ラモス醜態、モラタ輝く

ラモス

最近流行のアンカーで起用されたセルヒオ・ラモスでしたが、トリノでは醜態を晒すこととなりました。そしてモラタ・・・。マドリーのカンテラ出身のストライカーが見事なプレゼンスを発揮。素晴らしかったですね。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・ファーストレグ、ユヴェントスVSレアル・マドリード@ユヴェントス・スタジアム。

マドリー、ミスが多すぎました。バランスを欠いていました。ユーヴェの2トップ(テヴェスとモラタ)にかなり縦パスを通されて、前を向かれました。マルセロも目を覆うばかり。サイドをけっこう突破されて危ないシーンを演出してしまいました。

 

モラタ

モラタ

モラタ&テベス

ゲームは、8分。テヴェス(何故か左サイドでフリーでした)のシュートをカシージャスがセーブしましたが、その溢れ球をオンサイドからペペの裏を取ったモラタが押し込みユーヴェが先制しました。

モラタ、ポストプレイも上手くなってますね。ボールがよく収まってましたし、縦への突破力もあってスリリングな9番になる階段を登っていますかね。最終的には、レヴァンドフスキくらいにはなるんじゃないでしょうか。

この1点で落ち着いたユーヴェ。しかし、落ち着き過ぎでした。アウェイゴールが即致命傷になるノックアウト・ラウンドで、一瞬の隙からロナウドにネットを揺らされました。

 

ハメス・ロドリゲス

ロナウド

ロナウド

ロナウド

ハメス・ロドリゲスが一瞬右エリア内でフリーとなって中へクロスを放り込み(ユーヴェにとっては寄せが甘かった)CR7がフリーでヘッドを叩き込みました。それにしても、CR7はイイところにいますね。横にピルロがいましたが、ピルロが捕まえるのは無理がありました。

前半終了間際にマルセロからイスコと渡ってイスコのクロスに飛び込んだハメス・ロドリゲスのヘッドがバーを叩くシーンがありましたが、前半は1-1で折り返し。マドリーにとっては貴重過ぎるアウェイゴール。ユーヴェはもう1点とは言わず2点取る必要がありましたが、後半57分にカウンターからテヴェスがエリア内で倒されペナルティをゲットしました。

 

テベス

テベス

マルセロのシュートをブロックで跳ね返してからのカウンター。モラタも後ろを並走した(マルセロが引っ掛けた)カウンター。勢いがありました。カルバハルの応対がちょっと拙かったです。

テヴェスがど真ん中に蹴り込んで2-1となりました。

 

ユベントス

ユーヴェは最低限の勝利でベルナベウへ。

 

ロナウド

アンチェロッティ

『もっと良いパフォーマンスが出来たはずというのは事実だ。我々は効果的ではなかった。だが、コントロールしようと努めたよ。少し不運もあった。1-1のときに(ハメス・ロドリゲスのシュートがクロスバーを叩き)追加点に迫ったからね』

『だが、1−2というスコアには満足している。逆転できるという自信があるからだ。良い結果ではない。だが、悪い結果でもないよ。我々は忍耐強くなかった。ライン間で少し明確さを欠いたんだ。だから序盤に少し苦しんだんだ』

(酷すぎた)セルヒオ・ラモスについて

『悪かったのはセルヒオだけじゃない。全体的に、我々はいつもよりミスが多かった。いつもより後方で苦しんだ。ユーヴェはとても高い位置からプレスをかけてきた。セカンドレグでは、最初の15分のようなプレーをしてはいけない』

憎き古巣に勝利することは叶わなかったミステル。

ラモスのデキが全てでした。まぁベルナベウで得点するでしょうし、問題はないか。

 

モラタ

『勝てたことはうれしいけど、マドリーを倒すのは難しいことだ。セカンドレグに向けてしっかり準備をしなければいけない。マドリッドでは多くのことをしなければいけないだろう。僕らのモットーは全力を尽くすことだ。今日はそれをして、勝つことができたよ』

『僕ら全員が良い試合をしたね。でも、まだこれからだ。0-0のつもりでセカンドレグに臨まなければいけない。勝利を目指す。引いて守ったら彼らが得点を挙げ、僕らが敗退することになるのは間違いないね。ベルナベウでの彼らがより危険なのは分かっている。マドリーとの対戦だから、アドバンテージなんてない。本当に大変な相手なんだ』

モラタ、良かったなぁ。

広告

メッシ、ペップとミュンヘンについて語る

メッシ

メッシが珍しくチャンピオンズの前日会見に出席したみたいですね。以下備忘録。

ペップ・グアルディオラについて

『僕らみんなをとてもよく知っているね。僕らは幸運にも彼の下で多くのタイトルを獲得できた。何でも分析するタイプの監督なので、彼の在任中にいなかった選手たちのことも、しっかり調べているだろう。ペップとは、ここを去ってからはあまり連絡をとっていないが、当時はすごくいい関係だった』

『(ペップの下で)優秀な選手たちと一緒にプレーできたのはラッキーだったね。そして嬉しいことに、今も偉大な選手たちと一緒にできている。ピッチの内外で気分よくやれているし、楽しんでプレーしているよ』

