チェックメイト

ドルトムント

フットボールの女神はクロップに味方した。

2014-2015・DFBポカール・セミファイナル、バイエルン・ミュンヘンVSドルトムント@アリアンツ・アレーナ。

ドルトムントに残された最後のタイトル。

クロップが退任を発表して臨む最後(かどうかは分からないが)のナショナル・ダービー。しかし、前半のドルトムントは良くなかった(いつも通りか)。

『前半はバイエルンの方が完全に上回っていた。もっと勇敢にプレーできることを望んでいたよ。でも、我々にとって良い場面から、あの失点が生まれてしまった。カウンターで4対3という状況を作ったが、(カガワくんの)パスが届かなかったんだ。前に行っていたから、仕方ないが』とクロップがゲーム後に語ったが、カガワくんのパスが通らず(判断が遅かったと思う)カットされてからの、縦パス1本のカウンター。オープン過ぎた左サイドを駆け上がったレヴァンドフスキに、最後は粘られもったいない失点を喫した。

『ハーフタイムで選手たちに、ここで負けるにしても堂々と戦うようにと話したんだ。全員がすべてを出し切り、クレイジーなゴールを決めてくれた』

75分。カガワくんと交代したムヒタリャンが左サイドから入れた、グラウンダーのクロスに何とか追い付いたオーバメヤンが捩じ込み1-1となったが、その前に終わっていてもおかしく無かったシュメルツァーのハンド。このゲームでの一つ目のラッキーがドルトムントを救ったシーン。あれは完全にペナルティだった。あの時2-0になっていたら間違いなく終わっていた。

ドルトムントが追い付いてからは、オープンな殴り合いとなった。ミュンヘンが6でドルトムントが4のスリリングな殴り合い。両者に少なくないチャンスとピンチが訪れ、しかし両者は結局はネットを揺らせず(ノイアーとランゲラクが当たっていた)フットボール・ロシアン・ルーレットで生き残りを賭けることとなった。

結果だけ記せばミュンヘンは全てを失敗し、ドルトムントが2-0で勝利することなる。そしてここで、このゲームの二、三度目のラッキーがドルトムントに訪れた。ミュンヘンの一番手のラームと二番手のアロンソがキックと同時に滑ってしまう有り得ない僥倖。チャンピオンズでのジョン・テリー以来の久しぶりに観た痛恨のスリップ。三人目のゲッツェの置きに行ったキックをランゲラクが止めて、ドルトムントの勝利が確定したと思いきや、ノイアーがドルトムントの三人目のフンメルスのキックを止めて、ここからもしかしたら?っと慌てさせられ、最後はそのノイアーが(まさかのここで登場)クロスバーに当ててドルトムントがファイナルのチケットを手にすることとなった。

生き残ったドルトムント。

クレイジーな展開だった。PK戦では、(相手が)2人も足を滑らしたけど、ピッチに問題があったのかどうか正直訳が分からない。いずれにしても、こういう結果となった。我々が決勝に進出したことは、それはそれでOKだろう』

クロップの言うとおりクレイジーだったが、とにかくファイナルに進んだドルトムント。クロップのラストダンスをファイナルで観れる幸せを、フットボールの女神に心から感謝したいと思う。

 

レヴァンドフスキ

29分、古巣に一撃を見舞ったレヴァンドフスキ。

 

シュメルツァー

それ以上でもそれ以下でもないハンドを見逃してもらったドルトムント。

 

オーバメヤン

ノイアーが懸命に弾き出したが、今シーズンはちゃんとゴールと認められた(昨シーズンのポカール・ファイナル)。

そして有り得ない出来事2連発。

 

ラーム

アロンソ

名手2人の有り得ないまさかの連続スリップ。

ホーム、アリアンツで何故???。

 

ノイアー

最後はノイアーが自ら幕を下した。

 

