BABY METALに驚く

BABY METAL

ブームに乗り遅れなのですが、相方に何気なく紹介してみたら彼女の職場のメタラー&真性“腹ペコ”のY君(僕とY君は“ホルモン”と“よつばと”で繋がってるソウルメイト)から借りてきてくれました。

さんきゅう、相方!!。

内容は、マーティ・フリードマンほどではないですけれど、無視は出来ないってところでしょうか(流石に熱くバカ騒ぎするほどではない)。

HR/HM界の大御所評論家、伊藤政則さんがコメントしているのには少し驚きましたが、マッチョでクローズドな老舗HR/HM雑誌『BURRN!』が取り上げるはずもなく、しかし海外では音楽性(クオリティが高いので)も含めて大ウケという事実。

海外って凄いですね。

『BABY METALというのは、何だろうね。アイドルとヘヴィメタルの融合という 紋切りの表現で恐縮ですけれど、正統的なハードロック/ヘヴィメタルバンドとは 違ったタイプのユニットなんですが、その斬新さと音楽性の高さが海外で注目を浴びました』

『海外でヘヴィメタルは、日本よりも非常にストレートにマッチョで”男臭い世界”というのがあって、10代の3人の女性シンガーが在籍するBABY METALが活躍したというのは、マッチョと対極に位置するものに海外のジャーナリスト、カメラマン、ミュージシャンたちに新鮮な存在に映ったんじゃないだろうか』

『BABY METALが日本での成功よりも海外でのブレイクしたことに一番驚いてるのは、彼女たち本人やコープスメイクでお馴染みの凄腕たち神バンド、スタッフなど関わっている人たちの方じゃないだろうか』

ふむ。

 

しかしこの『ギミチョコ!!』の作曲が、僕が高校や大学時代にお金と時間、要するに“青春”の多くを費やして聴きまくった(今でもたまに聴くのだけれど)個人的神バンド、『THE MAD CAPSULE MARKETS』のベースだった上田さんとは!!!。

やべぇ、『BABY METAL』好きになってきた。『BABY METALってネタだろ?』って馬鹿に出来なくなってきた。

しばらくヘビロテに決定です。

広告

三光神社にお詣り

三光神社

スーパーに買い物に行くついでに、来年の大河ドラマ『真田丸』、真田幸村縁の三光神社に行ってみました。

場所は宰相山とも真田山とも言われます。かつては大阪城の出城「真田丸」が置かれ、大坂の陣のときに真田幸村が大坂城から当地までの抜け穴を掘ったと言われています。

今の家に12年も住んでいるのですが、そのホント近くの場所なのに初めて訪れました。

 

三光神社

六文銭旗

至る所に有った『真田の六文銭の旗』。

大河ドラマ決定だからかな。

 

三光神社

真田幸村像

真田の抜穴

真田 幸村公像と有名な抜け穴跡。

この抜け穴は後世に作られたものだそうですが、当時も大阪城からこのあたりまでの抜け穴が有ったとか無かったとか。

司馬先生の『城塞』を再読したくなりました。