『僕はフットボール選手になった日から覚えてきたことを、全部忘れないように心掛けている。グアルディオラ監督には最高の勉強をさせてもらった。成長し、たくさんのことを学んできたけど、もっと進歩して、フットボールのことを学びたいと思っている。グアルディオラ監督は僕らのことを知っているけど、僕らも彼のことをよく知っている。彼が自分のチームや選手たちにどんなことを要求するかもわかっている』

『観客はペップを温かく迎えるはずだよ。ここの監督をしていたときに、あらゆる成功を収めたわけだからね。でも試合が始まれば、ファンはいつものように僕らを応援してくれるはずさ』

『監督を比較するのは好きじゃない。皆それぞれ違うし、ある監督が去って別の監督が来るときは、変化を期待するものだ。ルイス・エンリケ監督もペップも、選手たちとの距離を密接に保ち、纏まりを生み出そうとしているね』

ミュンヘンについて

『強いチームだ。前回の対戦(12-13シーズンに対戦し2戦0-7の屈辱的大敗を喫した)での負け方は好きじゃないけど、互いに以前とは違うチームだから、試合も前とは違ったものになるだろう』

『僕らもバイエルンも言い訳はできない。彼らが多くの故障者を抱えているのは知っているけど、バイエルンはそんなことに不平を言えないほどのビッグクラブだ』

『防護マスクを着用してプレーすることがレバンドフスキにとってハンデになるかどうかはわからない。多くの選手がマスクを着用してきたし、クラブがプレー可能と判断したなら、問題はないということだからね』

ルイス・エンリケやチームメイトについて

『ルイス・エンリケ監督との関係は、チームのそれ以外の人たちとの関係と同じく、正常で良好だ。何も問題はないよ』

『監督はGKの間で役割分担を決めた。テア・シュテーゲンには最初の試合から驚かされたよ。ものすごい才能の持ち主だからね。今季の僕らは幸いにも2人の非常に優れたキーパーに頼ることができている』

『ルイス・スアレスやネイマールのような質の高い選手たちがいると、折り合いをつけるのは簡単だ。ルイスはすぐにチームに順応したから、非常にいい形で一緒にやれているよ』

今シーズンの目標について

『昨シーズンは準決勝に進むことができなかったから、皆、試合が待ちきれない。今回も決勝に進みたいと思っている』

『最近チームは好調だし、雰囲気もとてもいい。落ち着いて一歩ずつ前に進んでいるよ。あと少しでシーズンも終わりだし、冷静さをキープすることが大切だということもわかっている』

『今回だけ特別ということじゃないかも知れないけど、もう少しでシーズン終了だし、タイトル獲得のチャンスがあるという意味で重要な試合だと思う。今シーズンは3冠を狙えるという意味では、特別と言えるかもね。昨シーズンは何もとれなかったから、今年は大きなトロフィーがほしいんだ』

『ベルリンの前にも大事な試合がある。だから、決勝やチャンピオンズリーグ優勝について考えるのはちょっと早いね。いま頭にあるのは、バイエルンに勝ってまずは決勝に進むことだけさ』

『どっちが有利かということについては分からない。チャンスは平等じゃないかな。どちらのチームにも素晴らしい選手がいるし、こういう戦いにも慣れている。もちろん、ホームでいい結果を出すことが重要だ。まずは勝って、第2戦に臨みたいね』

『バルセロナは新しい監督にうまくなじむことができた。去年は苦しい状況だったが、それを乗り越えて強くなることができた。今、チームは絶好調で、あと一歩まで迫ったタイトルの獲得に向けて皆ワクワクしている。特にプレッシャーを感じている選手は1人もいないけど、決勝に出たいのはどちらも同じさ。ただ、バルセロナという栄光の歴史を背負う僕たちには、勝たなければならないという使命がある。だから、プレッシャーというよりは使命という言葉を使いたいね』

『攻撃では、自由に動いていいという指示を監督から受けている。サイドに大きく開いたり、中央に移動したり、好きなようにやらせてもらえるけど、それは試合の展開次第だね』

『昨シーズンは僕にとってピッチ内外で厳しい年だった。ケガをして、復帰できたのはよかったけど、期待したほど快適にプレーできなかったからね。でも今シーズンは違うよ。去年よりずっといい状況だ』

僕はあくまで、自分をチームの一選手だと考えている。全員の目的は一つ、タイトルをとることだ。皆がどう感じるかは自由だし、それは認められるべきだと思う』

ちょっと前までの僕ならテンションが上がり過ぎていたと思いますが、ここ2シーズンの失敗を経ているからか、『負けるだろうなぁ』とネガティブなことばかり考えています。

ロッベンとリベリー、アラバが居ないので最終ラインの不安(特に両ラテラル)が少し減りますが、それでもレヴァンドフスキ、ミュラー、ゲッツェがいる前線は強力ですし、マドリーとはまた違う脅威に溢れています。

勝つ時も負ける時もありますが、美しい瞬間が訪れる(出来れば無失点で愛しのバルサが勝利)ことを願うのみです。当然の如く、チャンスはフィフティフィフティ。でも勝つチャンスは十二分にあると思いますし、ベルリンで、ユーロ『クラシコ』とならんことを願うのみです。

いよいよセミファイナル。

まずはユーベ対憎きマドリーを早起きしてライブ視聴したいと思いますが・・・眠れるかなぁ。