借りは返せずも・・・

ビッグイヤー

トリデンテ

5度目の戴冠へチェックメイト。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・セカンドレグ、バイエルン・ミュンヘンVSバルセロナ@アリアンツ・アレーナ。

褒められたゲームでは無かったが、研ぎ澄まされたカウンターからネイマールが2発沈め、ベルリンへのプラチナ・チケットを手に入れた。

決定力がモノを言った。ミュンヘンの心を折るアウェイゴール2発。開始早々の5分にラキティッチにフリーでチャンスが訪れたが、7分にコーナーキックからイージーにベナティアにヘッドを沈められミュンヘンに希望を与えてしまった。しかし世界一のトリデンテ。15分に、メッシがエリア内右に飛び出したスアレスに綺麗なスルーパスを通し、スアレスはノイアーを引き付け中央へ折り返して、ネイマールがクールにゴール中央へ流し込んだ。メッシがフリーでボールを持てた一瞬のチャンス。ドリブルをせず素早くスアレスに通したスルーパスで勝負が付いた瞬間だった。

この後は、ミュラーのヘッドやレヴァンドフスキのシュートに枠を捉えられたが29分、最終ラインのマスチェラーノの前線へのフィードをメッシがヘッドで繋いで、裏に抜けたスアレスが今度はエリア内右に入った瞬間に左で開いていたネイマールに素早くボールを送って、ネイマールは余裕の胸トラップからニアサイドに蹴り込みノイアーの壁を再び破ることに成功した。

アグリゲートスコアを5-1としたバルサ。5度目のファイナルが見えた瞬間と言っていいネイマールの2発。正直、後半にレヴァンドフスキ(59分)とミュラー(74分)に美しいゴールを許した緩いディフェンス、拙いゲームコントロールはいただけなかったが、2発のアウェイゴールがゲームを楽にしてしまったかもしれない。

アグリゲートスコア5-3。

2シーズン前の屈辱を完璧には返せなかったが、4シーズンぶりのファイナルに到達した愛しのバルサ。スアレスが後半は出ず(ハムストリングに痛みが有ると実況の西岡さんがコメントしていたが)少し心配だが、コパに続いてのファイナル到達をまずは喜びたいと思う。

 

ネイマール

ネイマール

ネイマール

15分のネイマールの同点弾。

スアレスのアシストで勝負あり。

 

ネイマール

ネイマール

ニアを抜いたネイマールの2点目。

 

ネイマール

バルサ

『相手が攻撃的にくることは分かっていた。2点目を獲れたことで落ち着いて戦うことができた。後半は彼らが攻め込んできたね。とにかく、今はこの勝利を祝福しなくてはならない。僕たちはもう一度決勝の舞台に立つんだからね』

『シーズンごとに異なるものだけど、今シーズンはすべての観点から素晴らしいものになっている。僕たちは強力なライバルたちを倒してきて、成功に近づいているね』

とコメントしたドン・アンドレス。

そう、とにかくファイナル進出を喜ぼう。ファイナルはディテールが勝敗を決めるだろう。テンションもコンセントレーションも全く違うだろう。6月6日@ベルリン。リーガを制止、コパを獲得して臨んでいるハズだ。シーズンもいよいよファイナル。このまま全てを勝ち穫って欲しい、素晴らしいシーズンとしてもらいたい。

3冠しか有り得ない。

 

グアルディオラ

最後に『賢人』を。

前半終了した時にレオ・メッシとヒトコト言葉を交わしていたけれど、何と言ったのかなぁ。2シーズン連続でセミファイナルで大敗となり、ファーストレグでのスリーバックを批判もされた『賢人』ペップ・グアルディオラ。このゲームはどう総括するだろうか。

また記したいと思う。

広告