最低限のノルマ達成

バルサ

あまり褒められたゲームでは無かったけれど・・・。

2014-2015・コパ・デル・レイ・セミファイナル・セカンドレグ、ビジャレアルVSバルセロナ@エル・マドリガル。

ファーストレグで試合を殺せなかった(ペナルティをセーブされた)ネイマールが、開始早々の3分にメッシからのいつもの浮きパスをネットに沈め幸先よく先制したバルサ。でもそこからゲームを落ち着かせることが出来ず、3〜4回イエロー・サブマリンに攻め込まれました。

縦に速い今シーズンのバルサ。アタッキング・サードへ人数を割く今シーズンのバルサ。

ルイス・エンリケの思い描いていたゲームプランとは違う前半となったみたいですが、案の定、39分に綺麗なカウンターから攻め込まれ、ラ・マシア出身のジョナタン・ドス・サントスにフィニッシュを許し前半は1-1で終えることに・・・。

イエロー・サブマリンに希望を与える拙い失点はいただけないですね。開始早々に先制したのだから、もっとボールを持って相手を去なさないと・・・。上手くボールを持てず繋げずメッシやネイマール、ブスケツのボールロストが目立ち、また右サイドで先発したモントーヤが上手く機能せず(メッシがディフェンスをしなかったというのもあるが・・・)結構そこから崩されていました(失点のシーンも右サイドを突破されてからのクロスでやられた)。

課題が残る前半。

しかし、いくらなんでもあと2失点するような雰囲気はなく、後半は淡々とゲームが進み、60分を過ぎたあたりでブスケツに後ろから酷いタックルを見舞ったピナに対して1発レッドでようやくゲームが終わりました。

 

ブスケツ

コレは酷かったなぁ・・・(クラシコにも間に合いそうな(先発するかどうかは分かりませんが)感じで一安心でした)。

10人となった相手に容赦なく牙を剥いたバルサは、73分。センターサークル付近からマスチェラーノが右サイドにいたスアレスにロングフィードを供給し、スアレスがディフェンダーに競り勝ちキーパーも難なく躱して、終了間際にはシャビのクロスをネイマールがヘッドでネットを揺らし、アグリゲートスコア6-2でファイナルに辿り着きました。

勝ち上がったことに目を向けて、最低限のノルマは果たしたことを喜ぼう。もう少し上手くやれたハズですが、過密スケジュールの中一応は結果を出したFW陣とメッシ。

ライブで眠い目を擦りつつ観たかいがありました。。

 

メッシ

ネイマール

ファーストレグの落とし前を付けたネイマールの先制ゴール。

オフサイドトラップを搔い潜るメッシとネイマールのホットラインは熟成して来てるかな。

 

スアレス

ゴールを量産しだした噛み付き王。

バルサにとってはとても心強いですね。

 

ネイマール

ネイマール

一度、速攻からスアレスと2対1のシーンがあってパスをせず(持ち過ぎて出すコースを失ったと思うが)メディアに煽られたネイマール。

『パスをしなかったのは、パスコースを防がれてしまったからだ。僕たちは本当に良く理解し合っている。パスできるときは、いつもパスを選択するよ。次のチャンス、だね』

とコメント。

『ビジャレアルは素晴らしいチームだった。クオリティーの高い選手がたくさんいた。難しい試合になると予想していたよ。もう一度決勝の舞台に立ててうれしい』

と相手を讃え、昨シーズンの雪辱を期します。一方、調子が上がっているスアレスは、

『ネイマールは、僕に謝る必要なんてないよ。彼は一対一において世界最高峰の選手だ』

『FWにとって、ゴールはいつでも幸福を感じさせてくれる。そして、チームを助けられたと感じられる。今回はコパだったけど、それはどんな大会でも同じだ。決勝に進めてうれしい

と大人なコメントの残してくれました。

累積イエローでリーチが掛かっていましたが、それも問題なくクリアで、良かった良かった。

ファイナルの相手はアスレティック・ビルバオ。コパのタイトルホールド1位と2位の、通算8度目の対決。侮れない相手だが、もちろん勝つ。

5月のファイナルが待ち遠しいですね。

広告