グアルディオラ

『良いプレーをした。このチームをとても誇りに思っているよ。批判の余地はない。ドルトムントにはおめでとうと言いたい。そして、決勝に向けて彼らの幸運を祈るよ』

『2点目を決めきれなかったのが大きかった。彼らはムヒタリャンを送り込んでから、システムを変えてきた。我々はそこから問題を抱えたんだ』

シュメルツァーのハンドについてのコメントがないのが、あざとくもペップらいしといえばらしい(それとも質問が出なかったのか)。

 

ドルトムント

ファイナルで負けたら、僕は間違いなく涙するだろう。

それだけは絶対に避けてもらいたい。カガワくんの出番はないかもしれないが、それは問題ない。

ファイナルは5月31日。

とにかく、絶対に勝ってくれ!!!。

パーフェクト

トリデンテ

イイ朝を迎えることが出来ました。

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第34節、バルセロナVSヘタフェ@カンプ・ノウ。

久しぶりに観た、引いて守る相手に対してドリブルとパスワークでゴールを抉じ開けたバルサ。縦に入れて、仕掛けて抉じ開ける。ヘタフェが不甲斐ないと言えばそれまでですが、前半でマニータはパーフェクト。これ以上望むのは不可能ですね。

 

メッシ

9分、スアレスが得たペナルティをパネンカで沈めたメッシ。

ここからゴールラッシュ。

 

スアレス

25分、メッシからの難しい(スアレスからすると後ろからくるボール)パスをダイレクトで沈めたスアレス。

凄過ぎるだろ。

 

ネイマール

28分のネイマールはエリア内でクールに仕留める。

 

シャビ

30分、メッシをデコイに左45度からゴール右隅に沈めたマエストロ・シャビのゴラッソ。

 

スアレス

40分、スアレスもシャビと同じような位置からこの日2点目を沈め前半でマニータ。

面白いようにネットが揺れましたね。

 

メッシ

メッシ

締めはやはりレオ・メッシ。

後半開始早々の47分に美しい弧を描く一発を披露してくれました。

『効果的なプレーができているとき、我々はどんな相手でも苦しめることができる。タフな試合だったけれど、前半で勝負を決めることができたね。こんなに多くのスペクタクルなゴールが決まった試合は記憶にないよ』と語ったルイス・エンリケ。

敵陣でのプレスも面白いように決まり、また一歩戴冠へ近づきました。これが、ミュンヘンにもアトレティコにも通じることを願うばかりです。そして、そのミュンヘン。このゲームのあとにドルトムントとのポカール・セミファイナルを観ましたが・・・。それも凄いゲームでしたね。クロップのラストダンスはいよいよチェックメイト。このあとに記そうと思います。

 

トリデンテ

バルサ

『(スアレス)僕はただ、できるだけチームを助けようとしているだけさ。それがゴールだろうが、アシストだろうが、守備だろうが、それは重要じゃない』

『チーム全体、ファン、コーチングスタッフと、みんなが専念している。僕らには、重要な何かを達成する義務があるんだ。ここからシーズンで最も重要な時期となる。ミスはできない』

なんやかんやでバルサでの公式戦通算ゴールが(この日の2得点で)21となったルイス・スアレス。メッシ、ネイマールと合わせて100ゴールを突破したスーペルなトリデンテ、MSN。このまま3冠に向けてラストスパートです。

 

トリデンテ

自撮りトリデンテ(笑)。

テラフォーマーズ12巻

テラフォーマーズ

かなり遅いですが、ミッシェルさんが表紙のテラフォーマーズ12巻を姪っ子さんから借りてきました(慶次が表紙の11巻も借りたのだけれど)

なかなか話しが進みませんねぇ・・・、少し飽きてきたかな。

冒頭、みんな助かって良かった!!っと思いきやモブのジャレットくんはあっさり狙撃されて死亡(泣)。人類の到達点、ジョセフはもちろん生きているのでしょうけど、クソな劉や小町艦長、ミッシェルさんはどうなるかなぁ。そして、本巻のラストで燈くんが覚醒し13巻へ。母親から受け継いだチカラとは?。

