値千金

ヴェルマーレン

ヴェルマーレン

何とか抉じ開けました。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第2節、バルセロナVSマラガ@カンプ・ノウ。

今シーズン初のホーム、カンプ・ノウ。マラガが完全に引いてボールを回すバルサ。ネイマールがようやく先発して、ジョルディ・アルバやイニエスタと連携し開幕戦よりも良かったバルサ。マスチェラーノのヘッドがバーを叩いたりしてゴールの匂いが漂ってました。しかし、相手のハンドやエリア内でスアレスが倒されたりしてましたが、ペナルティは貰えず嫌な感じで前半はスコアレスで折り返し。

後半は、よりハーフコートオフェンスとなったバルサ。メッシの豪快な一発が、黒豹カニメにセーブされたりとなかなかネットを揺らせないないなか、ようやく意外なカタチでネットを揺らすことに成功しました。

73分。セットプレイが崩れたところから、左サイドをスアレスが抉って、中央で跳ね返されましたがエリア内中央でフリーでいたヴェルマーレンが豪快に左足でボレーを沈め、バルサに貴重な先制点を齎しました。

その後も2点目を狙うバルサでしたが、マラガの守備も崩れずゲームはこのまま1-0で終了。アーセナルから移籍してきて2年目のヴェルマーレンの貴重すぎるゴールがバルサを救うこととなったホーム開幕戦。ネイマールがおたふく風邪から復帰して、MSN揃い踏みとなりましたが連携がまだまだのシーズン序盤。インターナショナル・マッチ・ウィークを挟んで、次節は要塞カルデロン。このままではしんどいかなぁ。なんとかコンディションや連携を高めて行ってもらいたいものです。

 

ネイマール

やっぱりネイマール、居るのと居ないのとでは大違いでした。

 

メッシ

惜しいシーンもあったけど・・・、打てるところでネイマールにパスをしたり、ドリブルが引っ掛かったりのレオ・メッシ。連携はまだまだでした。

貴重な勝ち点3を得ることができたことを喜びましょうかね。次節では、何とかゴールを期待したいものです。

幸運を

ペドロ

ペドロ

『僕は後半40分からの男ではない』

初めて観た印象は、『よく走るなぁ〜』だった。それも、両手を豪快に回し前からボールを追いかけていた。ピッチの何処にいても、走り方で分かるプレイヤーだった。

左右のどちらの足でも正確なキックが蹴れて、切り返しも上手だ。高さは無いけれど、そこそこスピードがあって、自分を犠牲にできるチーム・プレイヤーだった。

『ラ・マシア』からトップチームでプレイする栄光を手にできる「実力」と「運」を持っていて、バルサでの活躍とともに『ラ・ロハ』にも招集されてビッグ・タイトルも手にすることができた。プジョルやシャビのようにはいかないけれど、セスクよりは愛されヴァルデスのようにワガママではない。

そんなペドロ・ロドリゲスは、かねてより噂されていたマン・ユナイテッドではなくモウのオヤジが待つロンドンへ。

寂しくなるが、ロンドンでの活躍を祈る(もう1G1Aを記録)。君の走り方とパンチパーマを僕は忘れないよ。

幸運を。

連覇への旅路

バルサ

バルサ

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージの組み合わせが決まりました。チャンピオンズもいよいよ来月からですねぇ。

組み合わせは以下のとおり。

◆グループA
パリ・サンジェルマン(フランス)
レアル・マドリー(スペイン)
シャフタール・ドネツク(ウクライナ)
マルメ(スウェーデン)

◆グループB
PSV(オランダ)
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
CSKAモスクワ(ロシア)
ヴォルフスブルク(ドイツ)

◆グループC
ベンフィカ(ポルトガル)
アトレティコ・マドリー(スペイン)
ガラタサライ(トルコ)
アスタナ(カザフスタン)

◆グループD
ユヴェントス(イタリア)
マンチェスター・シティ(イングランド)
セビージャ(スペイン)
ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ドイツ)

◆グループE
バルセロナ(スペイン)
レヴァークーゼン(ドイツ)
ローマ(イタリア)
BATEボリソフ(ベラルーシ)

◆グループF
バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
アーセナル(イングランド)
オリンピアコス(ギリシャ)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア)

◆グループG
チェルシー(イングランド)
ポルト(ポルトガル)
ディナモ・キエフ(ウクライナ)
マッカビ・テルアビブ(イスラエル)

◆グループH
ゼニト(ロシア)
バレンシア(スペイン)
リヨン(フランス)
ゲント(ベルギー)

 

日程

メッシ

愛しのバルサはグループE。ローマがポイントかなぁ。簡単ではないですね。この舞台に戻ってきたマン・ユナイテッドはイージーモード。アトレティコもそうかな。古巣と同組となったモウのオヤジとカシージャスの邂逅が胸アツです。『死のグループ』はグループD。毎年厳しいドローのマン・シティは今シーズンも『死のグループ』です。

ジャイアント・キリングは起こるのか。バルサの連覇は果たして。ロード・トゥ・『サン・シーロ』

今シーズンも存分に楽しみたいと思います。

【グループステージ日程】

第1節:9月15、16日

第2節:9月29、30日

第3節:10月20、21日

第4節:11月3、4日

第5節:11月24、25日

第6節:12月8、9日