戴冠叶わず

アルゼンチン

2015・コパ・アメリカ、ファイナル、アルゼンチンVSチリ@エスタディオ・ナショナル・フリオ・マルティネス・パラダノス。

メッシはまたも戴冠はならなかった。

マスチェラーノは『拷問だ』とコメントしたが、バルサとの違いはなんだろう?。アルゼンチンでのメッシは、フィニッシャーにはならないのは何故だろう?。アグエロやディ・マリアがいるから?。マルティーノの戦術が駄目なんだろうか。

バルサと同じ右のトップに位置する(もちろんポジションは流動的だが)メッシだが、エリア内で決定的な仕事をするシーンは皆無だったと思う。メッシがボールを持つとスイッチが入るのも変わらないのだが・・・。

ネイマールもスアレスもいないアルゼンチン。このゲームでのアグエロは良かったが、孤立していた。前線でほとんど守備をしないメッシは、やはりフィニッシュしてこそ意味がある。中盤でゲームメイクやアシストをするだけなら、それなりの守備をしないとバランスを欠くことになる。

そう、アルゼンチンはバランスが悪い。

クリエティブなパストーレも中盤にいるのだし、メッシはやはりフィニッシャーにならなければネットを揺らせない。そんなことを感じたコパ・アメリカだった。

ゲーム自体は、スコアレスのままフットボール・ロシアンルーレットに突入。ファーストキッカーだったメッシは、ブラヴォにコースは読まれたがシュートスピードでゴール右隅に蹴りこんだが、イグアインがどうしようなくヘボで、バネガはチキンだった。

チリはミスなく、4人目アレクシス・サンチェスのパネンカもどきが正面に決まって、アルゼンチンはブラジルW杯に続きファイナルで敗れることとなった。

ナポリでも外しまくったイグアインがキッカーにセレクトされたのは何故だろう。情けないほどに吹かし、外れた時のメッシの苛立つ仕草がとても印象的だった。

アルゼンチンの方が決定機は多く、一つ決まっていたら・・・と思わずにはいられないが、フットボールにイフはない。バルサで素晴らしい3冠を達成したメッシだったが、最後はまたも上手くいかなかった、そんなシーズンの締め括りのゲームだった。

 

メッシ

メッシ

お疲れさまでした。

MVPの受賞を拒んだ(そうだが)レオ・メッシ。そりゃそうだ。マスチェラーノじゃけど、ブラジルW杯の再現って・・・ホント拷問だ。

ヴァカンスで英気を養って、来るシーズンに備えて欲しいものです。チャンピオンズ連覇を個人的には観たいと願ってます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中