死ぬまでに行きたい

stadiums

欧州サッカースタジアム巡礼

ドルトムントが来日(先日、川崎とのフレンドリーマッチでカガワくんが2ゴールを上げました)していますが、オフ・シーズンの今は、スタジアム巡礼に思いを馳せてみるのも良いかもしれません。というわけで、表紙がフェルティンス・アレナの『死ぬまでに行きたい 欧州サッカースタジアム巡礼』をゲットしてみました。

イイですね、スアジアム。

『聖地』ウェンブリーから始まる、フットボール好きには堪らない一冊です。

イングランド、イタリア、スペイン、ドイツ、フランス、オランダ、スイス、ポルトガル・・・。欧州ってタイトルなのに何故か王国ブラジルのスタジアムとアルゼンチン・ボカのスタジアムが最後に掲載されています(笑)。スタジアムの写真だけでなく、スタジアム規模やクラブの歴史なども記載されていて、訪れたことのあるスタジアムが出てきて思い出に浸れることができました。

(14年前)僕が一番最初に訪れたスタジアムは『サン・シーロ』です。アンチェロッティがマネージャーをしていた、シュエフチェンコがいたミラン。ついでにローマで、スタディオ・オリンピコも外から見ました(笑)。それから数年を経て、ベルナベウにカンプ・ノウ。スタンフォード・ブリッジにオールド・トラッフォード。どれも忘れることが出来ない素晴らしい思い出です(一番はやはり『クラシコ』を観たカンプ・ノウ)。死ぬまでにジグナル・イドゥナ・パルクには行きたいのだけれど、なかなか実現していません(泣)。

今シーズン(もう昨シーズンでしょうか)も150試合以上は観たと思いますが、フットボールの一番の醍醐味は間違いなく現地スタジアムでの観戦です。

この一冊を眺めていると、ウズウズしてきて旅に出たくなりました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中