新生ハリル・ジャパン船出

宇佐美くん

2015・インターナショナル・フレンドリーマッチ、日本 VSチュニジア@大分スポーツ公園総合競技場。

新生ハリル・ジャパンは岡崎くんのヘッド(78分、本田くんのクロスから)と本田くんのゴール(83分、カガワくんのシュートをキーパが弾いたところを詰めた)で2-0で勝利。

キリンカップだしね。

でも方向性は見えてきたゲームだったと思います。

終了間際の89分、宇佐美くん・・・、決めてればアンリみたいだったのに〜。カガワくんからのスルーパスを受けての左45°からのダイレクト。

『いいパスが来たし、いい動き出しができたけど決まってない。それがすべてだと思う』

惜しいでは済まされないシーンがこれからやってくるハズです。決め切って欲しいですね。

 

カガワくん

カガワくん

『本田と香川が入ったことで、ゲームのクオリティが上がった。彼らは自分たちのクオリティを見せてくれた。彼らが能力の全てを出せばゲームが変わるということを見せてくれた。日本のキーとなる選手だ』

カガワくんはやはりトップ下かな。

代わり映えしない名前が結果を出したカタチでしたが、縦に速く、ワンタッチで。本田くんもコメントしてましたが、『何度かいい形で奪って速い攻撃ができていたんじゃないかな』と思います。

スタメンで出たプレイヤーで何らかの結果が欲しかったところですが、宇佐美くんと永井君。スピードがあるのはやはり武器ですね。後輩は割と何か違うなぁ的な感じでしたが、まぁ〜越後屋さんのように批判ばかりでもなんですので、これからを注視していきたいと思います。

ガンバレ、日本。