飽きたって言いましたが、なんだかんだで楽しんでます。13巻が出たらまた借りて来ようっと。

『血界戦線』#02『幻のゴーストワゴンを追え』

血界戦線

血界戦線

『神々の義眼』を持つレオ。

今回は、その眼のせいで、みんなが見えているものと違うものが見えて攫われてしまう。ザップの兄貴が機転を効かせて追跡を可能にし(ザップの兄貴は不意打ちでヤラれてしまいましたが)、皇さんとクラウスや新しく登場した「ライブラ」のメンバー等がレオを助けに向かうお話し。

引き続き面白かったです。

 

血界戦線

クールなスティーブンさん。

全てを凍らせる高速の蹴り技『エスメラルダ式血凍道』の使い手です。日番谷トーシローみたいな噛ませ役でないことを願うばかりです。

 

血界戦線

謎の包帯だらけの執事、ギルベルト・F・アルトシュタインさん。

謎です・・・。

 

血界戦線

炸裂したクラウスの技(笑)。111もあるんですね。

 

血界戦線

血界戦線

助け出されたレオでした・・・(笑)。

 

血界戦線

血界戦線

血界戦線

最後に、病院の墓地で出会う何やらワケありな自身を幽霊と称する美少女ホワイトちゃん。兄貴が話し相手と語っていましたが・・・。

『私、ホワイト、幽霊なの。友達になりましょう!レオナルド!!』

 

血界戦線10

血界戦線

血界戦線

エンディング・テーマ曲、UNISON SQUARE GARDEN (全然知らないのだけれど)が唄う『シュガーソングとビターステップ』もイイですね!!。

#03へつづく。

“退屈”問答

モウリーニョ

『Mrモウリーニョ、これだけのプレイヤーを抱えて、何故そんなに引いて守るんだ?。もう優勝も決まったようなものじゃないか?』

2014-2015・プレミアリーグ第34節、アーセナルVSチェルシー@エミレーツ・スタジアム。

以前、ビッグロンドン・ダービーと言うのは止めると書いたが、このゲームも(やはり)退屈なスコアレス・ドローとなった。エミレーツに木霊した『退屈な、退屈なチェルシー(モウリーニョ)』。

『(チェルシーが退屈ということ)真実のはずがない。もし、我々が退屈だというなら、仮に得点の数で退屈かどうかを判断するなら、我々よりも退屈なチームが18チームあることになる。マンチェスター・シティだけが、我々よりもゴールを決めている。もし、フットボールをゴール数で語るのならだが、私が受け入れられる基準だ。その場合、チェルシーは2番目(に退屈じゃない)ということになる』

『もし良いチームが勝ち点で決まったり、勝利数で決まったり、失点の少なさで決まったり、リーグの首位チームを指すのであれば、チェルシーがベストチームだ。どのような基準で分析しても、我々は1番か2番目のベストチームだ。シンプルなことだ』

『フットボールには色々な側面がある。Mrのおっしゃることは正しいが、ビッグゲームでの守備的戦術のことを問うているのですよ、Mrモウリーニョ』

『10年間タイトルがないことは、私からすればかなり退屈だ。応援するクラブは、待って、待って、ずっと待って、プレミアリーグのタイトルを獲っていない。それは非常に退屈だろう』

『それについては返す言葉は多くない。でも退屈というのとはまた少し違うのだよ、Mr』

『一番大切なことは優勝することだ』

『それに向かって、美しくかつ強いフットボールを披露する(披露しようとする)新しいMrに交代を願っているところなんだ。17シーズンはさすがに長い』

『アーセン、長い間本当にありがとう。サヨウナラ』

『シーズンのスタート時に比べて、とても成長したと思う。今も良い状態だと言えるね。だが、我々は相手のカウンターを意識していた。意識しすぎたのかもしれない。前半は正しいインテンシティーで戦えた。しかし、ファイナルサードで正しい選択ができなかったね。後半は最初の20分で我々のインテンシティーが落ち、チェルシーを少しやりやすくしてしまった』

『・・・』

 

モウリーニョ

『私は、またMrヴェンゲルに負けなかった。そしてこれからも負けることはないだろう。繰り返すが、10年間もタイトルがないのは退屈だろう。いや、退屈を通り越して悲劇的だ』

