指揮官のパンツが破れるほどの

アタック。

 

チアゴ

勇気を与え1点目(14分のチアゴ・アルカンタラのヘッド)。

 

ボアテング

勝ち上がりを確信した2点目(22分、コーナーキックからの流れでのボアテングのヘッド)。

 

レヴァンドフスキ

美しく繋いだ3点目(27分、ラームのダイレクトのクロスをミュラーもダイレクトで中央へ。レヴァンドフスキもヘッドでゴール右へ沈めた)。

 

ミュラー

もう何をやってもゴールに吸い込まれた4点目(36分、トーマス・ミュラーが狙ったミドルはディフェンダーに当たってゴールへ転がって行った)

 

レヴァンドフスキ

誘って股を抜いた5点目(40分、お馴染みのゴール・セレブレーションでこの日2点目を沈めたレヴァンドフスキ)

 

ペップ

前半だけで(5発)指揮官のパンツが破れるほどのインテンシティとパフォーマンスを披露したミュンヘンは素晴らしかったが、ポルトのロペテギも間違えた。アウェイで引いて守っても、90分間耐えることなど不可能なのだ。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・セカンドレグ、バイエルン・ミュンヘンVSポルト@アリアンツ・アレーナ。

ファーストレグを1-3で落としていたミュンヘン。2点のビハインド。攻めるタスク。ロッベンもリベリーもいない前線で、『賢人』ペップ・グアルディオラはラームを右ウイングに配し、左にゲッツェ、真ん中で自由に動き回るトーマス・ミュラーとチアゴ・アルカンタラ、ワントップにレヴァンドフスキの布陣でゴールへ襲い掛った。

ポルトがファーストレグのように前から圧力を掛けていれば違っていたと思うが、ミュンヘンは自由にボールを回すことが出来ていた。前日に『リスクを冒さなければ』と語った『賢人』だったが、リスクを冒さなくても前に行けていた。左サイドからベルナトの単純なクロスをチアゴがヘッドを沈め、前半早々にタフなミッションがイージー・モードに切り替わり、その後はゴールとビールでお祭りとなった。

繰り返すが、ポルトは間違えたのだ。

2点差を守るには余りにも多くの時間が残されていた。

ポルトは後半に戦術を代えて何とか1点を返したが、終了間際の88分にシャビ・アロンソに美しいFKを沈められて、6-1でセカンドレグが終わった。ファーストレグ同様、前からプレッシャーを掛けていればと思う。守ることが大好きなチェルシーですら守り切れないヨーロッパの舞台。

アグリゲート・スコアは7-4。

使い古された『攻撃は最大の防御』の重要性を改めて目の当たりにすることとなった一戦は、フットボールの難しさが凝縮された一戦でもあった。

まずはバルサとミュンヘンがセミ・ファイナルのチケットを手に入れた、素晴らしいミッドウィークの朝となった。

オープンなマドリード・ダービーの行方はどうなるだろう?。アトレティコがコレクティブに前からプレッシャーを掛けることに成功すれば昨シーズンのリベンジを果たすことができると思う。

明日もきっと素晴らしい一日になることだろう。

 

ペップ

『前半は非常に良いプレーで、後半はまずまずだった。準決勝進出だ。すべてはこの素晴らしい選手たちのおかげだよ。彼らに感謝するしかない。これほど素晴らしい選手たちの監督をやれるのだからね』

『非常に厳しい日程を過ごしてきた。それでも今日、このようなプレーができたんだ。ファーストレグの結果もあり、余裕はなかった。後半になって、ジャクソン・マルティネスがシャビ・アロンソのマークをするとは思っていなかったよ。相手が戦術を変えてきたこともあり、我々にも問題があったが、選手が持つクオリティーのおかげですべてを乗り越えられた』

と語ったペップ・グアルディオラ。明日、マドリーが勝ち上がって、マドリーとのリマッチが観たいと思います。バルサはユーベがいいかな。

 

グアルディオラ

くだらないパンツの質問には

『大したことじゃない。次の試合で別のズボンを履けばいいことさ』

まぁそうだけど(笑)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中