宇佐美くんは観ていて楽しい

宇佐美くん

宇佐美くん

課題はもちろんある。

いや、課題の方が多いかもしれない。でも、宇佐美くんは『天才』なのだろう。振り幅の小さいシュートモーションも、縦に速い突破も、そこで切り返す?!っというプレイアイデアも・・・。

昨夜のゲーム終了後のスポーツ・バーで、宇佐美くんのプレイで1時間美味しいお酒が飲めた。

2015・インターナショナル・フレンドリーマッチ、日本 VSウズベキスタン@味の素スタジアム。

 

青山くん

柴崎くん

開始早々の7分に、コーナーキックが溢れてきたところを青山くんが豪快に叩き先制に成功した日本。

これで勢いに乗って、でも闇雲にはプレイしない感じが良かった。縦に速く、シンプルに。プレスも掛かっていたし、約束事として全員が共通認識を持っていたと思う。

そして後半にゴールラッシュが観れた。太田くんのクロスを岡崎くんがヘッドで合わせ、カウンターに移行するシーンから、キーパーの有り得ない飛び出しを柴崎くんが上手く頭を越すキックでネットを揺らし(岡ちゃんが優しかったなぁ)、川又くんがゴール前で競り勝ち、件の宇佐美くんが美しくキーパーの右を抜いてネットに突き刺した。

まぁ、このゴールラッシュに湧くのも冷めた目をするのもどちらも正しいし、どちらも間違いだ。キリンカップはいつもこんな感じだし、これからの予選や上手く行かなくなったときにどう打開できるかがポイントだ。

僕は、(得点能力)スキル、スピード、フィジカル等、縦に速いこのスタイルが日本に合っていると思う。ペップ・バルサのようなスタイルが究極だと信じて疑わないが、日本がソレを目指しても、世界のトップには今後100年経っても通用しない。プアなスキルを補ってかつゲームに勝利するにはコレしかない。

そして、『監督とスタッフは連日0時近くまでミーティングを重ね、データ分析を行っている』そうだし、『(ハリルは)監督に就任する前から「自分なら日本代表をこう指導してこんなチームにする」とプレゼンテーションしていた』監督を見ると、プレイスタイルと合わせてこれまでに以上に期待感を持ってしまう。

一体感。

口だけの『全員にチャンスを与える』ではない起用法。

この日も駄目だったカガワくんの居場所は無くなるかもしれない。でもそれが代表のレベルアップに繋がるハズだ。

これからの代表に少なからず期待してしまう年度末のゲーム観戦となった。

 

宇佐美&柴崎くん

宇佐美くんと柴崎くんが揃ってゴール。

宇佐美くんは、90分間プレイしてどうかという課題があるのだけれど、まずは結果を残せて良かったと思う。

 

内田くん

世界基準を知るウッチー。

『何回もクロスから危ないシーンがあったし、向こうのシュートミスで助けられているところがあったし、もっとレベルの高い相手だとやられちゃう』

『(ハリルホジッチは)言っていることは本当にスタンダードだと思う。そんなに難しいことじゃないし、それを細かく要求してくるけど、ヨーロッパはもっと高く要求してくる』

『チームとしてもっとできないと勝てない。クラブチームでやっているんだから、代表はもっとできなきゃダメだね。やっとパスとか速くなってきたけど、シャルケの方がもっと速いから・・・』

 

カガワくん

『若い選手も出てきて結果を残して、いいチームになってきていると思う』

『最後のところで相手の脅威になれるように、ドルトムントで結果を残すことが一番』

かなりヤバいかなぁ(泣)。自信喪失中のカガワくん。このままでは代表でも居場所が無くなってしまう。

 

日本

日本

『後半は罠を仕掛けた。我々はブロックを下げたが、これはわざとだ。相手を来させて、スペースを空けた。そしてボールを奪って素早く攻めた。それによって4点取った』

本番はもう少し先だ。

このままロシアまで指揮することができることを願うばかりだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中