大きな蹉跌

カシージャス

ロナウド

ロナウド

撃てど撃てどもネットは揺らせず。

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第36節、レアル・マドリードVSバレンシア@サンティアゴ・ベルナベウ。

バルサのゲームの後に連続でライブ視聴しましたが、バルサにとっては大いなる躓き、マドリーにとっては痛恨のエンパテ(2-2)。負けることが許されないマドリーは、前半からシュートの雨を降らせましたましたが、ゴール右上角、左ポスト、クロスバーに阻まれ、最後は鬼神ジエゴ・アウヴェスがロナウドのペナルティをファインストップ。いつ入ってもおかしくない状況でしたけれど・・・。そんな中、売り出し中のガジャの美しいクロスをパコ・アルカセルが粘ってゴールに流し込み先制に成功したバレンシア。フットボールってホント面白いですね。またセットプレイからバックベッドで追加点も決めて、マドリーの躓きを期待していたバルサクレの僕は思わずガッツポーズ(笑)。ゲームの焦点は、後半マドリーがどういうフットボールを見せるのかに移っていきました。そして見せたインテンシティ。やはりソレは世界一のソレでした。ゲームは結局、2-2で終えてバルサが戴冠に一歩近づき、素晴らしい朝を迎えることが出来ました。

ピース。

 

マドリー

イスコ

後半のアタックはさすがの世界一でしたね(余裕)。

84分のイスコのブラヴォなミドルは凄かったです。とにかくナイスなエンパテ。あとはユーヴェに勝てるかどうか(個人的には『ユーロ・クラシコ』を切望していますので・・・)。ミッドウィークを見届けてましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中