“King Power Special One”

Hublot

最近、時計の興味が薄れてきてるのですが、フットボーラー御用達ブランドのウブロ、イイです。

そして、コレ。

かのスペシャル・ワン、ジョゼ・モウリーニョからヒントを得た(コラボした)『Hublot』King Power Special One。

カッコいい。

 

モウリーニョ

『タイトルを獲得すると、私が買うギフトは妻、娘、息子のものだ。しかし、私は腕時計を手首から外し、それを保管している。メダルの代わりに、私は腕時計を保存しているんだ。タイトルを獲得してシーズンを終えた時、そのシーズンは時計で表される。それらは金庫の中にあるんだ。私は今スポンサー契約を結んでいるが、以前は特にブランド物ではなかった。以前はただ快適だと感じることのできる時計をつけていた。全てのスタジアムにデジタル時計があるわけでもないし、たとえあったとしてもそれらは90分までしか表示されないから、特に私は自分の時計で時間を把握していた。お気に入りは最新のものさ。何社とも協力しデザインし、彼らはは私がベンチで装着するために色や材質、サイズ、重さといったニーズに応じてデザインしてくれた。私は企業と一緒にデザインしたんだ。それは青色さ』

『これが私の時計だ』

世界限定の250本。欲しい・・・。

モウのオヤジは、今シーズンはどんな時計を身に付けるのかしら。時計好きとして、興味があります。

ペジェやヴェンゲルを相変わらずディスったり、過去10年で最もお金を使ったマネージャーとして、『金でタイトルを手に入れた』と皮肉られたりと相変わらず場外戦が華々しいですが、間も無くのバルサとのプレシーズン・マッチ、要チェックです。

広告

The Main Man

スアレス

スアレス

プレシーズン真っ只中で、バルサのスアレスが親友ジェラードと再会しました。

インターナショナル・チャンピオンズカップ2015、バルセロナVSロサンゼルス・ギャラクシーでのヒトコマ。

『LAに来いよ』

『5年後な』

ゲームはスアレスの1発もあって、2-1でバルサが勝利しました。コパ・アメリカ出場組のメッシやマスチェラーノ、ネイマールやアウヴェスはまだヴァカンス中。

スアレス、更なる飛躍が望めそうかな。

『ペップ・グアルディオラ』キミにすべてを語ろう

ペップ

新幹線での移動のお供に、ミュンヘンでの『賢人』について記した本書を読んでみました。

バルサから退いて、1年休養を取ってからのミュンヘンでのファースト・シーズンについてを丹念に記した本書。

バルサでのことを記した知られざるペップ・グアルディオラとは違った趣がある本書(著者のマルティ・パラルナウは、一切口外しないことを条件にチームに帯同を許された)ですが、『賢人』について記すとどれも似たようなものになるものですかね。

完璧主義者、フットボール・ジャンキー、一に戦術、二に戦術、三四がなくて五に戦術。もちろん、マドリーとのチャンピオンズ・セミファイナルでの失敗もきちんと記されてはいました。

シュバイニーがマン・ユナイテッドに去って、マリオ・ゲッツェも放出すると噂されているミュンヘンの、来るシーズンはどのようなものとなるでしょうか。レオ・メッシに沈められた2014-2015シーズンの、ヨーロッパでの2シーズン続けての蹉跌に、カウンターへの対応が急務なドイツの雄は、「新たな答え」を披露してくれるでしょうか。プレ・シーズンが始まって、またすぐにシーズンインですが、興味が尽きません。

まぁ本書自体は、ペップ信者以外は読む必要はないかな。

GANGSTA.が気に入りました

ギャングスタ

ギャングスタ

最近、忙しすぎてアニメも観れずな毎日ですが、溜まってたぶんを全て消化しました。結構好きなジャンルですかね、コレ。あらゆる悪行が蔓延る犯罪都市エルガストルムで、汚れ仕事を請け負う便利屋のウォリック(右)とニコラス(左)。