このオヤジと口喧嘩しても勝つことは出来ないし、ヴェンゲルではフットボールにでも勝てない。

ヴェンゲルにグッバイするしかないと思うのだけれど・・・。

マテウ・ラオスという障害を乗り越えて

マテウ・ラオス

主審という最大の障壁を乗り越えて手にした勝ち点3。

しかし、このレッドは有り得ない。酷すぎましたね。

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第33節、エスパニョールVSバルセロナ@コルネジャ=エル・プラット。

前半は素晴らしいバルサでした。特に17分の先制点。メッシから、左サイドを駆け上がってアルバにパスが通って、アルバは中央へ折り返し、エリア内中央へ飛び込んできたスアレスが秀逸過ぎるスルーを敢行(シュートを打つと全ての人間が思ったと思います)、後ろから入ってきたネイマールがクールにカシージャの脇を抜いて先制となりました。

スアレスはもちろんネイマールを感じていたのでしょうね。美しく完璧な崩しでした。

そして、25分にメッシが追加点(これはその前のスアレスが完璧なオフサイドでしたが・・・)を上げて勝利を確信しましたが、後半に、かの度し難い主審がゲームを面白くする暴挙。

ブスケツが『あんなこと(アルバは『いつも俺だ』と言っただけだそうです)で2枚目のカードを出すのは馬鹿げたことだけど、僕らは前からマテウのことを知っている。彼は主役になりたいと思っていて、そのとおりにやることができたんだ』とディスってましたが、まさにその通りだと思います。

かなり苛つきましたが(10人となって、残り30分以上あったし)そのまま2-0でダービーを制し(シャビがゲームを落ち着かせたと思います)戴冠へまた一歩前進しました。

ふう・・・。

 

ネイマール

スアレスの神スルーが凄すぎた先制点。

素晴らしいシーンをライブで観れた幸せに感謝した土曜の夜でした。

 

メッシ

メッシ&ネイマール

(完全にオフサイドでしたが)ニアをぶち抜いたメッシのゴールも観れて幸せ度が増しました。故ティト・ビラノバの1周忌だった25日。かつての恩師に捧げるレオ・メッシの1発。このままリーガ戴冠に向けて突き進んで欲しいものです。それにしても、エスパニョールのサポ、怒ってんなぁ〜(笑)。

『今日また一節を終えたが、優勝は我々次第であり続けている。今日の試合はダービーであり、とても難しい一戦となった。しかしながら、残り5試合もそれぞれ困難なものとなる』と語ったルイス・エンリケ。ヘタフェ、コルドバ、レアル・ソシエダ、アトレティコ、デポルティーボ・ラコルーニャが残りの相手。最大の難関はカルデロンでのアトレティコですが、カンプ・ノウでのラ・レアルも侮れないかな(年明け早々に手痛い敗戦を喫してますし・・・)。

リーガは残り1ヶ月。

このままの位置をキープしてシーズンを終えることを切に願います。

バモス!バルサ!!。

『血界戦線』

血界戦線

イイですよ、コレ!。面白いですよ、コレ!!。

録画していた『血界戦線』#01『魔封街結社』を観ました。一発で好きになりました。厨二もイイ!!!。

原作を読んでませんので世界感に没入出来そうです。

【あらすじ(おおざっぱ)】

異界(ビヨンド)と人界とが一晩で交差して変わり果てた結果、異界ならではの超常日常・超常犯罪が飛び交う「地球上で最も剣呑な緊張地帯」となった街、元ニューヨークの「ヘルサレムズ・ロット」。この街は深い霧と超常現象により外界と隔離されているとはいえ、一歩間違えば人界は不可逆の混沌に飲み込まれてしまう。クラウス率いる「秘密結社ライブラ」は、この街のいつ破れるとも知れぬ均衡を守るために様々な事件(あるいは異界ならではの日常)へと挑んでいく。

 

