走るメッシと寝込む僕

メッシ

レオ・メッシ好調を維持。

2015・コパ・アメリカ、グループB第1節、アルゼンチンVSパラグアイ@ラ・セレナ。

メッシ、良かったです。

僕、風邪で死んでます。

ゲームは、バックパスを掻っ攫ったアグエロの1発とディ・マリアがセコク得たPKをメッシが沈めて前半で2–0としたアルゼンチンでしたが、後半にパラグアイにゴラッソ2発決められ2–2のエンパテ。

メッシが走ってましたし、縦に楔が入ってましたし、パストーレとメッシが秀逸なワンツーを披露してくれましたし、最終ラインの不安定さを解消出来れば問題ないか。

 

メッシ

『前半は良い戦いができたが、後半には眠ってしまった。こういう形で試合を終えたのは残念だ。2–0でリードした試合を引き分けで終えるのはもちろん不満だけど、続けていくしかない』

『後半は相手がより積極的にプレーしてきて、行ったり来たりの試合になった。うまくいっているうちに試合を終えなければならなかった』

『ウルグアイ戦のことを考えるしかない。改善すべきことはたくさんある。まだ最初の試合でしかないし、もっと落ちついてプレーするべきだ。ウルグアイには勝たなければならないね』

とコメントしたレオ・メッシ。

 

アグエロ

抜け目なくボールを奪って先制点をゲットしたアグエロ。

メッシが追いかけて、ディフェンダーの苦し紛れのバックパスを掻っ攫いました。

 

メッシ

迷わず左へ。

このまま好調を維持して欲しいものです。

 

アルゼンチン

このメンツでドロー発進はいただけないアルゼンチン。

(バレンシアのオタメンディは良かったが)最終ラインの不安定さを解消しないといけません。次はウルグアイ。スアレスがいないし、何としてでも勝つ。

そして僕は、早く風邪を治そうっと。

広告