうですが、当時も大阪城からこのあたりまでの抜け穴が有ったとか無かったとか。

司馬先生の『城塞』を再読したくなりました。