“draw of semi finals”(2014-2015)

チャンピオンズ

ビッグイヤー

組み合せ

一昨シーズンのリベンジしかない。

決まりましたね、セミ・ファイナルの組み合せ。

【日程】

5月5日/5月13日

ユベントスvsレアル・マドリード

5月6日/5月12日

バルセロナvsバイエルン・ミュンヘン

ファーストレグをカンプ・ノウで迎える愛しのバルサ。コレ、個人的には良いと思います。失点せずにアリアンツで勝負を決める。あの無惨な記憶をデリートするためにも、あの時居なかったネイマールとスアレスに期待(メッシはもちろんですが・・・)するしかありません。カンプ・ノウで3敗している嫌なデータもありますが・・・(泣)。

 

ルイス・エンリケ

『ペップが初めてバルサと対戦する。スペシャルなことだね。彼は自身の元選手たちと顔を合わせるんだ。選手にとってもスペシャルだろう』

『ファーストレグがホームとかアウェーとかは気にしない。どちらの試合も勝ちにいく。その前にまずはリーグ戦の3試合に集中だね』

と語ったルイス・エンリケ。

 

グアルディオラ

一方の『賢人』ペップ・グアルディオラは、

『私と(カンテラ出身の)チアゴ、そして私のスタッフにとって、どれだけ特別なものかは誰だって分かるだろう。バルセロナは我々の人生そのものだった。スペシャルな試合になる。バルセロナを分析しないとね。私の故郷でもあるんだ』

『バルセロナは現時点で最強だ。ルイス・エンリケには驚いていない。監督として非常に素晴らしいクオリティーを持っている。スーパーな性格を持つスーパーな人間だ。対戦できることは嬉しいね』

『ネイマールやルイス・スアレスを獲得して、新しい監督も迎えている。でも、プレーは以前と同じだ。とにかく前に向かってスピーディーだ』

と述べました。

少しのリップ・サービスとリスペクト。愛憎渦巻くカンプ・ノウへどのように帰還するでしょうか。クレはブーイングで迎えることはないだろうけど、とにかくエンリケはペップの上をいくアナライズがマストです。

勝つときもあれば負けるときもありますが、溢れんばかりのインテンシティを見せて欲しいと思います。

待ち切れませんね。

広告

25日から公開じゃん

境界の彼方

境界の彼方

劇場版『境界の彼方−I’LL BE HERE 未来篇』予告第二弾。

姪っ子さんと観に行くの楽しみです。彼女のGWのスケジュール、どうなってんだろう。早く観に行きたいものです。

 

境界の彼方

アッキー。

 

境界の彼方

美月ちゃん。

 

境界の彼方

境界の彼方

未来ちゃん。

みんな泣いてる、不愉快です(泣)。

 

境界の彼方

未来ちゃんとアッキーのハッピーエンドでお願いします(ハッピーエンドだろうけど)。