これが今のバルサ

スアレス

スアレス

バルサ

セットプレイと強烈なカウンター。

少し忸怩たる思いが去来しているが・・・勝てばいいのか?・・・かなり悩ましいところの『クラシコ』だった。

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第28節、クラシコ@カンプ・ノウ。

マドリーの方がいいフットボールをしていた。特に前半。しかし、19分にメッシのFKをマテューが合わせ先制に成功した。ここからアクセルを緩めてしまうバルサは案の定失点してしまう。

31分。モドリッチがベンゼマにスルーパスを通し、(ヒールでエリア中央に出したベンゼマが秀逸だった)最後はロナウドが流し込んで1-1に。

失点の場面でバルサはマテューが引っ張りだされ、ベンゼマに寄せて行ったピケのところの空いたスペースをロナウドに突かれた。アウヴェスが寄せなければってところだったが・・・。

アクセルを緩めて追い付かれる。プレスが掛かりきらず躱されピンチを招く。トリデンテは孤立し、全く良いところが無かった前半。何とか1-1で折り返せたのが僥倖だった。ベイルが必ず守備に戻ってきて、メッシが上がりっぱなしのアウヴェスサイドをイスコとマルセロに突かれ危うかった前半。

そして後半に秀逸過ぎるスアレスの個人技が炸裂しカンプ・ノウはお祭りとなった。

アウヴェスから縦パス1本で裏を取ったスアレスが絶妙なタッチでのトラップから優しいタッチで抑えた一撃をゴール左に流し込んでバルサは息を吹き返した。

ここからマドリーの失速に助けられ、ベイル、モドリッチ、イスコ、クロースと順番に消えていき、最終ラインに(マルセロ以外の全員に)イエローカードが出されていたのにも助けられ、メッシからのカウンターが威力を発揮しはじめて、3点目が取れるチャンスがメッシにもネイマールにもスアレスにもアルバにも訪れて、スコアはこのまま2-1で終えた。

何かモヤモヤする週始め。

勝ち点差4は大きいが・・・、3冠も視野に入ってくるがまだ10節残っている。このままではやっぱり駄目だとも思う。しかし、スアレスは最高だった。う〜〜〜ん・・・・。

朝の会議中にもう一度整理してみよう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中