たくさんのゴキゲンな思い出をありがとう

クロップ

愛すべきクロップが、今シーズン限りでドルトムントを去ることを発表しましたね。個人的には、『賢人』がバルサを去る時に似たとても悲しい出来事となりました。

淋しい・・・。

『今回の決断と今シーズンの成績不振は関係ない。クラブに後任選びの時間的余裕を与えつつ、なるべく平穏に人選を進められるように配慮したかった』

『我々はここ数年、決断を下すタイミングが遅すぎたことが何度かあった。同じ過ちを繰り返してはならない』

『この数日、この並外れたクラブにとって自分は完璧な監督なのかという自問に、はっきりイエスと答えられなかった』

『感情的な要素を取り除けば、この決断は間違いなく正しいものだと信じている。疲れたわけではない。決して、自分とチームの間に軋轢があるわけでも、今までにあったわけでもない。だが、このチームは100パーセント正しい監督によって導かれるべきだ』

『できるだけ上の順位を目指し、もう一度トラックに乗ってボルシグ広場の周りを走るための理由をつくれるよう願っている』

ポカールのセミファイナルでミュンヘンを叩くことはできるだろうか?。最後のナショナル・ダービーを刮目したいと思います。

 

カガワくんとクロップ

素晴らしいシーンに、ただただ感謝です。

 

クロップ&ロッベン

マドリーを沈め勝ち進んだチャンピオンズのファイナル@ウェンブリー。ロッベンに勝ち越しゴールを沈められて・・・、タイムアップ後のピッチでのヒトコマ。

この時、『2年後にはベルリンがある。チャンピオンズリーグ決勝に再挑戦するには最適な場所だろう。我々には決勝に出場するだけの資格がある。それを今夜証明した』

と語ってくれたのですが・・・。

2年後にドルトムントを去ることになろうとは・・・(泣)。

 

クロップ

『我々は信頼と友情を象徴する特別な関係で結ばれている。だから、みんなとても辛い気持ちだ。ユルゲンよ、ここで成し遂げた成功と信じられないほどうまく一緒に仕事をできたことに、”ボルッセン”(ドルトムント関係者)は永遠に君に感謝するだろう』

 

クロップ

来シーズンはマン・シティ?。新しいゲーゲンプレスを、また何時か何処かで。

お疲れさまでした。