クールなコンビが織り成すピカレスク。

ウォリックが主でニコラスが従みたいですが、深い闇を抱えたブラザーってとこでしょうかね。Act.01からAct.04まで一気に観ましたが、03まではゆっくり静かな展開でしたが04で一気に加速です。A級のトワイライツ対トワイライツ(ニックとダグの)の戦いはかなり面白そうですね。

次週から毎週楽しみです。

 

ギャングスタ

ニコラスは、トワイライツ(黄昏)と呼ばれる、身体能力を増強するために開発された薬「セレブレ」を投与された人間を先祖に持つ、いわば特殊能力者だそうです。特殊だけあって「代償」もあり、ニックは聴力がほとんどありません。声優の津田さんがパーフェクトです。

トワイライツ同士が戦闘するときは、上の画のようにタグを見せ合いバトルを始めるという礼儀があるそうです。「A/0」級のトワイライツのニックは最上級に近いのかな?。

 

ギャングスタ

一方のウォリックは拳銃をブッ放すだけで、普段はジゴロをしています。

『ワオ』。

幼少期に左目を失った隻眼で、一度見たもの瞬時に記憶する能力を持つ元ボンボン。Act.04でニコラスがウォリックの護衛に雇われ、お屋敷にやってくるシーンが描かれていました。

 

ギャングスタ

ギャングスタ

ギャングスタ

ニコ、可愛い(笑)。

 

ギャングスタ

深い絆で繋がっている二人。物語はどう展開していくのでしょうか。

クソな報告書ばかり作らされて僕自身発狂しそうな毎日ですが、毎週のアニメくらい観る時間(余裕)が作れないとなぁ。

 

ギャングスタ

ギャングスタ

Act.05のニコとダグのバトルが楽しみです。

 

ギャングスタ

『殺すゾ、クソ上司』・・・ってね。

テオ先生がお気に入りです(笑)。

“Vielen Dank”Jürgen Klopp

クロップ

かなり遅いですが・・・。ゲームはチャンピオンズのファイナル前に観てはいたのだけれど・・・ようやくの、ありがとうの備忘録。

2014-2015・DFBポカール・ファイナル、ドルトムントVSヴォルフスブルク@オリンピック・スタディオン・ベルリン。

ゲームは1-3で敗れ、愛すべきクロップとカガワくんの第2章は終わりを告げました。幸先よく5分に先制したにもかかわらず立て続けに失点しての完敗でしたね。しかし、クロップにはありがとうと言うしかありません。

この5年、本当に楽しめました。

ピッチサイドで表現した貴方の喜怒哀楽を僕は忘れることはないでしょう。

次はプレミアでお会いしましょう(来るシーズンは休養かな)。

また、そう遠くない日にいつかどこかで。

 

クロップ

Vielen Dank!!!Auf Wiedersehen.

バケモノの子を観てキタ

バケモノの子

ジブリが死んだ今、ジブリの後継は細田さんに決定したと言っていい映画だったと思います。

細かい注文はあるでしょう。

内容は、賛否が分かれるかもしれません。

でも、とてもとても面白かったです。

笑いあり、涙あり。観終わってすぐにもう一度観たいと思いました。孤独な少年の九太が、渋天街の粗野で不器用な熊徹や多々良、百秋坊と暮らし、学び、成長する。緻密な作画のクオリティもパーフェクト。一緒に観に行った姪っ子さんも大満足でした。個人的にはエンディングのミスチルが唯一いただけませんでしたかね(ミスチルファンの方、ゴメンナサイ)。

次の作品は、また3年後でしょうか?。

期待して待ちたいと思います。

トレッキング始めます

new blance

まずはシューズをゲットしました。

ニューバランスのMO703H。ノースフェイスやパタゴニア等々色々悩みショップを回りましたが、初心者ですし、デザインとコストパフォーマンスが良さそうなのでコレにしてみました。

何より、セールしてましたしね。

 

new blance

ゴアテックで雨でも問題ありませんし、ソールはビブラム製です。

 

new blance

この夏は、屋久島へ行く予定を立てました。履き心地等またレビューしてみたいと想います。

夏休みが待ち遠しいです。