血界戦線

【#01あらすじ】

現世と異界が交わる街「ヘルサレムズ・ロット」を訪れた少年・レオ。別人と間違えられ、摩天楼の中心に建つとあるビルへと連行された彼は、そこで世界の均衡を保つことを目的に活動する秘密結社「ライブラ」のリーダー・クラウス、そして彼の仲間たちと出会う。その直後、街では突如現れた「召喚門(ゲート)」から、右半分だけの異形の怪物が出現。事件の仕掛け人“堕落王”フェムトは、数分に一度だけ開くゲートから怪物の残り半分が出現すると人々に告げる。怪物が自分の半身を見つけ出し合体を果たせば、街はたちまち廃墟と化してしまう・・・。それを防ぐには、ゲートが開く度に起こる「真っ二つパーティー」を目印に、怪物より先にゲートを探し出し破壊しなければならない。レオたちはフェムトの“罠”をくぐり抜け、事件を解決できるのか。

 

血界戦線

本作の主人公?で語り部の、レオナルド・ウォッチくん。

新聞記者であり「ヘルサレムズ・ロットの歩き方」編の記者としてヘルサレムズ・ロットへやって来る。「音速猿」にカメラを奪われ、それを追っている最中に銀行強盗事件の混乱に巻き込まれたところを、他のライブラ新人と勘違いをしたザップにより救われる。

 

血界戦線

ヘルサレムズ・ロット近郊を家族で観光している際、突如現れた異界のものから「兄妹どちらかの視力を対価とし、もう一方に神々の義眼を与える」という選択を迫られた。その際彼は恐怖によりすくんでしまい何もできなかったが、妹のミシェーラが自ら進んで自分の視力を犠牲としたため「神々の義眼」を持つこととなるシーンが#01で描かれていましたが・・・これはダサイ(笑)。

 

血界戦線

「ライブラ」のリーダー、クラウス・V・ラインヘルツ。

十字架を象ったナックルを用いて「滅嶽の血」を武器に転化し破壊、封印する「ブレングリード流血闘術」の使い手。人外の者と戦ってきた一族・ラインハルツ家の三男坊・・・だそうです。

 

血界戦線

『圧して参る』!!

 

血界戦線

「ライブラ」紅一点(じゃ無かったですね)のチェイン・皇(すめらぎ)さん。

#01では毒舌以外は何も分かりませんでしたが・・・、諜報活動のエキスパート。「ライブラ」と協力関係にある諜報機関「人狼局」の諜報員でもある。容姿は人間の女性だが、その正体は「不可視の人狼」・・・だそうです。

透明化が可能な他、不意打ち的状況でナノ秒間に繰り出された邪神の斬撃を避ける程の反応、運動能力を持つ。他にも二挺拳銃で戦う程度の心得はあるようだが、特に戦闘に関するスキルが無いようで、主な仕事は監視や追跡、伝令

 

血界戦線

「ライブラ」のメンバー、一番最初に登場したザップ・レンフロさん。

刃や糸状に硬質化させた血液を武器とする「斗流血法(ひきつぼしりゅうけっぽう)カグツチ」の使い手。更に血液を発火、爆発させることも出来る・・・というカッケェー兄貴(ちょっとマヌケで二枚目ですが)です。声優が中井和哉さんで、まさにゾロですね(笑)。

 

血界戦線

血界戦線

ジッポーみたいなものを出して『血』を操り、その『血』で敵を切り刻んで、また爆発させもせる。カッコ良すぎですね。

原作者(内藤泰弘さん)が、『技名を叫んでから殴る漫画』とおっしゃっているみたいですが、いちいち攻撃前に大声で名乗るのも・・・大大大好物です!!(笑)。

 

血界戦線

血界戦線

「ボンズ」がアニメーションを制作しているだけあって、戦闘シーンの迫力、背景描写等クオリティが高いです。あとOPもイイ!!。

まだ#01しか観てませんし(その#01もよく理解出来ていないのですが)これからじっくり堪能していこうと思います。

 

血界戦線

最後に「堕落王」と名乗るフェムトさん。かなりファンキーな人物ですが、青の祓魔師のメフィストさんみたいなものかしら?。

今クールのアニメはコレですね。